「虚構推理」感想と評価~アニメ第2期制作決定! 下ネタ主人公、岩永琴子とこれまでの物語を振り返る~


 2020年1月にアニメ第1期が放送された「虚構推理」のアニメ第2期制作が発表されたことを祝して、今回はそのコミック版について紹介させていただこうと思います。

 虚構推理の魅力と言えば、うざくてかわいいと評判(?)のヒロイン、岩永琴子。彼女の能力、そして『推理』と銘打っておきながら推理しようとしない、この作品の独特の在り方について深掘りさせていただきます。

虚構推理ってどんな話?

虚構推理の原作小説→コミック→アニメ

 虚構推理の漫画版は2015年から『少年マガジンR』で連載されていますが、その原作は城平京先生によるミステリー小説です。
 怪異たちの知恵の神となった少女「岩永琴子」とその恋人で不死身の肉体を持つ「桜川九郎」の二人を中心に繰り広げられる「伝奇×恋愛×ミステリー」。第1期でアニメ化された「鋼人七瀬編」では、事故死したアイドルを元に人々の想像力が生んだ無敵の怪物「鋼人七瀬」との対決が描かれています。

虚構推理のあらすじ(鋼人七瀬編、ネタバレ注意)

 主人公、岩永琴子は人間でありながら怪異たちに「知恵の神」「おひいさま」と呼ばれ、怪異たちが持ち込むトラブルを解決する日々を送っていました。

 そんな琴子の元に今回持ち込まれたトラブルは「鋼人七瀬」という謎の怪物が暴れているので対応して欲しいというもの。琴子はそのために一人で現地へ赴きます。
 一方琴子の恋人、桜川九郎は突然行方知れずとなった従姉の六花を追っていましたが、その途中で偶然にも「鋼人七瀬」と遭遇します。

 琴子、そしてかつての恋人、弓原と再会した九郎は、二人とともに「鋼人七瀬」を打倒すべく動き出します。

 実はこの「鋼人七瀬」とは、九郎が追っている六花がその異能力(詳細は後述)を用いて、噂を元に作り出した虚構の怪物人々がその存在を信じている限り、決して倒すことのできない無敵の怪物だったのです。

 そしてそのことを知った琴子は「鋼人七瀬」を倒すため、その誕生にまつわる虚構の物語を作り出し、「鋼人七瀬」は存在しないと人々に信じさせるという独特の対決方法に出ます。
 ありもしない架空の物語を語り、人々の心を誘導し、真実ではなく虚構をもって世界をおさまるべき場所におさめる琴子の戦い方

 その結末は是非、実際にその目でご覧になってください。

原作者、城平京先生ってどんな人?

 原作者である城平京先生はミステリー作家としてデビューされ、その後「スパイラル~推理の絆~」「ヴァンパイア十字界」「絶園のテンペスト」など数々の人気漫画の原作を書かれている方です。

 どれも単なる推理ではなく、論理を組み立てて現実に立ち向かっていく対決ものの色合いが強い作品で、読んだ方はきっと不思議な読了感に包まれることでしょう。

 ただ真実を突き止めて終わりではない、城平先生独自の感性が光る作品ですので、読んだことのない方はぜひこの機会にご一読を。


虚構推理の主な登場人物

岩永 琴子(いわなが ことこ)
主人公で、一見すると可愛らしい雰囲気の小柄な女子大生。
11歳の時、怪異たちの知恵の神となるという契約を交わし、右目と左足を奪われた代わりに妖怪や霊的存在と対話する能力を与えられる
普通の殺人事件などは幽霊に犯人を聞けばそれで解決してしまうため、ミステリ作品の主人公でありながら基本的に推理はしない。
一方で論理構築力は極めて高く、詭弁や詐術、架空のストーリー構築が得意で、怪異の存在を上手く覆い隠して事件を解決することを役割とする
可愛らしい見た目だが、中身は非常に図太い。恋人の九郎に対して熱烈な恋愛感情を抱いており、九郎の元恋人の弓原に対する今カノアピールがウザい。
また、しばしば下ネタを口にするため、読者だけでなく作中人物からも「品がない」と言われることが多い。

桜川 九郎(さくらがわ くろう)
琴子の恋人で大学院に通う青年。幼い頃、人魚とくだんの肉を食べさせられ「不死身の肉体」と「未来を自分の望むものに決定できる能力」を持つ
なお、未来を決定する能力を使う際は死ななければならない(不死身なので生き返るが)。
かつて弓原と付き合っていたが、その理由は実は弓原が従姉の六花に似ていたからという、実は結構なろくでなし。
弓原と怪異絡みとトラブルで別れた後、琴子からの猛烈なアタックに負けて付き合うようになる。
なお、琴子への扱いはとてもぞんざいで、あまり恋人らしくはない。

弓原 紗季(ゆみはら さき)
九郎の元カノで、今は女性警察官となっている。
「鋼人七瀬」の起こした事件を追う中で九郎と再会。別れたことを引きずっていたが、事件解決後は無事に吹っ切った模様。
琴子との仲は当然ながら悪い。

桜川 六花(さくらがわ りっか)
九郎の従姉で、九郎と同じく「不死身の肉体」と「未来を自分の望むものに決定できる能力」を持つ
自分の能力を嫌っており、普通の人間になる方法を探している
噂や人の想像力が怪異を生み出すことに興味を持ち、自分を普通の人間にできる怪異を生み出そうとし、その過程で「鋼人七瀬」を生み出す。


虚構推理、アニメ第2期はいつから放送? 内容は? 雪女は?

 待望のアニメか第2期ですが、現時点でまだ具体的な放送時期は発表されていません。恐らく2021年秋またはその次の冬スタートではなかろうかと。
 最新の情報が入り次第、随時更新していきたいと思います。

 また、アニメ化される実際のストーリーですが、コミックで言えば7巻以降、原作小説で言えば短編集にあたるショートエピソードが対象となるのではと考えています。

 アニメオリジナルエピソードの可能性もありますが、特殊な内容の作品ですのでとても脚本を書けるとは思えませんので、あったとしてもごく一部でしょう。

 できれば人気の高い「雪女のジレンマ」のエピソードをアニメ化して欲しいのですが……どこまでアニメ化してくれるかな? 難しいかな?

 アニメ制作スタッフに祈って、実際の放送を楽しみに待つとしましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました