「このヒーラー、めんどくさい」の感想&評価~マジでアニメ化しやがった! ヒーラーは暗黒魔法や鉄山靠の使い手?~


 今回はコミックウォーカーやニコニコ漫画で連載中のギャク漫画「このヒーラー、めんどくさい」を紹介させていただきます。

 本作はタイトルにもなっているヒーラー(?)のダークエルフっ娘、カーラのインパクトの強さから、ネット上でじわじわと人気を博した話題作。

 この度なんとアニメ化もされ(マジかよ!?)、これを機に皆さまにも、ぜひぜひ一度読んで頂ければと思っています。

「このヒーラー、めんどくさい」のあらすじ(?)

 物語の舞台は冒険者が活躍するスタンダードな中世ファンタジー風世界。
 冒頭から甲冑姿の戦士、アルヴィンがモンスターに苦戦し、絶体絶命のピンチに陥っているところから、物語は始まります。

「あの~お困りですか?」

 呑気にアルヴィンに声をかけてきたのは、ダークエルフっ娘の(自称)ヒーラー、カーラ。
 見ればわかるだろう、助けてくれと怒鳴るアルヴィンに、カーラは身体の前で両手を組み、いかにもまっとうそうな態度でこう訴えます。

「人に助けを求めるのなら、跪いて額と両手を大地につけるべきではないでしょうか!」

 ……おお、良い煽りですね。

 何で人のピンチに土下座させようとしてるんだよと怒るアルヴィン。
 そこを更にカーラが煽る煽る。

 何でいきなり大声だしてるんですか?
 モンスターに負けそうだからって八つ当たり?
 謝るなら「申し訳ございません」ですよね?

 挙句の果てに、回復魔法をかけようとしたらアルヴィンが大声を出したせいで失敗して(??)、アルヴィンに「カーラから300メートル離れると死んじゃう」呪いがかかってしまう始末。

 なし崩し的にパーティを組むこととなったアルヴィンとカーラ。
 まともそうだけどヘッポコ戦士なアルヴィンを、自称ヒーラーだけど回復魔法を使う気配のないカーラが、ひたすら煽り倒して挑発するだけという1話完結型のファンタジーギャグ漫画

 一番の敵はモンスターではなく間違いなくカーラでしょうね。

 というかカーラさん……あなたが使ってるの、どう見ても暗黒魔法ですし、何で鉄山靠とか使えるんですか?

 ヒーラーって……ヒーラーって……


「このヒーラー、めんどくさい」の主な登場人物(ネタバレ?)

カーラ
この作品の表紙を飾るダークエルフっ娘の(自称)ヒーラー。
見た目は清楚なダークエルフのヒーラーで、口調も非常に丁寧。
ただし、口を開けばマシンガントークでひたすら人を煽る言葉ばかりが飛び出す問題児。
口が悪いだけでなく、意地汚く金にも汚い。
アルヴィンいわく「沼地の毒草」。
ヒーラーを自称しているが、使用している魔法は呪いであったり殺人強化魔法であったり、そもそもタイトル詐欺である(ヒーラーですらない)可能性も高い。
鉄山靠でダンジョンの扉を破壊するなど、体術もかなり使える模様。

アルヴィン
全身甲冑姿の典型的な戦士の男。
カーラと一緒にいて憤死しない程度には煽り耐性が高く、ツッコミも的確。
しかしそれ以外の能力は、駆け出し冒険者ということもあって非常にヘッポコ。
ゴブリン2匹を倒すのが精一杯で、物理攻撃の効かないゴースト相手に普通の武器で戦いを挑んでしまうぐらいにはピエロ。
30歳過ぎで、今まで女性と付き合ったことがない模様。
多分カーラより弱い。
どうでもいいが、今のところ素顔は明かされていない

オルテガイヤ
とても弱いキノコ型のモンスター。
カーラによって倒されるが、その後も何故かしれっと2人についてきている。
お遣いやお留守番もこなしており、リュックまで背負ってパーティのマスコットキャラとしてのポジションを確立している。


「このヒーラー、めんどくさい」の感想、評価、アニメ化

こんな人におすすめ

 何も考えずに笑いたい方、ぜひ読みましょう。

 物語が1話完結で非常に読みやすいものとなっていますので、空き時間で気軽に読めて、そして何度でも笑える良作です。
 難しい伏線や設定など何もなく、ただひたすらノーストレスで笑い倒せること間違いなし。

 一方で、正統派のファンタジーを期待する方にはおすすめしません
 これはあくまでギャク漫画です。「こんなのエルフじゃない」と憤慨することになっても保証はいたしかねます。

 具体的に言うと、エルフであっても「ロードス島戦記」のディードリットと、「バブリーズ(同じ世界観のTRPGリプレイ)」のスイフリー(ロードス島戦記の作者、水野良先生がプレイヤーである説が有力)ぐらい違います(今の人には伝わらないだろうな)。

 しかし、ディードリットにはディードリットの、スイフリーにはスイフリーの良さがあるのです……きっと……多分。

アニメ化……え? マジで? いつから? 声優(キャスト)は?

 さて、この作品はなんとアニメ化されました。

 それ自体は非常に喜ばしいことではあるのですが……アニメが放送された今となってもマジかという思いが拭えませんね。

 放送局と放送開始日は次のとおり。

・AT-X……2022年4月10日21:00~
・TOKYO MX……2022年4月10日22:00~
・関西TV……2022年4月10日26:29~
・BS11……2022年4月10日24:30~

 そして声優(キャスト)は、

 アルヴィン……佐藤拓也
 カーラ…… 大西亜玖璃
 キノコ(オルテガイア)……泊明日菜
 オオムネクマ……白熊寛嗣
 牛……速水奨
 マリア・デスフレイム……早見沙織

 オープニングテーマも大西亜玖璃さんが歌われています。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました