「妻、小学生になる。」感想(ネタバレ注意)~事案満載の純愛、最終回はどうなる? ドラマ化も決定!~


 今回は「週刊漫画TIMES」で不定期連載中の生まれ変わり純愛ストーリー「妻、小学生になる。」について紹介します。

 この「妻、小学生になる。」は、10年前に妻を亡くした男の前に、妻の記憶を持ったまま転生した10歳の少女が現れるという物語。

 例え姿は変わっても互いの愛は変わりません。しかし実際、中年男と小学生の女の子の間にはたくさんの問題があるわけで(お巡りさん、事案で~す!)。

 本記事ではあらすじの解説(ネタバレ含む)や期待の多かったドラマ化の話題などをまじえて、この作品の魅力について語っていこうと思います。

「妻、小学生になる。」あらすじ(ネタバレ注意)

10年前に亡くなった妻が、小学生になって帰ってきた

 この物語の主人公は新島圭介。
 10年前に交通事故で妻を亡くし、引きこもり気味の娘と二人で暮らす冴えない中年男です。

 ある日、娘と二人でコンビニ弁当をモソモソ食べているところ玄関のベルが鳴ります。

 玄関で仁王立ちする小学生の女の子。
 彼女は圭介に「ただいま」と告げます。

「私は新島貴恵!」
「あんたの妻! 麻衣の母親!」

 突然の言葉に困惑する圭介ですが、彼女は死んだ妻しかしらない情報を知っていました。

 実は貴恵と名乗った少女は、今は白石真理華として生まれ変わっていて、つい先ほど近くを通りかかった時に前世の記憶を取り戻したというのです。

あり得ない再会に歓喜する圭介と麻衣。

 翌日から、圭介の昼食は貴恵が作ってくれたお弁当です。
 幸せを噛みしめ、少しずつ前向きになっていく圭介たちですが、生まれ変わった妻は小学生。

 以前と同じままでいられるはずがありませんでした。

妻の母親の苦悩、秘密が知られ、そして失われる記憶

 愛妻家である圭介は他の女性には見向きもしませんでしたが、同僚の守屋さんは優しい圭介に想いを寄せていました

 圭介に積極的にアプローチする守屋さんを、貴恵は圭介の幸せを考え見守るしかできません。

 また、貴恵(万理華)の今の母親、白石千嘉にも問題がありました。

 千嘉は夫と別れて以降、女手一人で万理華を育てていましたが、ややヒステリックな気があり、万理華に対してネグレクト気味です。

 千嘉は母親としての自覚はあるのですが、自分をコントロールできずに苦悩していました。

 そんな中、千嘉は万理華が圭介や麻衣と楽しそうに歩いている姿を見てしまい、万理華を激しく詰問します。

 真実を千嘉に告げる万理華(貴恵)。
 信じてもらえるはずがないと思っていた言葉は、しかしそれを切っ掛けに親子の蟠りを少しずつ溶かしていくこととなります。

 守屋さんからの告白を断り、再び貴恵と結婚する意志を示す圭介。

 職場で良い人を見つけ、結婚を決意する麻衣。

 全てが良い方向に進んでいるかと思われたのですが、唐突に万理華から貴恵の記憶が失われてしまい……


「妻、小学生になる。」主な登場人物(ネタバレ注意)

新島 圭介(にいじま けいすけ)

本作の主人公。

外見は頬のこけたメガネでセンター分けの冴えない中年男。

度を越した愛妻家で、10年前に亡くなった妻を今でも想い続けている。

非常に優しく誠実な人柄ではあるのだろうが、10歳の少女に抱きついている様子は完全に事案である。

いい歳したオッサンではあるが、水族館で迷子になるなど非常に抜けており、そういうところが母性本能をくすぐる(らしい)。

新島 貴恵(にいじま たかえ)/白石 万理華(しらいし まりか)

本作のもう一人の主人公で圭介の妻、貴恵が生まれ変わった少女。

10歳になった時、唐突に貴恵としての記憶を取り戻す。

外見は色素の薄い髪を背中まで伸ばした活発そうな雰囲気の少女で、生まれ変わる前の彼女もほぼ同じ外見をしていた。

性格はハキハキとしていて面倒見がよく、ややツンデレ。

圭介と麻衣のために毎日お弁当を作って上げるなど、その想いは今でも色あせていないが、自分がいなくとも二人には幸せになって欲しいと一歩引いた立場をとることが多い

同級生のタケルくんから好意を寄せられている。

新島 麻衣(にいじま まい)

圭介と貴恵の娘。

外見は黒髪ショートの可愛らしい雰囲気のお嬢さんで、年齢は20代半ば。

専門学校卒業後、一度は就職していたがすぐに退職。
在宅ワークで、人と関わらないようにして過ごしていた。

貴恵と再会したことで前向きになり、再び就職。

そこで知り合った蓮司との結婚を決める。

白石 千嘉(しらいし ちか)

万理華の母親。

ネグレクト気味で色々と問題がある人物だが、元は子供の時に同じようにネグレクトを受けていたことがその原因。

万理華にもヒステリックにあたることが多いが、そんな自分を嫌悪している。

幸せな家庭を知らないからこそ悩み、弁当屋でパートをしながら万理華を女手一つで育てる。

彼氏ができて再婚しようとするが、実はその相手が妻子持ちだったりと非常に不幸。

読み進めていくほどの印象が変わっていく人物筆頭。

守屋 好美(もりや このみ)

圭介の同僚で、彼に想いを寄せている女性。

外見は髪を後ろで一つにまとめた、スッキリとした印象の美人さん。

元々、職場で孤立している圭介を気にしていただけだったが、貴恵と再会して徐々に明るくなっていく圭介に好意を寄せる。

麻衣とは友人で、年齢は麻衣の一つ上。
彼女と圭介の関係も、これはこれで問題があるような気がしなくもない。

同僚の宇田から好意を寄せられている。


「妻、小学生になる。」感想、今後の予想(結末、ドラマ化)

純愛ではあるものの……お巡りさん事案です!

 亡くなった妻と10年の時を経て再会する。

 まさしく純愛ですよね。

 一度失われた関係だからこそ、いっそう強く燃え上がり、どんな障害があっても決して目移りすることがない。

 圭介は見た目冴えないオッサンですが、その一途さは非常に清々しいものがあります。

 ただ一点、相手の見た目が小学生でなければ。

 ただの純愛ではなく、その間に非常に現実的でどうしようもない障害があるのがこの物語の面白いところです。

 互いに愛し合っていても、生まれ変わった貴恵との年齢差はとんでもないことになっています。

 二人には幸せになって欲しいけれど、二人が結ばれることが本当に良いことなのかは、色々と考えてしまいますよね(だからこそ余計に二人には結ばれて欲しいと思うわけですが)。

最終回(結末)はどうなる?

 周囲の問題にカタが付き、後は二人が……というところで、唐突に万理華が貴恵の記憶を失ってしまいましたね。

 これは秘密を知った守屋さんから、ずるいと責められたことが原因でしょうか。

 再び圭介たちの周りに暗い影が落ちてしまいましたが、意外にすんなり万理華は貴恵の記憶を取り戻します。

 ただ、万理華は記憶を取り戻したことを母親に伝えることができていません

 母親にとっては、記憶のない万理華こそが本当の自分の娘だという認識。
 自分の子供が別人の記憶を持っているとか、親としてはそうそう簡単に受け入れられるものじゃありませんからね。

 貴恵としての人生と万理華としての人生、双方に上手く折り合いをつけることができるかが、結末の鍵になると思われます。

 最新話では、実は貴恵は生まれ変わったのではなく、未練を晴らすために万理華の身体を乗っ取ったのだという説も出てきましたが……

ドラマ化が決定!

 さて、非常にドラマ化希望の声が多かったこの作品、とうとうドラマ化決定の発表がありました。

 今のところ今冬ドラマ化という情報しかなく、詳細は未発表です。

 というか、この作品を実写でやって大丈夫なんでしょうか?

 貴恵役も圭介役も、かなり雰囲気的に再現が難しいと思うのですが(単にかわいい女の子やイケメンを配置すればいいってもんじゃありませんよ)。

 原作のイメージが壊れないことを祈って、キャストの発表をドキドキしながら待つことにしましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました