ワールドトリガー

ワールドトリガー「風間蒼也」~お兄さんってどんな人? 雷神丸とのエピソード、名言、声優など~

 今回はジャンプスクエアで連載中の大人気漫画「ワールドトリガー」で、高性能かつカッコいいと評判のキャラクター「風間 蒼也(かざま そうや)」について紹介します。 風間はボーダーA級部隊を率いる隊長の一人なのですが、とにかくカッコいい。本当にカッコいい男ってこういう人を指すんだろうな、と納得してしまう彼の魅力に迫ります。
ワールドトリガー

ワールドトリガー「小南桐絵」~太刀川とどっちが強い? 髪の毛はお得に2パターン存在、声優は当然~

 今回はジャンプスクエアで連載中の大人気漫画「ワールドトリガー」で、最も読者から愛されている(断言!)キャラクター「小南 桐絵(こなみ きりえ)」について紹介します。小南はとにかく素直でバカ可愛い! 年齢の割に大人びた主人公組をカバーするかのごとく、この作品の可愛さを一身に背負ったキャラクターなのです!(繰り返し断言。異論は受け付ける)
ワールドトリガー

ワールドトリガー「出水公平(いずみこうへい)」~A級3バカにして太刀川隊の天才シューター、声優は~

今回はジャンプスクエアで連載中の大人気漫画「ワールドトリガー」で、作中屈指の人気を誇る天才射手(シューター)「出水 公平(いずみ こうへい)」について紹介します。出水はボーダーに所属する優秀な一隊員に過ぎないのですが、この作品の魅力は膨大な数のキャラクターが一人一人丁寧に、魅力的に描かれていること。その中でも特に読者から愛されている出水公平の魅力について迫っていきたいと思います。
文豪ストレイドッグス

文豪ストレイドッグス「中原中也」~元相棒「太宰治」との関係、双黒、汚濁、その悲しい身長~

今回は大人気漫画「文豪ストレイドッグス」の人気キャラクター「中原中也」について紹介したいと思います。 中原中也は影の主人公「太宰治」の元相棒であり、二人の絶妙なコンビ、関係性もあって作中屈指の人気を誇っております。腐女子からも大人気のようですが、その部分については今回は触れないようにして、彼の魅力に迫っていきたいと思います。
レビュー

「ふたりソロキャンプ」の感想~一部でうざい、気持ち悪いと言われる理由は?~

 今回はイブニングで連載中の「ふたりソロキャンプ」について紹介します。非常にツッコミどころ満載の漫画ですが、それを補って余りあるほどキャンプについての描写が細やかで魅力的。  キャンプ好きの方もそうでない方も、読んでいてキャンプっていいなぁ、そう思える作品です。
レビュー

「ダンジョン飯」感想&考察(ネタバレ注意)~アニメ化は? つまらなくなったと言われるのは何故?~

今回は漫画誌「ハルタ」で連載中、異色のファンタジー漫画「ダンジョン飯」について紹介したいと思います。 この作品、タイトルを聞いただけだと「何の話なの? ファンタジー? グルメ?」と、どんな漫画なのかよく分かりませんよね? 良く言えば新たな分野を開拓した作品、悪く言えば闇鍋。そんな意味不明だけど、読むと思わずくすっと和んでしまう、これはそんな独特のお話です。
レビュー

「ブルーピリオド」感想(ネタバレ含む)~あらすじ、名言、その魅力とは? アニメの概要と評価、声優など~

今回は、月間アフタヌーンで連載中の大人気漫画「ブルーピリオド」について、その数々の刺さる名言を中心に紹介していきたいと思います。 ブルーピリオドは2017年の連載開始以降、「マンガ大賞」や「このマンガがすごい!」などの数々の賞を受賞した評価の高い漫画であり、2021年に満を持してアニメ化されました。この作品の、何がそれほど人を惹きつけるのか、その魅力に迫っていきたいと思います。
レビュー

「怪物事変」の感想~その魅力、アニメ化された人気作なのに打ち切りが噂される理由~

今回はジャンプスクエアで連載中の「怪物事変(けものじへん)」について紹介したいと思います。2021年1月にアニメ化されたこの作品の魅力について、キャラクターやあらすじのネタバレも踏まえて解説していきます。
その他

リィンカーネーションの花弁「ヒトラー」~その誇り、ポルポトとの最期~

さて今回はマグコミで連載中の「リィンカーネーションの花弁」における屈指の人気キャラ「ヒトラー」について紹介したいと思いますそのポリシーと矜持、そして散り際まで、ただの悪役では終わらない彼らの魅力をお伝えします。
文豪ストレイドッグス

文豪ストレイドッグス「太宰治」~策士にして影の主人公、中也との関係性とその前職、名言、声優は~

 今回は朝霧カフカ先生原作の大人気漫画「文豪ストレイドッグス」で断トツの人気キャラクター、「太宰治」について紹介したいと思います。  太宰の物語における立ち位置は、主人公を非日常の世界へ誘う教師役であると同時に、物語そのものを動かす。太宰がいなければ、これほどまでにこの作品が愛されることはなかった、いえ、物語が成立しなかったと言っても過言ではないでしょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました