2022-10

チェンソーマン

「チェンソーマン」作者/藤本タツキ~そのプロフィール(年齢・性別・出身地など)、やばいと言われる逸話について解説~

 今回はその強烈すぎるストーリーとキャラクターで話題を攫った傑作漫画「チェンソーマン」の作者「藤本タツキ」について解説します。 藤本タツキは「ファイアパンチ」「チェンソーマン」などのヒット作を世に送り出し、その奇想天外なストーリーから「奇才」「天才」と呼ばれる若手漫画家。 漫画家として凄い(おかしい)のはもちろんですが、意味不明なやばいエピソードの持ち主としても有名です。 本記事では藤本タツキ先生のプロフィールに加え、その素顔や奇人エピソードなどを徹底解説してまいります。
SAKAMOTO DAYS

「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」虎丸尚~かわいい坂本ガチ勢、推し活と悲劇の担降り、スラーの勧誘など~

 今回は主人公が「安西先生そっくり」と話題の殺し屋アクションコメディ「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」から、かわいい坂本ガチ勢「虎丸 尚(とらまる なお)」について解説します。 虎丸尚はシンたちと同期でJCC(殺し屋養成所)の編入試験を受験した少女。 特に優秀とされる推薦組で、編入試験には3次試験から参加しました 言動は完全なオタ活女子ですが、殺し屋としての実力や才能は受験生の中でもトップクラス。 本記事では物語が進むにつれますます可愛いいと評判の虎丸尚の強さや推し活について語ってまいります。
チェンソーマン

「チェンソーマン」ナユタ~支配の悪魔の転生体、マキマとは別人? 第2部ではどうなる? 元ネタは読み切り「予言のナユタ」~

 今回はその強烈すぎるストーリーとキャラクターで話題を攫った傑作漫画「チェンソーマン」より、第1部ラストに登場した支配の悪魔の転生体「ナユタ」について解説します。 ナユタとは第1部の黒幕であったマキマ(=支配の悪魔)がデンジに(意味不明な手段)で倒され、全ての記憶を失い転生した存在。 第1部ラストではかつてマキマが飼っていた犬たちと共にデンジと暮らし始めます。 マキマとは既に別個体とされるナユタ。 本記事ではナユタ誕生に至る経緯やマキマとの関係性、第2部にどのように関わってくるのかなどを中心に語ってまいります。
SAKAMOTO DAYS

「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」勢羽真冬~ORDERを目指す才気あふれる少年、兄との関係は?~

 今回は主人公が「安西先生そっくり」と話題の殺し屋アクションコメディ「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」から、ORDERを目指す才気あふれる少年「勢羽 真冬(せば まふゆ)」について解説します。 勢羽真冬はシンたちと同期でJCC(殺し屋養成所)の編入試験を受験した少年。 まだ14歳と年少ながら、その才覚は受験生の中でも抜きんでており、既にプロクラスの実力を有しています。 一方で精神面は年相応に未熟で、潔癖症ですぐ弱音を吐くゆとり系ボーイ。 本記事ではそんな勢羽真冬のプロフィールや強さ、兄・夏生との関係などを中心に解説してまいります。
ブラッククローバー

「ブラッククローバー」ライア~某団長に化けていたエルフ族・模倣魔法の使い手、過去とその後、モデルや声優変更など~

 今回は少年ジャンプの大人気漫画「ブラッククローバー」から、「嘘つき」を自称する模倣魔法の使い手「ライア」について解説します。 ライアはテロ組織「白夜の魔眼」の幹部「三魔眼」の一人。 他者の魔法をコピーする「模倣魔法」とエルフ族特有の強大な魔力を兼ね備えた強力な魔導士です。 嘘を見抜く力を持ち、頭の回転も速いため、作中では「白夜の魔眼」頭首・リヒト(パトリ)の右腕として活躍していました。 本記事ではそんなライアのプロフィールや過去、作中での活躍やその後を中心に解説してまいります。
SAKAMOTO DAYS

「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」スラー(有月)~謎に満ちた殺し屋殺しの正体、その過去と仲間(メンバー)~

 今回は主人公が「安西先生そっくり」と話題の殺し屋アクションコメディ「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」から、謎に満ちた殺し屋殺し「スラー(有月)」について解説します。 スラーとは殺連の壊滅を目論む一派のトップ。 殺害現場に✖印を残すことから、殺連によって✖(スラー)と名付けられました。 主人公の坂本太郎と過去に因縁が有り、坂本の首に10億円の懸賞金をかけたスラー。 本記事ではその過去や正体、スラーに付き従う仲間(メンバー)を中心に語ってまいります。
ワールドトリガー

ワールドトリガー「レイガスト」~使い手の少ない重装ブレード、色の違いやシールドモード、その使用法(パンチ、二刀流など)~

 今回はワールドトリガーから、使い手が少なく不人気な重装ブレードトリガー「レイガスト」について解説します。 ワールドトリガーにはブラックトリガーなどの規格外の性能を持ったトリガー(=武器)は多数登場しますが、実際に作中で最も活躍しているのは汎用品のノーマルトリガー。 その中で「レイガスト」とは、現状3種類が存在するブレードトリガーの1つで、特に防御向きの機能を持ったトリガーです。 非常に多機能ですが、「重く」て「取り回しが悪い」とアタッカーから敬遠されているレイガスト。 本記事ではそんなレイガストの機能や使用法(技)、その使い手などを解説していきます。
ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」フチ~皆から愛されたかわいいおばあちゃん、声優や本名、最後はどうなった(死亡?)~

 今回は大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、皆から愛されたアイヌのかわいいおばあちゃん「フチ」について解説します。 フチは本作のヒロイン・アシリパの祖母。 小樽のコタン(村)で両親をなくしたアシリパと共に暮らしており、コタンを訪れた杉元たちを快く迎え入れ、その旅を支えてくれた心優しき老婆です。 作中ではその人柄により多くの者たちから慕われていたフチ。 本記事ではそんなフチの魅力、彼女が物語の最後でどうなったかなどを中心に語ってみようと思います。
推しの子

【推しの子】不知火フリル~”かぐや様”不知火ころもの妹としても知られる歌って踊って演技もできるマルチタレント~

 今回は原作・赤坂アカ、作画・横槍メンゴの豪華タッグがヤングジャンプで連載中の人気作【推しの子】から、売れっ子マルチタレント「不知火 フリル(しらぬい ふりる)」について解説します。 不知火フリルはルビーのクラスメイトとして登場した美少女。 高校入学時点で既に月9ドラマで大ヒット、歌って踊って演技もできるマルチタレントとして知られる大人気芸能人です。 読者の間では赤坂先生の「かぐや様は告らせたい」に登場する「不知火ころも」の妹としても有名ですね。 本記事では不知火フリルのプロフィールや人間関係、今後彼女がどのように本筋に関わってくるのかなどについて語っていこうと思います。
弱虫ペダル

「弱虫ペダル」浦久保優策~待宮の後を継ぐ呉南”呉の陸鮫”、アニメ5期ではカットされる、その過去、原作での活躍など~

 今回はアニメ化、実写化もされた大人気漫画「弱虫ペダル」から、アニメ5期ではその活躍がカットされてしまった男「浦久保 優策(うらくぼ ゆうさく)」について解説します。 浦久保優策は作中2年目のIH最終日、手嶋や青八木を苦しめた広島呉南工業高校のエーススプリンター。 勝つためならば手段を選ばぬ卑怯な男ではありますが、ただそれだけではない信念を持った実力者です。 中々味のある良い敵役でしたが、大人の事情かアニメ5期では内容が大幅に改変され、その活躍が丸々カットされてしまいました。 本記事ではそんな浦久保のプロフィールや過去、原作での活躍を中心に解説してまいります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました