2022-08

ワンパンマン

「ワンパンマン」災害レベル一覧~狼・虎・鬼・竜・神、その定義と5段階それぞれの目安について解説~

 今回は「ONE」先生原作の大人気作品「ワンパンマン」から、作中で使用される重要ワード「災害レベル」について解説します。 ワンパンマン世界において「怪人」とは「天災」の一種。 怪人たちは皆、その危険度を5段階の「災害レベル」によって表されています。 とは言えこの指標、最強クラスの怪人は一括りに「竜」とか「竜以上」とかにされていたり、凄く強い怪人が「鬼」にされていたり、基準がかなり曖昧。 本記事では改めて災害レベルの定義や目安について深掘りしてまいります。
ワールドトリガー

ワールドトリガー「弧月」~基本性能に長けた傑作トリガー、その使い手やオプショントリガーなどを深掘り~

 今回はワールドトリガーから、ボーダーで最も多くのアタッカー(攻撃手)から愛用される傑作トリガー「弧月(こげつ)」について解説します。 ワールドトリガーにはブラックトリガーなどの規格外の性能を持ったトリガー(=武器)は多数登場しますが、実際に作中で最も活躍しているのは汎用品のノーマルトリガー。 その中で最も信頼度が高く、活躍シーンの多いトリガーの一つに挙げられるのが「弧月」です。 本記事では弧月の性能や専用オプション、その主な使い手などを中心に深掘りしてまいります。
文豪ストレイドッグス

文豪ストレイドッグス「小栗虫太郎」~「隠滅屋」と呼ばれる情報操作のプロ、異能力「完全犯罪」とは?~

 今回は大人気漫画「文豪ストレイドッグス」から、「隠滅屋」と呼ばれる情報操作のプロ「小栗 虫太郎(おぐり ちゅうたろう)」について解説させていただきます。 小栗虫太郎は元々ドストエフスキーに協力して犯罪の隠ぺいを行っていた異能力者。 探偵殺しとも言うべき「完全犯罪」の異能力を有していましたが、江戸川乱歩との対決に敗れ、ドストエフスキーに裏切られた後は、武装探偵社の協力者となっています。 本記事ではそんな小栗虫太郎のプロフィールや過去(七號機関)、作中での活躍などを中心に語ってまいります。
レビュー

「新約カニコウセン」感想&評価(ネタバレ注意)~「蟹工船」をSFリメイク? これもう「蟹」じゃねぇし!~

 今回はプロレタリア文学の傑作「蟹工船」をSFリメイクした問題作「新約カニコウセン」について紹介します。 「新約カニコウセン」は全ての海が蒸発し、巨大水棲生物たちが空を飛ぶ架空未来を舞台に、蟹工船で働かされる底辺労働者たちの苦悩と闘争を描いた物語。 小林多喜二の「蟹工船」のテイストは残しつつ、世界観を大胆にリメイクした問題作です。 本記事では「新約カニコウセン」のあらすじ(原作の解説含む)や登場人物の紹介を交えつつ、その魅力を深掘りしていきたいと思います。
ブラッククローバー

「ブラッククローバー」サリー~見た目”は”かわいいイカレ女、死亡→復活の経緯、アスタの取引で仲間に?~

 今回は少年ジャンプの大人気漫画「ブラッククローバー」から、見た目はかわいいイカレたマッドサイエンティスト「サリー」について解説します。 サリーはテロ組織「白夜の魔眼」に所属する研究者。 見た目はかわいい少女ですが、自分の研究以外には全く興味がなく、犯罪行為にも平然と手を染める問題児です。 作中では白夜の魔眼の頭首・リヒトに裏切られ生贄にされたものの奇跡的に復活。 その後、アスタの捨て身の説得(?)で寝返ったイカレ女のプロフィールや活躍を語ってまいります。
呪術廻戦

「呪術廻戦」オガミ婆~降霊術を使うドルオタ呪詛師、孫とは血が繋がっていない、最後はパパ黒を扱い切れず死亡~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、降霊術を使うドルオタ呪詛師「オガミ婆(おがみばば)」について解説します。 オガミ婆は渋谷事変において偽夏油に協力していた呪詛師の一人。 作中での出番はチョイ役で、あるキャラクターを登場させるためのギミック的存在でした。 本記事ではオガミ婆のプロフィールや術式、孫の存在、そして渋谷事変での活躍と最期(死亡)について解説していきます。
レビュー

「メディアミックスメイデン」感想&評価(ネタバレ注意)~登場人物(女性)が魅力的なお仕事ラブコメ~

 今回は「裏サンデー」「マンガワン」で連載中の業界お仕事ラブコメ「メディアミックスメイデン」について紹介します。 この作品は敏腕で女癖の悪いフリープロデューサーを父に持つ主人公が、父の失踪によりメディアミックスプロジェクトを押し付けられ、エンタメの乙女たちと悪戦苦闘するという物語。 非常に魅力的な女性陣が登場していますが、ラブコメ要素はアクセント程度で意外と真面目なお仕事ものとなっています。 本記事ではこの「メディアミックスメイデン」の魅力について、あらすじや登場人物の紹介も交えて解説してまいります。
TRPG

「コノス」~ワールドトリガーTRPGなど多彩な同人ゲームを取り扱うアナログゲーム・ファンタジー雑貨通販サイト~

 今回はTRPGユーザーの頼れる味方、アナログゲーム・ファンタジー雑貨の通販サイト「コノス」について紹介します。 地方では取扱店が少なく、どうしても通販に頼らざるを得ないTRPG業界ですが、一般的な通販サイトでは商品を探すのも一苦労。 まして昨今増加している同人ゲームなどはほとんど取り扱いがありません。 本記事では情報発信力が高く、多彩な同人ゲームを取り扱う「コノス」の利便性と魅力を解説していきます。
ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」奥山夏太郎(おくやまかんたろう)~土方に憧れた青年、初登場(アニメ)と声優、その後(死亡?)~

 今回は大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、土方歳三の生き様に憧れ一派に加わった青年「奥山 夏太郎(おくやま かんたろう)」について解説します。 奥山夏太郎は元は茨戸の賭博場の跡目争いに参加した用心棒の一人。 本来、金塊争奪戦とは縁もゆかりもないチンピラに過ぎなかったのですが、土方歳三という男の生き様に魅せられ、彼に認められたいと土方一派に加わりました。 本記事では奥山夏太郎という男のプロフィール(年齢・誕生日など)や活躍、その後の行方などを中心に解説してまいります。
呪術廻戦

「呪術廻戦」粟坂二良~あまり名前が知られていない”あべこべ”の呪詛師、読者の評価が高い伏黒との術式バトル~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、”あべこべ”の術式で知られる呪詛師「粟坂 二良(あわさか じろう)」について解説します。 粟坂二良は渋谷事変において偽夏油に協力していた呪詛師の一人。 弱いものイジメに関しては生涯現役と宣言するどうしようもない三下ですが、その術式の特異性を用いた伏黒との呪術戦は読者からの評価が高い一戦となっています。 本記事ではそんな”あべこべ”の男・粟坂二良のプロフィールや術式、渋谷事変での戦いを中心に語ってまいります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました