2022-01

ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」永倉新八~土方への恩義に報いんとする新選組最強の老剣客、その若い頃の姿、声優など~

 今回はヤングジャンプで連載中の大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、新選組最強と謳われた剣客「永倉 新八(ながくら しんぱち)」について解説します。 正史においては局長・近藤勇らとの意見対立により新選組と袂を分かち松前藩に帰参し、後に小樽に移り住んで余生を過ごしたとされる人物。 ゴールデンカムイにおいては、函館戦争を密かに生き延びていた土方歳三と再会し、土方の下で再びその刃を振るっています。 本記事では新選組最強と謳われるその強さ、土方歳三との過去を中心に、最強おじいちゃんの魅力を深掘りしてまいります。
呪術廻戦

「呪術廻戦」黒閃(こくせん)について整理しよう~経験者・最高記録(七海)、発動条件(誤差)、五条や乙骨は経験済み?~

 今回は大人気漫画「呪術廻戦」から、改めて「黒閃」について整理・解説していきたいと思います。 黒閃って作中の色んな所で使われていて一種の「必殺技」かのごとく扱われているのですが、実際その内容には分かりづらい部分が多々存在しています。「威力の2.5乗って何?」「発動条件は?」「威力が強い以外に何かメリットがあるの?」「経験者(使用者)って誰?」etc…… 本記事では改めて黒閃の凄さや意味について語っていこうと思います。
ワンパンマン

「ワンパンマン」シルバーファング(バング)~武を極めたその強さ、弟子・ガロウとの因縁、兄との過去、引退など~

 今回は「ONE」先生原作の大人気作品「ワンパンマン」から、かっこよくて強いおじいちゃん代表「シルバーファング(バング)」について解説したいと思います。 シルバーファングは武術を極め、卓越した拳法を武器に戦うS級3位ヒーロー。 その実力もさることながら、作中ではサイタマの本当の実力を知る数少ない存在であり、最強の人間怪人・ガロウの師でもある重要人物です。 本記事ではそんなシルバーファングの強さや人間関係、ガロウ編後の引退などを中心に語ってまいります。
レビュー

「異世界マンチキン」感想&評価(ネタバレ注意)~D&D(TRPG)風システムによる異世界転生モノ、なろう原作に見えるが~

 今回は「水曜日のシリウス」などで連載中の異世界転生ファンタジー「異世界マンチキンーHP1のままで最強最速ダンジョン攻略ー」について紹介します。 この作品、タイトルからすると完全に”なろう系”ですが、「小説家になろう」や「カクヨム」原作の作品ではなく、漫画オリジナルの物語。 物語の中軸に古典TRPG「D&D(ダンジョンズ・アンド・ドラゴンズ)」のシステムが用いられており、TRPG好きにはたまらない内容となっております。
ワールドトリガー

ワールドトリガー「笹森日佐人」~主人公勢より主人公している成長著しいアタッカー、その強さ、声優など~

 今回はジャンプスクエアで連載中の大人気漫画「ワールドトリガー」から、成長著しい若手注目株「笹森 日佐人(ささもり ひさと)」について解説します。 笹森日佐人は諏訪隊の一員として大規模侵攻編から登場したキャラクター。 登場当初は未熟な若手熱血漢でしたが、作中のある出来事がきっかけで精神的に大きな成長を遂げています。 本記事では、ある意味主人公勢よりも主人公していると密かな人気を誇る笹森の成長の歴史を中心にその魅力を語ってまいります。
ハイキュー‼

「ハイキュー‼」成田一仁~烏野の2年生ミドルブロッカー、そのプロフィール(身長・体重など)、活躍、声優など~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、烏野高校2年生組のミドルブロッカー「成田 一仁(なりた かずひと)」について解説します。 成田は烏野高校男子バレー部の中で、限りなくモブに近い扱いを受ける男の一人。 同じ2年生モブトリオの縁下には2年生組のドン、木下には山口のライバルという特徴が付与されている中、この成田にはそうした特徴さえありません。 本記事ではそんな不遇なポジションにありながら、要所要所できっちりチームのために貢献した成田プロフィールや人間関係などを中心に語ってまいります(ちなみに名言みたいなものは彼には存在しません)。
レビュー

「永世乙女の戦い方」感想&評価(ネタバレ注意)~女流棋士の世界をダイナミックに描いた将棋バトル漫画にして成長物語~

 今回は「くずしろ先生」が「ビッグコミックスペリオール」で連載中、将棋の女流棋士の世界をダイナミックに描いた「永世乙女の戦い方」について紹介します。 昨今は藤井聡太竜王の登場で将棋にスポットが当たることが増えてきましたが、女流棋士はプロ棋士よりも格下とされ、どうしても注目度は低いまま。 そんな世界で全身全霊で将棋に打ち込む少女たちの姿を鮮烈に描き出したのがこの「永世乙女の戦い方」。 女流棋士の世界で生きる彼女たちの必死の生き様は、ただひたすらに”熱い”ですよ。
ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」海賊房太郎~王を夢見た男、その家族と迫害の過去、モデル(元ネタ)、親分とのあれこれ、最期(死亡)~

 今回はヤングジャンプで連載中の大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、物語後半に登場人物たちに大きな影響を与えた重要人物「海賊 房太郎(かいぞく ぼうたろう)」について解説します。 海賊房太郎はアイヌ民族の金塊の行方が記された刺青を持つ囚人の一人。 作中屈指の美丈夫であり、金塊を手に入れ王になりたいという夢を持つ、ゴールデンカムイでは珍しいスケールの大きな陽キャです。 決して善人ではなく、夢のためなら手段を選ばない男でしたが、だからこそその在り方は登場人物に大きな影響を与えました。 本記事では海賊房太郎の過去やモデル(元ネタ)、彼が物語に与えた影響などを中心にその魅力を語ってまいります。
ワンパンマン

「ワンパンマン」豚神~イケメン化が止まらない大食漢、謎の独り言「今はまだ予言の時じゃない~」が示す伏線とは?~

 今回は「ONE」先生原作の大人気作品「ワンパンマン」から、イケメン化が止まらないS級ヒーロー「豚神(ぶたがみ)」について解説したいと思います。 豚神はあらゆるものを捕食・消化してしまう大食いヒーロー。 登場当初はブサモン一歩手前の醜い容姿とぶくぶく太った肉体、会議中でも食事を止めない典型的なデブキャラとして登場しましたが、物語が進むにつれてこの男のイケメン化が止まりません。 本記事ではそんな豚神の魅力と強さ、そして彼が口にした予言にまつわる独り言、その伏線について語ってまいります。
ワールドトリガー

ワールドトリガー「染井華」~茶化しにくい過去を持つ手袋系オペレーター、香取・嵐山・三浦雄太との関係、家族(両親・兄)~

 今回はジャンプスクエアで連載中の大人気漫画「ワールドトリガー」から、茶化しにくい重い過去を持つ手袋系オペレーター「染井 華(そめい はな)」について解説します。 染井華はB級ランク戦における主人公たちのライバル・香取隊のオペレータ―。 登場当初は目の前でチームメイトが言い争っていても放置しており、ドライな性格なのかと思いきや、実はその内面はとてつもなく友情に厚い少女でした。 本記事では染井華の魅力について、香取との過去(手袋の理由)や人間関係(家族、三浦雄太)などを中心に語ってまいります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました