2022-12

怪物事変

「怪物事変」花楓(かえで)~「嫌い」という声は多いがどこか憎めないバカ犬(狐)、その過去や赤城とのコンビなど~

 今回は「ジャンプスクエア」で連載中、アニメ化もされた大人気漫画「怪物事変」より、野性味あふれるバカ犬系妖狐「花楓(かえで)」について解説します。 花楓は警察を裏で牛耳る飯生配下の化狐。 とにかく自己中心的で野生の獣そのものといった性格をしており、読者から嫌悪の眼で見られることも少なくありません。 ある意味では、人と異質な「怪物」を象徴する存在。 本記事ではそんな花楓のプロフィールや過去を中心に解説してまいります。
アオアシ

「アオアシ」本木遊馬~天性の嗅覚を持つ本能型FW、独特の言葉遣いは方言? 出身は?~

 今回は「ビッグコミックスピリッツ」で連載中の大人気サッカー漫画「アオアシ」から、天性の嗅覚を持つ本能型FW「本木 遊馬(もとき ゆうま)」について解説します。 本木遊馬は主人公のアシトと同じ「東京シティ・エスペリオンFC」ユースチームに所属する少年。 同期の中では出世頭で、コーチ陣からはエスペリオン理想のFWとして期待されています。 アシトたちの仲間でありながら常に一歩先を行く異質な存在。 本記事ではそんな本木遊馬のプロフィールや活躍、独特な言葉遣い(方言?)などを中心に深掘りしてまいります。
ワールドトリガー

ワールドトリガー「最上宗一」~ブラックトリガーとなって死亡した旧ボーダー創設者の一人であり迅悠一の師匠、その強さや素顔~

 今回はジャンプスクエアで連載中の大人気漫画「ワールドトリガー」から、ブラックトリガー「風刃」の製作者であり、迅悠一の師匠「最上 宗一(もがみ そういち)」について解説します。 最上宗一は旧ボーダー設立メンバーの一人。 5年前の戦いでブラックトリガーとなって死亡しており、作中では伝聞でのみその存在が語られる人物です。 故人ではありますが弟子の迅悠一を通じて物語に大きく影響を及ぼした重要人物。 本記事ではそんな最上宗一の判明しているプロフィールや人間関係、その謎を中心に深掘りしてまいります。
ブラッククローバー

「ブラッククローバー」作者/田畠裕基~プロフィールや経歴(アシスタント経験)、結婚はしてる?(嫁)、休載は病気が原因?~

 今回は少年ジャンプの人気作「ブラッククローバー」の作者「田畠 裕基(たばた ゆうき)」先生について解説します。 田畠裕基先生は迫力のあるバトルシーンに定評のある人気漫画家。 今でこそ「ブラッククローバー」の大ヒットにより世間にその名が知られていますが、実は非常に下積み時代の長い苦労人でもあります。 最近では休載の多さから体調や病気も心配されている田畠先生。 本記事ではそんな先生のプロフィールや素顔を深掘りしてまいります。
ブループリオド

「ブルーピリオド」三木きねみ~太いけどかわいい、神輿隊で奮闘した「通り魔の太陽」みたいな体育会系女子~

 今回は山口つばさ先生が「アフタヌーン」で連載中の青春アートストーリー「ブルーピリオド」から、誰からも愛される体育会系女子「三木 きねみ(みき きねみ)」について解説します。 三木きねみは主人公の八虎と同期で藝大の油画科に入学した女子学生。 心優しく力持ち、可愛らしさとパワフルさを併せ持つ稀有な女性です。 初登場では藝大1次試験で八虎の鏡を割るというインパクトのある登場をした三木きねみ。 本記事ではそんな彼女のプロフィールや魅力を深掘りしてまいります。
呪術廻戦

「呪術廻戦」シャルル・ベルナール~ボケ・ツッコミの切れ味鋭い漫画家(ただしデビュー前)泳者、その術式と秤との戦い~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、死滅回遊に参加する漫画家(志望)の青年「シャルル・ベルナール」について解説していきます。 シャルルは羂索によって後天的に術式に目覚め、東京第2結界で秤と激突した泳者です。 術式そのものは素晴らしかったものの、本人のスペックが追いついておらず、実力的にはそれほどでも無かったシャルル。 しかし彼はバトル以上に漫画家らしい数々の迷言で読者を沸かせてくれました。 本気ではそんなシャルルのプロフィールや術式、作中で披露された迷語録を中心に語ってまいります。
アオアシ

「アオアシ」橘総一郎~実直・真面目な一昔前の主人公、その過去や覚醒(武蔵野・Aチーム青森青蘭)~

 今回は「ビッグコミックスピリッツ」で連載中の大人気サッカー漫画「アオアシ」から、実直・真面目なストライカー「橘 総一郎(たちばな そういちろう)」について解説します。 橘総一郎は主人公のアシトとともにセレクション経由で「東京シティ・エスペリオンFC」ユースチームに入団した少年。 生真面目かつ爽やか、クサい発言を連発して周囲を赤面させる一昔前の主人公のようなキャラクターです。 作中ではその生真面目過ぎる性格ゆえに伸び悩んでいましたが、仲間たちの助けもあり見事覚醒。 本記事ではそんな橘総一郎の過去や覚醒の経緯を中心に解説してまいります。
ブループリオド

「ブルーピリオド」犬飼教授(犬飼先生)~エグイ性格と噂される油画のトップ、フジさんや八雲と因縁有り?~

 今回は山口つばさ先生が「アフタヌーン」で連載中の青春アートストーリー「ブルーピリオド」から、藝大副学長にして油画のトップ「犬飼(いぬかい)」教授について解説します。 犬飼教授は大学編1年目の後半から登場し、2年次から八虎の担任となった男性教授。 これぞ権力者と言わんばかりの迫力ある御仁で、作中では生徒のみならず助手や教授までビビらせまくっていました。 腹の底が読めず、八雲からは「相当えぐい性格」とも評された未だ謎の多い存在。 本記事ではそんな藝大編のラスボスとも言うべき男のプロフィールや人間関係を中心に解説してまいります。
SAKAMOTO DAYS

「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」アパート~糸使いの最高ランク死刑囚、その後は仲間に?死亡?~

 今回は主人公が「安西先生そっくり」と話題の殺し屋アクションコメディ「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」から、最凶死刑囚「アパート」について解説します。 アパートは殺連の眼をくらますため、スラー一派によって野に解き放たれた4人の凶悪死刑囚の1人。 死刑囚の中では最強の戦闘力を有し、作中では主人公の坂本と東京タワーを舞台に激闘を繰り広げていました。 戦いの後、更生を見込まれて坂本に見逃されたアパート。 本記事ではそんな彼の過去や強さ(ランク)、その後(仲間or死亡)について解説してまいります。
アオアシ

「アオアシ」海堂杏里~不憫でかわいい負けヒロイン、アシトへの告白、冨樫・遊馬とはどうなる?~

 今回は「ビッグコミックスピリッツ」で連載中の大人気サッカー漫画「アオアシ」から、不憫でかわいい負けヒロイン「海堂 杏里(かいどう あんり)」について解説します。 海堂杏里は主人公のアシトが所属する「東京シティ・エスペリオンFC」の親会社・海堂電機の社長令嬢。 サッカー監督を夢見るサッカー大好き少女で、試合観戦を通して徐々にアシトに惹かれていくようになります。 ただ残念ながらアシトのヒロイン役には先約がいて、アシトに意識されることさえなかった杏里。 本記事ではそんな負けヒロインの魅力や恋模様を中心に解説してまいります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました