2022-11

ワールドトリガー

ワールドトリガー「トリオン」~トリオン量は戦闘にどう影響する? 平均値は? 増えるの? 素朴な疑問を徹底解説~

 今回はワールドトリガーから、この物語の根幹をなす「トリガー技術」の動力源「トリオン」について解説します。 トリオンとはトリガーを起動させるための生体エネルギー。 このトリオンを生み出す能力こそがボーダー隊員やネイバーが戦う上では最も重要視され、その優劣がトリガー(武器)の出力を左右します。 しかしこのトリオンに関しては、関連する用語が輻輳しており、やや分かりにくい部分も。 本記事では、そもそもトリオンとは何か、その平均値や後天的な増加、具体的な戦闘への影響について解説してまいります。
ブループリオド

「ブルーピリオド」桑名マキ~受験編のヒロイン? 東京藝術大学に落ちた理由と彫刻科合格までの経緯、名言~

 今回は山口つばさ先生が「アフタヌーン」で連載中の青春アートストーリー「ブルーピリオド」から、受験編のヒロイン的存在とされる「桑名 マキ(くわな まき)」について解説します。 桑名マキは東京美術学院(予備校)で主人公の八虎たちと共に藝大受験に取り組んだ少女。 予備校のコンクールでは連続して1位を取るなど高い絵の実力の持ち主で、未熟な八虎にとっては仲間であると同時に追いかけるべき目標の一人として描かれていました。 作中では周囲からの評価は高かったものの藝大不合格となってしまった桑名マキ。 本記事ではそんな彼女のプロフィールや魅力、藝大不合格の理由とその後を中心に解説してまいります。
ワンパンマン

「ワンパンマン」ホームレス帝~神に力を与えられた怪人の正体、強すぎる神通力はワクチンマンと同種? その最期(死亡)~

 今回は「ONE」先生原作の大人気作品「ワンパンマン」から、その圧倒的な神通力と正体で話題となった「ホームレス帝」について解説したいと思います。 ホームレス帝は怪人協会の幹部の一人として登場したキャラクター。 見た目は貧相なホームレスそのものですが、その正体はS級ヒーローをも凌ぐ強力な神通力を操る極めて強力な怪人です。 作中ではその実力以上に、彼に力を与えた存在との繋がり・正体にスポットが当たっていたホームレス帝。 本記事ではそんな彼の怪人化の経緯や強さ、その最期(死亡)を中心に語ってまいります。
ブループリオド

「ブルーピリオド」村井八雲~モデルは川田龍? かっこいいと話題のデカい物好きアーティストのプロフィール~

 今回は山口つばさ先生が「アフタヌーン」で連載中の青春アートストーリー「ブルーピリオド」から、デカいもの好きヤンキー芸大生「村井 八雲(むらい やくも)」について解説します。 村井八雲は主人公の八虎と同期で藝大の油画科に入学した男子学生。 タトゥーにピアス、ちゃらんぽらんな言動と見た目はヤンキーそのものですが、実は入試成績次席でアートの知識も豊富な実力派です。 八虎のことを気に入り、作中では色んなところでアドバイスをくれる頼れる八雲。 本記事ではそんな彼のプロフィールやモデルとされる作家などを中心にその魅力を深掘りしてまいります。
SAKAMOTO DAYS

「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」作者/鈴木祐斗~藝大出身、迫力あるアクションシーンで話題の新鋭~

 今回は主人公が「安西先生そっくり」と話題の殺し屋アクションコメディ「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」から、作者「鈴木 祐斗(すずき ゆうと)」先生について解説します。 鈴木祐斗先生は迫力あるアクションシーンに定評のある漫画家。 難関で知られる東京藝術大学の出身で、その卓越したカメラワークにはしばしば同業者からも賞賛の声が上がっています。 一方で鈴木先生は漫画家としての経歴は浅く、あまり情報が公開されていません。 本記事ではそんな先生のプロフィールや素顔、アクションシーンのテクニックを中心に解説してまいります。
チェンソーマン

「チェンソーマン」日下部~死亡後、第2部でユウコとの関係(妹?娘?)を噂された”まとも”な公安デビルハンター~

 今回はその強烈すぎるストーリーとキャラクターで話題を攫った傑作漫画「チェンソーマン」より、まとも過ぎる公安デビルハンター「日下部」について解説します。 日下部とは世界の刺客編で登場した宮城公安所属のデビルハンター。 生真面目で口うるさい典型的な委員長気質のキャラクターで、作中では不真面目と適当の権化であるデンジとパワーに振り回されていました。 実力はあったものの遭遇した敵があまりに悪く…… 本記事ではそんな日下部のプロフィールと死亡シーン、第2部に登場したユウコとの関係などを中心に解説してまいります。
ワンパンマン

「村田雄介」~圧倒的画力で知られる「ワンパンマン」作画担当漫画家、そのプロフィールや素顔、これまでに手がけた作品など~

 今回は「ワンパンマン」「アイシールド21」の作画担当漫画家として知られる「村田雄介(むらたゆうすけ)」先生について解説します。 村田先生は圧倒的な画力の高さで知られる漫画家。 ただ漫画の絵が上手いだけでなく、Twitterに投稿した練習絵が写真のようなクオリティと話題になったこともあります。 現在は漫画の作画だけでなく、映画ポスターやアニメなど幅広い分野で活躍中の村田先生。 本記事ではそんな先生のプロフィールや素顔、その圧倒的な画力を中心に解説してまいります。
呪術廻戦

「呪術廻戦」禪院扇~クズとして名を下げ続けた男、その術式、娘・真希と真依への逆恨みなど~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、ただひたすらに名を下げ続けたクズ男「禪院 扇(ぜんいん おうぎ)」について解説します。 禪院扇は禪院真希と真依の父であり、禪院家26代当主禪院直毘人の弟にあたります。 御三家の中でもクズ揃いで有名な禪院家の中にあって、更に突出したクズ男。 そのあまりのクズっぷりに、ファンの間で他の禪院家のクズたちの評価を相対的に引き上げるという不思議な現象を起こしていました。 本記事では扇がクズと呼ばれる理由やその強さ(術式)、娘たちへの逆恨みなどを中心に解説してまいります。
レビュー

「フェルマーの料理」感想&評価(ネタバレ注意)~前作「てんまんアラカルト」から続く傑作グルメ漫画、打ち切り説の理由は?~

 今回は「アオアシ」の小林有吾先生が月間少年マガジンで不定期連載中のグルメ漫画「フェルマーの料理」について紹介します。 この作品は数学者になるという夢に破れた少年が、天才シェフ・朝倉海との出会いを切っ掛けに料理の道を歩み始める物語。 小林先生の前作「てんまんアラカルト」の続編にあたり、前作を知るとより一層先の展開が楽しみになる一作です。 本記事では「フェルマーの料理」のあらすじや主な登場人物、打ち切り説が流れる理由などを中心に深掘りしてまいります。
怪獣8号

「怪獣8号」作者/松本直也~話題の漫画家のプロフィール(性別、出身地、年齢)や前作を徹底解説~

 今回は「ジャンプ+」の話題作「怪獣8号」の作者「松本直也(まつもとなおや)」先生について解説します。 松本直也先生は2020年に連載を開始した「怪獣8号」が爆発的なヒット作となり、一躍その名が知られるようになった漫画家。 世間一般では新人と誤解されることも多いのですが、実はデビューは2006年で漫画家歴はかなり長めです。 本記事では長年ヒット作に恵まれなかった苦労人・松本直也先生の経歴(前作)や素顔について深掘りしてまいります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました