2021-06

その他

「僕のヒーローアカデミア」覚醒した緑谷出久(デク)の新たな個性を徹底解説、歴代継承者、OFAの成り立ちなど~

 今回は大人気漫画「僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)」から、覚醒した緑谷出久(デク)の個性「OFA(ワン・フォー・オール)」について解説していきたいと思います。 物語が始まった当初は、単なる超パワーの個性としか思われていなかったOFAですが、終盤に近付くにつれて次々と新事実が判明し、6つの新たな能力を発現しています。 ここではOFAの成り立ちやそのリスク、緑谷出久(デク)に発現した新たな能力を中心に深掘りしていきたいと思います。
その他

「ゴブリンスレイヤー」主人公~その素顔、名前(呼び名)、強さや過去、師匠の正体など徹底解説~

 今回はメディア展開が進む大人気ダークファンタジー「ゴブリンスレイヤー」の主人公について解説していきたいと思います。 「ゴブリンスレイヤー」は登場人物の固有の名前が登場せず、すべて肩書で描写されている特殊な作品で、主人公の名前はそのものずばりゴブリンスレイヤー(小鬼を殺す者)。 ゴブリンと言えばファンタジー定番の雑魚モンスターですから、いかにも小物臭い名前かもしれませんね。 本記事ではそんな特殊な呼び方をされるゴブリンスレイヤーの素顔や強さを中心に深掘りしていきたいと思います。
ワールドトリガー

ワールドトリガー「沢村響子」~忍田本部長に想いを寄せる元アタッカー、同期は東さん、声優は~

 今回はジャンプスクエアで連載中の大人気漫画「ワールドトリガー」から恋する25歳「沢村 響子(さわむら きょうこ)」について解説します。 沢村さんは忍田本部長の補佐役であり、作中ではクセの強い上層部の面々に囲まれて影が薄くなりがちですが、実は現場隊員への指揮を取り仕切っている才女。 本記事では、元アタッカーだったというその実力、忍田本部長や同期の東との人間関係などを中心に深掘りしてまいります。
呪術廻戦

「呪術廻戦」伏黒津美紀~呪いによって寝たきりだった伏黒姉、母親の蒸発理由、年齢、声優は~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、伏黒恵の義理の姉「伏黒 津美紀(ふしぐろ つみき)」について解説したいと思います。 津美紀は物語が始まる約1年前から呪いによって寝たきりとなっており、回想シーンを除けば本編にはほとんど未登場。 しかし、津美紀の存在は伏黒恵の行動原理に大きく影響を及ぼしており、今後の物語に深くかかわってくることは疑いありません。 ここでは死滅回游編でとうとう目を覚ました津美紀の現在と今後、その背景について可能な範囲で深掘りしていきたいと思います。
レビュー

「トップウGP」感想(あらすじ、ネタバレ含む)~バイク好きには人気の一方、打ち切りだ、つまらないと評価が割れる理由は?~

 今回は「ああっ女神さまっ」「逮捕しちゃうぞ」などで知られる藤島康介先生の最新作、「トップウGP」について紹介します。 トップウGPは世界最高峰のバイクレース「MoToGP」に挑む天才レーサーの少年時代を描いた作品で、リアルなバイクデザイン、レース描写で人気の高い作品です。 その一方で、一部の読者からは「つまらない」「打ち切り」といった声も囁かれており、その理由や実際のところどうなのかを中心に語っていきましょう。
文豪ストレイドッグス

文豪ストレイドッグス「田山花袋」~引きこもり中の武装探偵社元社員、死亡説の真相、意外な年齢、声優など~

 今回は大人気漫画「文豪ストレイドッグス」から、武装探偵社の元社員にして絶賛引きこもり中の「田山 花袋(たやま かたい)」について解説させていただきます。 田山花袋は武装探偵社を既に退職しているため、本作のレギュラーメンバーでこそありませんが、武装探偵社のメンバーからは今でも頼りにされており、折々で活躍を見せる重要人物。 本記事ではそんな田山花袋の人柄や異能力、作中での活躍などについて語っていきたいと思います。
レビュー

「今日のさんぽんた」感想~Twitterで公開され話題沸騰! 柴犬との日常を描いたショートコメディ~

 今回は「ゲッサン」で田岡りき先生が連載中の、バカな飼い主と柴犬ポン太の日常を描いたほのぼの漫画「今日のさんぽんた」を紹介します。 この作品は元々ゲッサンに掲載された読み切りをTwitterで公開したところ話題となり、その後連載が開始されたショートコメディ。 犬を飼ったことのある方なら誰しも感じたことのあるだろう、飼い主と犬とのコミュニケーションのズレが絶妙な間で描かれており、そのかわいさに思わず和んでしまいました。
ワールドトリガー

ワールドトリガー「唐沢克己」「鬼怒田本吉」「根付栄蔵」~怪しいけど有能! ボーダーを支える司令直下の三幹部~

 今回はジャンプスクエアで連載中の大人気漫画「ワールドトリガー」から、ボーダーを支える三幹部「唐沢 克己(からさわ かつみ)」「鬼怒田 本吉(きぬた もときち)」「根付 栄蔵(ねつけ えいぞう)」について解説します。 唐沢、鬼怒田、根付の3名は、現ボーダーが設立されたタイミングで城戸司令が直々にスカウトした優秀な人材で、現ボーダーの屋台骨。 怪しい雰囲気を漂わせ、主人公たちとは相反する立場をとることも多い彼らですが、それもボーダーという組織を思ってのことなのです。
レビュー

「只野工業高校の日常」感想~工業高校あるあるを詰め込んだ日常ショートコメディ、アニメ化はされるか?~

 今回はウルトラジャンプで連載中の日常系ショートコメディ「只野工業高校の日常」について紹介したいと思います。 日常系の漫画というと、かわいい女子4人ぐらいがワキャワキャするのが今のトレンドですが、本作の主人公たちは男。しかもタイトル通り工業高校生でヤンキー風。 本記事では意外とかわいい工業高校生たちの生態、そして彼らの日常に潜む笑いを描きだした「只野工業高校の日常」の魅力について深掘りしていくことにしましょう。
呪術廻戦

「呪術廻戦」天内理子~実は生きてる? 星漿体とは? 五条悟やメイドさんとの関係、その年齢など~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、五条悟の過去編に登場した悲運の少女「天内 理子(あまない りこ)」について解説したいと思います。 天内理子は星漿体と呼ばれる特殊体質を持つ重要人物。しかし本編開始11年前に伏黒甚爾の手にかかって死亡し、退場してしまいました。 しかし昨今発売されたファンブックでは、彼女の記載に微妙な含みがあり、ファンの間で復活・再登場の可能性が取りざたされています。 本記事ではその辺りの可能性も含め、語っていくことにしましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました