少年漫画

文豪ストレイドッグス

文豪ストレイドッグス「ルーシー・モード・モンゴメリ」~孤独でかわいい恋する乙女、その過去や敦との関係、元ネタなど~

 今回は大人気漫画「文豪ストレイドッグス」から、孤独でかわいい恋する乙女「ルーシー・モード・モンゴメリ」について解説させていただきます。 ルーシーは「白紙の本」を狙う組合(ギルド)の一員として登場し、当初は主人公たち武装探偵社と敵対していたキャラクター。 しかし最終的には組合を裏切って主人公の中島敦に味方してくれたサブヒロイン的な立ち位置の少女でもあります。 本記事ではルーシーの過去や敦との関係、その異能力などを中心に、彼女の魅力を深掘りしてまいります。
ハイキュー‼

「ハイキュー‼」烏養繋心(烏養コーチ)~名将の後継者、声優交代の経緯や最後のセリフ、名言など(鵜飼は誤字です)~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、名将烏養監督(✖鵜飼)の血を引く新生烏野高校のコーチ「烏養 繋心(うかい けいしん)」について解説します。 烏養コーチは名将烏養監督の孫で烏野高校バレー部のOB。 まだまだ指導者としては未熟ながら、顧問の武田先生とコンビを組み、烏野高校の奇人・変人・天才たちを教え導く熱血コーチです。 本記事では烏養コーチの基本プロフィールに加え、その人間関係やアニメ第3期途中で起きた声優交代の経緯などを中心に語っていこうと思います。
ワールドトリガー

ワールドトリガー「柿崎国治」~悩めるリア充・柿崎隊長、その実力(空閑との戦い)、人間関係(照屋・嵐山)、声優など~

 今回はジャンプスクエアで連載中の大人気漫画「ワールドトリガー」から、悩める体育会系リア充こと「柿崎 国治(かきざき くにはる)」について解説します。  柿崎はB級部隊柿崎隊の隊長。  気さくで誠実、面倒見が良く多くのボーダー隊...
弱虫ペダル

「弱虫ペダル」福富寿一~クズ・嫌い・弱いと散々な叩かれ方をした箱根学園主将、その理由、声優など~

 今回はアニメ化、実写化もされた大人気漫画「弱虫ペダル」から、ある事件によって読者から散々に叩かれた男「福富 寿一(ふくとみ じゅいち)」について解説します。 福富寿一は王者箱根学園の主将にして不動のエース。 登場当初は寡黙で実直な「強い男」として登場したものの、作中である過去の事件が判明したことであっという間にイメージが転落してしまった男です。 本記事では福富が何故読者から嫌われるのか、彼の良い面も悪い面もまとめて語ってみたいと思います。
ハイキュー‼

「ハイキュー‼」花巻貴大~青葉城西の攻守に優れたオールラウンダー、松川や及川との関係、その後の進路(転職中)、声優など~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、青葉城西の攻守に優れたオールラウンダー「花巻 貴大(はなまき たかひろ)」について解説します。 花巻は及川率いる青葉城西の3年生レギュラー。 決して目立つ存在ではありませんでしたが、冷静かつ堅実なプレーで青葉城西、及川を支えた名プレイヤーです。 本記事では花巻が物語の要所要所で見せる及川への熱い信頼やプライベートでも仲の良い松川とのコンビ、その後の進路などを中心にその魅力を語ってまいります。
ワールドトリガー

ワールドトリガー「仁礼光」~影浦隊のかわいいパワー型オペレーター、三輪秀次との関係(?)、弟、声優など~

 今回はジャンプスクエアで連載中の大人気漫画「ワールドトリガー」から、影浦隊のかわいいパワー型オペレーター「仁礼 光(にれ ひかり)」について解説します。 仁礼光はB級ランク戦における主人公たちのライバル、影浦隊のオペレータ―。 大雑把で適当な影浦隊の隊員たちに、より大雑把で適当な指示で喝を入れる影浦隊の実質的な支配者です。 本記事では仁礼のプロフィールや影浦隊メンバーとの関係、そして何故か根強い三輪秀次とのカップリングを中心に語ってみようと思います。
文豪ストレイドッグス

文豪ストレイドッグス「尾崎紅葉」~その異能力と過去、鏡花や森鴎外との関係、中也たちからの呼び方、声優など~

 今回は大人気漫画「文豪ストレイドッグス」から、ポートマフィアの頼れる姐さん「尾崎 紅葉(おざき こうよう)」について解説させていただきます。 尾崎紅葉はポートマフィアの幹部の一人であり、色気と人情溢れる大人の女性。 作中ではヒロインの泉鏡花のマフィア時代の姉貴分として彼女の身を案じる、優しくも不器用な人物として描かれていました。 本記事では尾崎紅葉の異能力やその過去、ボス・森鴎外らとの関係をまじえ、その魅力を深掘りしてまいります。
レビュー

「この世界は不完全すぎる」感想&評価(あらすじ・ネタバレ注意)~バグだらけのVR世界に閉じ込められたデバッガーの物語~

 今回は「コミックDAYS」で連載中、異色のデバッグファンタジー「この世界は不完全すぎる」について紹介します この作品は「SAO」などに代表されるRPG世界に閉じ込められた人々を描いた物語。 それ自体は今ではありふれた設定なのですが、「この世界は不完全すぎる」の特徴は主人公のハガがデバッガーで、舞台となるゲーム世界がバグだらけだというところ。 VRでNPCの思考ルーチンも非常に高度なのに初歩的なバグが満載で融通がきかない、変なところでリアルな「ゲーム世界」。本記事ではその魅力と謎に可能な限り迫っていきたいと思います。
ハイキュー‼

「ハイキュー‼」宇内天満~「小さな巨人」と呼ばれた日向の原点、バレーをやめた理由や月島兄との関係、漫画家としての今など~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、物語の原点「小さな巨人」と呼ばれた男「宇内 天満(うだい てんま)」について解説します。 宇内天満は主人公の一人・日向翔陽がバレーを始める切っ掛けとなった烏野高校のかつてのエース。 その存在は作中で半ば伝説のように語られていましたが、物語終盤、登場人物や読者の予想を裏切る意外な形で登場します。 本記事では「小さな巨人」宇内天満の現在やその後(バレーをやめた理由・漫画家)、彼が物語に与えた影響などを中心に語ってまいります。
ワールドトリガー

ワールドトリガー「外岡一斗(とのおかかずと)」~”チカオラ”を打ち抜いた男、弓場隊のスナイパーは隠密行動の名手、声優は~

 今回はジャンプスクエアで連載中の大人気漫画「ワールドトリガー」から、1人の時間を愛する弓場隊のスナイパー「外岡 一斗(とのおか かずと)」について紹介します。 外岡はB級ランク戦最終戦で、ライバル弓場隊の一員として登場したキャラクター。 クセの強い弓場隊の中にあって、チームメイトを調和させるために淡々と働く鰹出汁のようなスナイパー(作者評)です。 本記事では、目立たないながら戦局に大きく影響を及ぼした外岡のプロフィールや強さについて解説してまいります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました