少年漫画

チェンソーマン

「チェンソーマン」ロン~クァンシの愛人の一人、その正体は竜の魔人? 黒パワーとか言われてるが普通にかわいい~

 今回はその強烈すぎるストーリーとキャラクターで話題を攫った傑作漫画「チェンソーマン」より、”黒パワー”とも呼ばれた魔人「ロン」について解説します。 ロンはデンジの心臓を狙って中国から送り込まれた刺客・クァンシに従う4人の魔人の1人。 アクの強い魔人たちの中では比較的スタンダード(?)でクセのないキャラクターです。 他の連中のキャラが濃すぎたせいで作中では今一つ目立てなかったロン。 本記事ではそんな彼女のプロフィールや能力、その正体や最期を中心に解説してまいります。
チェンソーマン

「チェンソーマン」トーリカ~師匠の正体はサンタクロース、おじいちゃんや人形の悪魔との関係について解説~

 今回はその強烈すぎるストーリーとキャラクターで話題を攫った傑作漫画「チェンソーマン」より、ソ連からの刺客「トーリカ」について解説します。 トーリカはデンジの心臓を狙って送り込まれたソ連からの刺客。 師匠と慕う女性の穏やかな余生のために奮闘する健気な男でしたが、最後はその師匠に文字通り操り人形として利用されてしまいます。 本記事ではそんなトーリカのプロフィールや師匠の正体、ドイツからの刺客サンタクロース(おじいちゃん)や人形の悪魔との関係性を中心にかいせつしてまいります。
呪術廻戦

「呪術廻戦」三代六十四(みよろくじゅうし)~真希の師匠ポジに収まった相撲好きの河童、その強さ(術式)や作中での活躍など~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、真希の師匠ポジに収まった相撲好きの河童「三代六十四(みよろくじゅうし)」について解説していきたいと思います。 三代六十四は死滅回遊編で登場した泳者の一人にして受肉体。 ただ相撲をとることにしか興味がない究極の自由人です 作中では真希が真の鬼人へと至る切っ掛けを作った三代六十四。 本記事ではそんな河童のプロフィールや正体、その強さや能力を中心に深掘りしてまいります。
チェンソーマン

「チェンソーマン」ピンツイ~”ふたくち”ちゃんとも呼ばれたお喋りな魔人、その正体や最期(人形化)、中国語の意味など~

 今回はその強烈すぎるストーリーとキャラクターで話題を攫った傑作漫画「チェンソーマン」より、”ふたくち”ちゃんとも呼ばれた魔人「ピンツイ」について解説します。 ピンツイはデンジの心臓を狙って送り込まれた刺客・クァンシに従う4人の魔人の1人。 4人の中では最も知性が高く、魔人たちのまとめ役として振舞っていました。 作中では何の魔人なのか明かされず仕舞いだったピンツイ。 本記事ではそんな彼女の能力や正体、その最期(死亡+人形化)などを中心に深掘りしてまいります。
レビュー

「幼稚園WARS」感想(ネタバレ注意)~「ジャンプ+」でインディーズ連載を勝ち取った期待作、作者の千葉侑生はどんな人?~

 今回は「ジャンプ+」でインディーズ連載を勝ち取った期待作「幼稚園WARS(ようちえんうぉーず)」について解説します。 「幼稚園WARS」は世界の重鎮の子が通うブラック幼稚園を舞台に、子供たちを狙って襲い来る殺し屋たちを元犯罪者の特殊教諭たちが返り討ちにしていく痛快コメディ作品。 殺伐としたバトルにほのぼのした絵、幼稚園児レベルの恋愛要素がほど良いアクセントとなった良作です。 本記事では「幼稚園WARS」のあらすじや主な登場人物、作者の紹介などを踏まえ、その魅力を深掘りしてまいります。
ダンダダン

「ダンダダン」白鳥愛羅(アイラ)~かわいいけどヤベー女、母親とアクロバティックさらさらとの関係など~

 今回は「ジャンプ+」で連載中のオカルティックラブコメ「ダンダダン」より、かわいいけどやヤベー女「白鳥 愛羅(しらとり あいら)」について解説します。 白鳥愛羅は主人公のオカルンやモモと同じ高校に通う女子高生。 オカルンの玉を拾って霊力に目覚め、自分が美少女過ぎるので世界を救う力が与えられたと思い込んだヤベー女です。 一方で妖怪「アクロバティックさらさら」と母親のエピソードでは泣いたという読者も多かった白鳥愛羅。 本記事ではそんな彼女のプロフィールや、母親、アクロバティックさらさらとの関係を中心に解説してまいります。
ダンダダン

「ダンダダン」ジジ(円城寺仁)~邪視に憑りつかれたウザチャラ男、霊力に関しては天才的? 鬼頭家との因縁~

 今回は「ジャンプ+」で連載中のオカルティックラブコメ「ダンダダン」より、邪視に憑りつかれた少年「ジジ(本名:円城寺仁)」について解説します。 ジジは主人公の一人・綾瀬桃の初恋の少年。 イケメンでハイスペックではありますが、かなりウザイタイプの残念なチャラ男です。 しかし中身は非常に気の良い少年で、霊力に関しても天才的な資質を秘めていることが後に判明していきます。 本記事ではそんなジジのプロフィールや過去、彼に憑りついた妖怪・邪視との関係性を中心に解説してまいります。
レビュー

「限界煩悩活劇オサム」感想&評価~読み切り「腐女子除霊師オサム」が連載化、作者は新人じゃない?~

 今回は「ジャンプ+」で好評連載中のギャグ漫画「限界煩悩活劇オサム」について紹介します。 「限界煩悩活劇オサム」は「腐」の怨霊を祓うことに特化した腐女子陰キャオタク系除霊師・乾オサムの活躍(?)を描いた物語。 除霊をテーマにしている割に暗い要素は欠片もなく、オタクとオタクが自分のクソデカ感情をぶつけ合う非常にコミカルな作品となっています。 作品としてのクオリティが高く、読み切り掲載時には作者の経歴にも注目が集まっていました。 本記事では「限界煩悩活劇オサム」のあらすじや主な登場人物の解説を交えつつ、その魅力を語ってまいります。
ダンダダン

「ダンダダン」ターボババア~かわいい招き猫になってしまったババア妖怪、その強さや過去(ネタバレ注意)など~

 今回は「ジャンプ+」で連載中のオカルティックラブコメ「ダンダダン」より、主人公・オカルンの力の元となった妖怪「ターボババア」について解説します。 ターボババアは「ダンダダン」で最初に登場したオカルト事案。 オカルンたちに撃退された後は招き猫の人形にその意識を移し、口の悪いマスコットキャラとして活躍しています。 名前の滑稽さに反し、意外と強力な大妖怪だったターボババア。 本記事ではそんなターボババアのプロフィールや元ネタ、その強さ、過去について解説してまいります。
ダンダダン

「ダンダダン」綾瀬桃(モモ)~かわいいギャル系超能力少女、オカルン(高倉健)との関係に進展は?~

 今回は「ジャンプ+」で連載中のオカルティックラブコメ「ダンダダン」より、主人公の一人「綾瀬 桃(あやせ もも)」について解説します。 綾瀬桃は宇宙人に襲われたことが切っ掛けで念力に目覚めた超能力少女。 作中ではオカルト絡みのトラブルに巻き込まれ、もう一人の主人公・根暗オタク少年のオカルンと共に宇宙人や幽霊と激闘を繰り広げていきます。 見た目はギャル系ですが、情に厚くて意外と純情。 本記事ではそんな綾瀬桃のプロフィールや超能力、人間関係を中心にその魅力を深掘りしてまいります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました