少年漫画

レビュー

「アキナちゃん神がかる」感想&評価(ネタバレ注意)~漫画家によるトンデモ地方創生奇譚?あらすじ、主な登場人物など~

 今回は「デトロイト・メタル・シティ」で知られる若杉公徳先生の新作「アキナちゃん神がかる」について解説します。 この作品はプロの漫画家アキナちゃんが、自分を襲った謎現象を切っ掛けに故郷に戻り、隠(オヌ)という怪異の戦いに巻き込まれていくとんでもオカルトストーリー。 若杉先生らしいシュールでクセの強い作品です。 本記事では「アキナちゃん神がかる」のあらすじや主な登場人物について、一部ネタバレも交えて解説してまいります。
怪物事変

「怪物事変」作者/藍本松~プロフィール(誕生日、出身地など)や素顔(美人)、結婚相手~

 今回は「怪物事変」の作者「藍本松(あいもとしょう)」先生について解説します。 「怪物事変」はジャンプスクエアで連載中の、アニメ化もされた人気作。 その作者である藍本松先生は、連載開始当初まだ20代の女性でした。 若いころから順調にキャリアを積み重ね、2023年には結婚も発表された藍本松先生。 本記事ではそんな女性漫画家のプロフィールや素顔、過去作などを中心に解説してまいります。
その他

「衛藤ヒロユキ」~「魔法陣グルグル」作者のプロフィール(素顔)と現在、有名なドラクエ4コマ、荒川弘との関係~

 今回は「魔法陣グルグル」の作者「衛藤ヒロユキ」先生について解説します。 衛藤ヒロユキ先生は「月刊少年ガンガン」の黎明期から活動しておられる男性漫画家。 シュールで独特なギャグが持ち味で、漫画家以外にもDJとしての顔を持つ多才な作家さんです。 ハガレンの作者・荒川弘先生の師匠としても知られる衛藤ヒロユキ先生。 本記事ではそんな先生のプロフィールや素顔を中心に深堀りしてまいります。
SAKAMOTO DAYS

「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」麻樹栖(あさきせい)~現殺連会長にしてラスボス候補、有月との因縁~

 今回は主人公が「安西先生そっくり」と話題の殺し屋アクションコメディ「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」から、現殺連会長「麻樹 栖(あさき せい)」について解説します。 麻樹栖は8年前に前殺連会長を暗殺し、現在の地位に就いた殺し屋界のトップ。 スラー(有月)一派と因縁があり、彼らが殺連と敵対する原因でもあります。 現時点で物語のラスボス候補と目されている麻樹。 本記事ではそんな彼のプロフィールや強さ、スラーとの過去を中心に解説してまいります。
レビュー

「人類蝕」感想&評価(ネタバレ注意)~「生者の行進Revenge」コンビが描くスリラー、あらすじ、主な登場人物~

 今回は「生者の行進Revenge」のみつちよ丸先生と佐藤祐紀先生のコンビが描くスリラーサスペンス「人類蝕」について解説します。 この作品は人の身体を乗っ取る正体不明の怪物「マミリーさん」と、その怪物を巡る事件に巻き込まれてしまった少年たちの物語。 ホラー的な要素は勿論、主人公コンビの成長と奮闘が大変魅力的な作品です。 作者の前作「生者の行進Revenge」とも地続きとなっている「人類蝕」。 本記事ではそのあらすじや登場人物の解説をまじえつつ、その魅力を深掘りしてみようと思います。
ワンパンマン

「ワンパンマン」マナコ~怪人協会編で登場した単眼怪人、正体(女・ギョロギョロ)、その後どうなった(死亡・生きてる)~

 今回は「ONE」先生原作の大人気作品「ワンパンマン」から、怪人協会編で登場した単眼怪人「マナコ」について解説したいと思います。 マナコは怪人協会編で下っ端怪人として登場し、フラッシュとサイタマに案内役としてこき使われたキャラクター。 原作には登場しないリメイク版オリジナルキャラクターです。 その意外な正体が判明して以降、一部ファンからはヒロイン扱いされることも多いマナコ。 本記事ではそんなマナコのプロフィールや正体、作中での活躍とその後どうなったかを中心に解説してまいります。
呪術廻戦

「呪術廻戦」竜胆サキ(誰?)~ファントムパレード登場のヒロイン、その術式(強さ)、本編では死亡して呪具に?~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、アプリ版「ファントムパレード」に登場するオリキャラ「竜胆 サキ(りんどう さき)」について解説していきたいと思います。 竜胆サキはファンパレで呪術高専福岡分校に所属する1年生。 分かりやすいヤンキー少女で、作中では当初ツンツンしていたものの、より上位のスジモノである釘崎に懐くことになります。 一部ファンの間では本編の世界線では死亡して呪具になっているのではとも噂される竜胆サキ。 本記事ではそんな彼女のプロフィールや術式(強さ)、噂の経緯などを中心に解説してまいります。
ワールドトリガー

「ワールドトリガー」漆間隊~戦闘員1名、オペレーター1名の最小部隊、その強さと戦術、メンバーの関係など~

 今回はジャンプスクエアで連載中の大人気漫画「ワールドトリガー」から、ボーダー唯一の戦闘員1名部隊「漆間隊」について解説します。 漆間隊はB級ランク戦終了時点でB級14位(中位)に位置する部隊。 ランク戦では主人公たち玉狛第二と対戦する機会がなく、遠征選抜試験編でようやく作中に登場しました。 その強さや部隊が結成された経緯など、何かと謎の多い漆間隊。 本記事では漆間隊のこれまでに判明している部隊の概要やメンバー情報、強さ(戦術)を中心に解説してまいります。
ハイキュー‼

「ハイキュー‼」手白球彦(てしろたまひこ)~度胸と冷静さを備えた音駒の控えセッター、天井サーブ、その後の進路など~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、音駒の控えセッター「手白 球彦(てしろ たまひこ)」について解説します。 手白球彦は烏野高校因縁のライバル、音駒高校の1年生。 研磨という正セッターの陰に隠れ作中ではあまり登場機会に恵まれませんでしたが、「ゴミ捨て場の決戦」では重圧のかかるシーンで登場し、しっかり自分の仕事を果たしていました。 はっきりものを言える冷静さと度胸が売りの手白球彦。 本記事ではそんな手白のプロフィールに加え、作中での活躍や登場シーンを中心に解説していこうと思います。
呪術廻戦

「呪術廻戦」領域展延とは?~簡易領域・落花の情との違い、その難易度や使い手、生得術式中和の理屈と防御性能~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、五条悟の無下限呪術への対抗手段として登場した「領域展延」について解説していきます。 領域展延とは術式を付与しない領域を身に纏うことで相手の術式や領域の必中効果を中和する高等技術。 これを用いれば五条悟の無下限の守りすら突破することが可能です。 簡易領域や落花の情など類似技術が存在し、中々区別が難しい領域展延。 本記事では領域展延の詳細や類似技術との違い、その使い手などを中心に解説してまいります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました