ブループリオド

「ブルーピリオド」鮎川龍二(ユカちゃん)~可愛すぎる女装男子、好きな人は男or女? 受験編のその後や名言など~

 今回は山口つばさ先生が「アフタヌーン」で連載中の青春アートストーリー「ブルーピリオド」から、可愛すぎると評判の女装男子「鮎川 龍二(あゆかわ りゅうじ)」について解説します。 鮎川龍二は主人公・矢口八虎の高校の同級生であり、八虎が絵に取り組む切っ掛けを作った人物。 生物学上の性別は男性ですが、心は乙女(?)で見た目は美少女、周囲からは「ユカちゃん」と呼ばれています。 一見するとしっかり自分を持っているように見えますが、実はとても脆くて流されやすいユカちゃん。 本記事ではそんな彼(彼女?)のプロフィールや好きな人、作中での葛藤や名言を中心に解説してまいります。
アオアシ

「アオアシ」阿久津渚~クズからいい奴への印象変化が著しい”狂犬”、母親との過去、モデルとなったサッカー選手など~

 今回は「ビッグコミックスピリッツ」で連載中の大人気サッカー漫画「アオアシ」から、東京エスペリオンユースの狂犬「阿久津 渚(あくつ なぎさ)」について解説します。 阿久津渚は主人公のアシトが所属するJユースチームの1学年上の先輩。 傲慢かつダーティーな言動の目立つ男ですが、そのCBとしての実力は世代トップクラスです。 強靭なフィジカルと高い戦術能力の持ち主で、作中後半はアシトの良き指導役となっていました。 本記事では、登場当初は「クズ」そのものだったにも関わらず、後半がらっと印象が変わった阿久津渚のプロフィールや過去を中心にその魅力を深掘りしてまいります。
ブループリオド

「ブルーピリオド」高橋世田介~男だけど正ヒロイン? 歪でかわいい天才少年のプロフィールや母親との関係など~

 今回は山口つばさ先生が「アフタヌーン」で連載中の青春アートストーリー「ブルーピリオド」から、歪でかわいい本作の正ヒロイン(?)「高橋 世田介(たかはし よたすけ)」について解説します。 高橋世田介は東京美術学院(予備校)で主人公の八虎が出会った天才少年。 図抜けた絵の才能を持つものの、コミュニケーション能力に難が有り、非常に幼く危なっかしいパーソナリティーの持ち主です。 主人公の八虎とは対照的なキャラクターで、それ故に作中では互いに強烈に意識し合うことに。 本記事では男にも関わらずファンからヒロイン扱いされる高橋世田介のプロフィールや苦悩を中心に解説してまいります。
アオアシ

「アオアシ」一条花(花ちゃん)~アシトとの関係はいつ進展する? キスシーンや「愛してる」発言、栗林との関係は?~

 今回は「ビッグコミックスピリッツ」で連載中の大人気サッカー漫画「アオアシ」から、かわいいと評判の直球系ヒロイン「一条 花(いちじょう はな)」について解説します。 一条花は主人公のアシトが所属するJユースチームの監督を務める福田の義理の妹であり、スポーツ外科医を志す美少女。 作中では比較的初期からアシトのことを異性として意識し、キスシーンや大胆な発言をしていましたが、中々アシトとくっつく様子がありません。 本記事ではそんな一条花の魅力について、アシトとの関係を中心に深掘りしていこうと思います。
ブループリオド

「ブルーピリオド」橋田悠~社交的な高身長おさげ男子、プロフィール(誕生日、声優など)や名言、大学はどこ?~

 今回は山口つばさ先生が「アフタヌーン」で連載中の青春アートストーリー「ブルーピリオド」から、社交的な高身長おさげ男子「橋田 悠(はしだ はるか)」について解説します。 橋田悠は東京美術学院(予備校)で主人公の八虎たちと共に美大受験に取り組んだ少年。 この作品のキャラクターとしては珍しく、自分自身が絵を描くことにはそれほど熱意がなく、他人の絵を鑑賞することに情熱を燃やしていました。 藝大受験も受験生の絵を見たいがためという、変わった理由でしたね、 本記事ではそんな橋田悠のプロフィール(誕生日、身長など)や進路(大学)、作中での名言を中心に解説してまいります。
ワールドトリガー

ワールドトリガー「トリオン」~トリオン量は戦闘にどう影響する? 平均値は? 増えるの? 素朴な疑問を徹底解説~

 今回はワールドトリガーから、この物語の根幹をなす「トリガー技術」の動力源「トリオン」について解説します。 トリオンとはトリガーを起動させるための生体エネルギー。 このトリオンを生み出す能力こそがボーダー隊員やネイバーが戦う上では最も重要視され、その優劣がトリガー(武器)の出力を左右します。 しかしこのトリオンに関しては、関連する用語が輻輳しており、やや分かりにくい部分も。 本記事では、そもそもトリオンとは何か、その平均値や後天的な増加、具体的な戦闘への影響について解説してまいります。
ブループリオド

「ブルーピリオド」桑名マキ~受験編のヒロイン? 東京藝術大学に落ちた理由と彫刻科合格までの経緯、名言~

 今回は山口つばさ先生が「アフタヌーン」で連載中の青春アートストーリー「ブルーピリオド」から、受験編のヒロイン的存在とされる「桑名 マキ(くわな まき)」について解説します。 桑名マキは東京美術学院(予備校)で主人公の八虎たちと共に藝大受験に取り組んだ少女。 予備校のコンクールでは連続して1位を取るなど高い絵の実力の持ち主で、未熟な八虎にとっては仲間であると同時に追いかけるべき目標の一人として描かれていました。 作中では周囲からの評価は高かったものの藝大不合格となってしまった桑名マキ。 本記事ではそんな彼女のプロフィールや魅力、藝大不合格の理由とその後を中心に解説してまいります。
ワンパンマン

「ワンパンマン」ホームレス帝~神に力を与えられた怪人の正体、強すぎる神通力はワクチンマンと同種? その最期(死亡)~

 今回は「ONE」先生原作の大人気作品「ワンパンマン」から、その圧倒的な神通力と正体で話題となった「ホームレス帝」について解説したいと思います。 ホームレス帝は怪人協会の幹部の一人として登場したキャラクター。 見た目は貧相なホームレスそのものですが、その正体はS級ヒーローをも凌ぐ強力な神通力を操る極めて強力な怪人です。 作中ではその実力以上に、彼に力を与えた存在との繋がり・正体にスポットが当たっていたホームレス帝。 本記事ではそんな彼の怪人化の経緯や強さ、その最期(死亡)を中心に語ってまいります。
ブループリオド

「ブルーピリオド」村井八雲~モデルは川田龍? かっこいいと話題のデカい物好きアーティストのプロフィール~

 今回は山口つばさ先生が「アフタヌーン」で連載中の青春アートストーリー「ブルーピリオド」から、デカいもの好きヤンキー芸大生「村井 八雲(むらい やくも)」について解説します。 村井八雲は主人公の八虎と同期で藝大の油画科に入学した男子学生。 タトゥーにピアス、ちゃらんぽらんな言動と見た目はヤンキーそのものですが、実は入試成績次席でアートの知識も豊富な実力派です。 八虎のことを気に入り、作中では色んなところでアドバイスをくれる頼れる八雲。 本記事ではそんな彼のプロフィールやモデルとされる作家などを中心にその魅力を深掘りしてまいります。
SAKAMOTO DAYS

「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」作者/鈴木祐斗~藝大出身、迫力あるアクションシーンで話題の新鋭~

 今回は主人公が「安西先生そっくり」と話題の殺し屋アクションコメディ「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」から、作者「鈴木 祐斗(すずき ゆうと)」先生について解説します。 鈴木祐斗先生は迫力あるアクションシーンに定評のある漫画家。 難関で知られる東京藝術大学の出身で、その卓越したカメラワークにはしばしば同業者からも賞賛の声が上がっています。 一方で鈴木先生は漫画家としての経歴は浅く、あまり情報が公開されていません。 本記事ではそんな先生のプロフィールや素顔、アクションシーンのテクニックを中心に解説してまいります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました