ダンジョン飯

「ダンジョン飯」ヤアド~デルガル王の孫、人形に閉じ込められた経緯と肉体の喪失、最後(その後)はメリニの宰相に~

 今回は魔物食という異色のテーマを扱う人気作「ダンジョン飯」から、黄金郷の住人にして国王デルガルの孫「ヤアド」について解説します。 ヤアドは幼い見た目ながら、狂乱の魔術師がかけた不老不死の呪いにより千年以上生きている古代の住人。 作中では人形に封じられたり身体を失ったりしながらも、ライオスが狂乱の魔術師を倒し黄金郷を救う手助けをします。 最終的に悪食王ライオスのもとでメリニの宰相となったヤアド。 本記事ではそんな彼のプロフィールや人間関係、作中での活躍とその後を中心に解説してまいります。
レビュー

「アキナちゃん神がかる」感想&評価(ネタバレ注意)~漫画家によるトンデモ地方創生奇譚?あらすじ、主な登場人物など~

 今回は「デトロイト・メタル・シティ」で知られる若杉公徳先生の新作「アキナちゃん神がかる」について解説します。 この作品はプロの漫画家アキナちゃんが、自分を襲った謎現象を切っ掛けに故郷に戻り、隠(オヌ)という怪異の戦いに巻き込まれていくとんでもオカルトストーリー。 若杉先生らしいシュールでクセの強い作品です。 本記事では「アキナちゃん神がかる」のあらすじや主な登場人物について、一部ネタバレも交えて解説してまいります。
ダンジョン飯

「ダンジョン飯」ケン助~その正体と最後(ネタバレ注意)、その活躍とドラゴンからの逃亡、翼獅子との関係など~

 今回は魔物食という異色のテーマを扱う人気作「ダンジョン飯」から、ライオスの愛剣「ケン助」について解説します。 ケン助とは「動く鎧」が棲みついた剣。 ライオスが折れた剣の代わりとして愛用していており、作中ではその危機察知能力によりパーティーの危機を救っています。 一方で所詮は魔物であり、強敵との戦いでは逃亡してパーティーを危険に晒したり、悪魔に操られたりと良くも悪くも存在感を発揮していたケン助。 本記事ではそんなケン助の正体や作中での活躍、最後などを中心に解説してまいります。
その他

「羽海野チカ」~「ハチクロ」「3月のライオン」作者、そのプロフィールや素顔、人間関係など~

 今回は「ハチミツとクローバー」「3月のライオン」の作者「羽海野チカ」先生について解説します。 羽海野チカ先生は優しい画風と心打つ人間模様が特徴の言わずと知れた大人気漫画家。 漫画以外にイラストやキャラクターデザインなどを担当することも多く、最近ではFGOに「オベロン」を寄稿したことでも話題となりました。 本記事では羽海野チカ先生のプロフィールや素顔、その独特な人間関係(マフィア梶田)などを中心に解説してまいります。
ダンジョン飯

「ダンジョン飯」タンス夫妻~ナマリの雇い主で島主の相談役を務めるノームの魔術師、人間関係やその後(最後)~

 今回は魔物食という異色のテーマを扱う人気作「ダンジョン飯」から、ナマリの雇い主「タンス夫妻」について解説します。 タンス夫妻は迷宮の調査を行うノームの魔術師。 夫:タンス・フロッカと妻:ヤーン・フロッカの夫妻ですが、作中ではフロッカ夫妻ではなくタンス夫妻と呼称されています。 やや頑固で気難しいところはあるものの、身内に対しては優しく、思慮深い賢者として描かれているタンス夫妻。 本記事ではそんな彼らのプロフィールや人間関係、その後(最後)を中心に解説してまいります。
怪物事変

「怪物事変」作者/藍本松~プロフィール(誕生日、出身地など)や素顔(美人)、結婚相手~

 今回は「怪物事変」の作者「藍本松(あいもとしょう)」先生について解説します。 「怪物事変」はジャンプスクエアで連載中の、アニメ化もされた人気作。 その作者である藍本松先生は、連載開始当初まだ20代の女性でした。 若いころから順調にキャリアを積み重ね、2023年には結婚も発表された藍本松先生。 本記事ではそんな女性漫画家のプロフィールや素顔、過去作などを中心に解説してまいります。
ダンジョン飯

「ダンジョン飯」ミックベル~カブルー一行の守銭奴ハーフフット、クロやチルチャックとの関係など~

 今回は魔物食という異色のテーマを扱う人気作「ダンジョン飯」から、守銭奴ハーフフット「ミックベル」について解説します。 ミックベルは主人公のライオスたちとは別にダンジョン攻略を目指すカブルー一行の鍵師。 中性的で可愛らしい見た目をしていますが、性別は男で現代人換算だと年齢もそこそこいっています。 同じハーフフットのチルチャックとは対照的に他者に媚びたり騙すことに躊躇いのないミックベル。 本記事ではそんな彼のプロフィールや人間関係、その後どうなったかなどを中心に解説してまいります。
その他

「クロマツテツロウ」~「ドラフトキング」「ベー革」で知られる野球漫画の名手、その師匠や病気入院による休載~

 今回は「ドラフトキング」「ベー革」の作者「クロマツテツロウ」先生について解説します。 クロマツテツロウ先生は元高校球児で現在も草野球チームでプレーを続ける野球漫画の名手。 特徴的な作画でハロルド作石が師匠なのではと噂されたこともあります。 2023年には病気入院による休載なども経験されたクロマツテツロウ先生。 本記事ではそんな先生のプロフィールや素顔、師匠や休載経緯(病名)などを中心に解説してまいります。
レビュー

「ねずみの初恋」感想&評価(ネタバレ注意)~純粋だからこそ残酷で切ない恋物語、あらすじ、主な登場人物など~

 今回は大瀬戸陸先生がヤングマガジンで連載中の「ねずみの初恋」について解説します。 この作品はヤクザに殺し屋として育てられた少女・ねずみと、普通の少年・碧(あお)の恋を描いた物語。 純粋だからこそ残酷で、醜悪だからこそ人を引き付ける、読んでいてヒリヒリするような世界観が特徴です。 作画のかわいらしさを物語が見事の裏切ってくるこの「ねずみの初恋」。 本記事ではあらすじや登場人物の解説を踏まえ、その魅力を深堀していこうと思います。
その他

「秦三子」~「ハコヅメ」「だんドーン」作者のプロフィール(年齢、出身地)、夫(警察官、死因)など~

 今回は「ハコヅメ」「だんドーン」の作者「秦三子(やすみこ)」先生について解説します。 秦三子先生は元警察官という異色の女性漫画家。 漫画未経験から半年でデビュー、デビュー作がいきなりメガヒットという言葉にするとすさまじい経歴の持ち主です。 一方で、プライベートについては分からない部分の多い秦三子先生。 本記事ではそんな女性漫画家のプロフィールや素顔を中心に深堀りしてまいります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました