弱虫ペダル

「弱虫ペダル」高田城礼~永らくフルネームが明かされなかった箱根学園の頭脳、初登場やプロフィール(声優・自転車など)~

 今回はアニメ化、実写化もされた大人気漫画「弱虫ペダル」から、箱根学園の新エースアシスト「高田城 礼(たかだじょう れい)」について解説します。 高田城礼は作中3年目における王者箱根学園3人目の男です。 メンバー全員がエースという箱根学園では珍しい、影が薄めの頭脳派タイプ。 実は比較的初期から登場していたのですが、永らくフルネームが明かされず、一部で「高田 城」がフルネームだと勘違いされていた不遇の男です。 本記事ではそんな高田城礼のプロフィールや人間関係、作中での活躍を中心に解説していきます。
ワールドトリガー

ワールドトリガー「バイパー(変化弾)」~扱いは難しいが華のある弾丸トリガー、その長所と短所、その技巧と主な使い手~

 今回はワールドトリガーから、ワ民に「使ってみたい弾丸トリガーは?」と聞くと名前が上がることが多い「バイパー(変化弾)」について解説します。 ワールドトリガーは集団戦の要素が強いSFバトル作品で、作中で実際に活躍している武器(=トリガー)の多くは一点モノの特殊な武器ではなく、汎用品のノーマルトリガー。 バイパーとは、そんなノーマルトリガーの中で最も扱いが難しいトリガーの一つであり、同時に最も華のある中距離戦向け弾丸トリガーです。 本記事では浪漫武器バイパーの性能や技巧、主な使い手を中心に解説してまいります。
チェンソーマン

「チェンソーマン」荒井ヒロカズ~心優しき新人デビルハンター、死亡後は暴力の魔人に?~

 今回はその強烈すぎるストーリーとキャラクターで話題を攫った傑作漫画「チェンソーマン」より、公安の貴重な常識人枠「荒井ヒロカズ」について解説します。 荒井ヒロカズは東山コベニのバディとして登場した新人デビルハンターです。 デビルハンターとしての才能はありませんが、心優しい好青年でやる気だけは十分。 作中ではデンジとも打ち解け、これからというタイミングであっさり死亡してしまいました。 本記事では荒井ヒロカズのプロフィールや作中での活躍、死亡の経緯とその後を中心に深掘りしてまいります。
ワールドトリガー

ワールドトリガー「尼倉亜澄」~ボーダー唯一の観測手(スポッター)、スナイパーの天敵とされるその役割とは?~

 今回はジャンプスクエアで連載中の大人気漫画「ワールドトリガー」から、ボーダー唯一の観測手(スポッター)「尼倉 亜澄(あまくら あすみ)」について解説します。 尼倉亜澄は県外にスカウト活動に出ていて永らく本編未登場となっていたA級8位部隊片桐隊の一員。 活発で明るい雰囲気の少女ですが、スポッターという特異なポジションも含め、まだまだ不明な点の多い隊員です。 本記事では彼女の基本プロフィールや強さに加え、片桐隊加入の経緯や葦原先生のデビュー作「ROOM303」との繋がりなどを中心に深掘りしてまいります。
レビュー

「ニラメッコ」感想&評価(ネタバレ注意)~「うらみちお兄さん」の久世岳が送る若手芸人たちの苦楽を描いた青春コメディ~

 今回は「うらみちお兄さん」で知られる久世岳先生の最新作「ニラメッコ」について紹介します。 「ニラメッコ」はシェアハウスで暮らす若手お笑い芸人たちの苦楽と悲哀を描いたコメディ作品。 華々しい「笑い」の裏で、売れない、誹謗中傷、相方や恋人との関係、将来の不安など、様々な苦悩を抱える若者たちの青春群像劇となっています。 本記事では、あらすじや登場人物の紹介を交えつつ、そのちょっぴり闇深い魅力について深掘りしてまいります。
ブラッククローバー

「ブラッククローバー」ドロシー・アンズワーズ~珊瑚の孔雀団長はかわいいハイテンションオネーサン(27歳)~

 今回は少年ジャンプの大人気漫画「ブラッククローバー」から、かわいいハイテンションオネーサン「ドロシー・アンズワーズ」について解説します。 ドロシーは魔法騎士団の一つ「珊瑚の孔雀」の団長。 登場当初は常に寝てばかりの不思議系少女として描かれていましたが、その本性はハイテンションで明るい愉快なオネーサン(27歳)。 「夢」という本作屈指のチート魔法の使い手です。 本記事ではドロシーの基本プロフィールや強さ(魔法)、作中での活躍(戦歴・ノエルとのやりとり)を中心に解説していきます。
ワンパンマン

「ワンパンマン」災害レベル一覧~狼・虎・鬼・竜・神、その定義と5段階それぞれの目安について解説~

 今回は「ONE」先生原作の大人気作品「ワンパンマン」から、作中で使用される重要ワード「災害レベル」について解説します。 ワンパンマン世界において「怪人」とは「天災」の一種。 怪人たちは皆、その危険度を5段階の「災害レベル」によって表されています。 とは言えこの指標、最強クラスの怪人は一括りに「竜」とか「竜以上」とかにされていたり、凄く強い怪人が「鬼」にされていたり、基準がかなり曖昧。 本記事では改めて災害レベルの定義や目安について深掘りしてまいります。
ワールドトリガー

ワールドトリガー「弧月」~基本性能に長けた傑作トリガー、その使い手やオプショントリガーなどを深掘り~

 今回はワールドトリガーから、ボーダーで最も多くのアタッカー(攻撃手)から愛用される傑作トリガー「弧月(こげつ)」について解説します。 ワールドトリガーにはブラックトリガーなどの規格外の性能を持ったトリガー(=武器)は多数登場しますが、実際に作中で最も活躍しているのは汎用品のノーマルトリガー。 その中で最も信頼度が高く、活躍シーンの多いトリガーの一つに挙げられるのが「弧月」です。 本記事では弧月の性能や専用オプション、その主な使い手などを中心に深掘りしてまいります。
文豪ストレイドッグス

文豪ストレイドッグス「小栗虫太郎」~「隠滅屋」と呼ばれる情報操作のプロ、異能力「完全犯罪」とは?~

 今回は大人気漫画「文豪ストレイドッグス」から、「隠滅屋」と呼ばれる情報操作のプロ「小栗 虫太郎(おぐり ちゅうたろう)」について解説させていただきます。 小栗虫太郎は元々ドストエフスキーに協力して犯罪の隠ぺいを行っていた異能力者。 探偵殺しとも言うべき「完全犯罪」の異能力を有していましたが、江戸川乱歩との対決に敗れ、ドストエフスキーに裏切られた後は、武装探偵社の協力者となっています。 本記事ではそんな小栗虫太郎のプロフィールや過去(七號機関)、作中での活躍などを中心に語ってまいります。
レビュー

「新約カニコウセン」感想&評価(ネタバレ注意)~「蟹工船」をSFリメイク? これもう「蟹」じゃねぇし!~

 今回はプロレタリア文学の傑作「蟹工船」をSFリメイクした問題作「新約カニコウセン」について紹介します。 「新約カニコウセン」は全ての海が蒸発し、巨大水棲生物たちが空を飛ぶ架空未来を舞台に、蟹工船で働かされる底辺労働者たちの苦悩と闘争を描いた物語。 小林多喜二の「蟹工船」のテイストは残しつつ、世界観を大胆にリメイクした問題作です。 本記事では「新約カニコウセン」のあらすじ(原作の解説含む)や登場人物の紹介を交えつつ、その魅力を深掘りしていきたいと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました