ハイキュー‼

ハイキュー‼

「ハイキュー‼」瀬見英太~自己主張の強い白鳥沢の控えセッター、白布との関係、私服、声優、その後の進路など~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、チームに合っていないと理解していながら自分のスタイルを貫いた男「瀬見 英太(せみ えいた)」について解説します。 瀬見は宮城県の絶対王者・白鳥沢学園の3年生で、実力はあるにもかかわらず、ある理由から控えに回っているキャラクターです。 そのため他の白鳥沢の主力選手と比べると作中での活躍は少なかったものの、その潔いスタイルは読者の心に大きなインパクトを残しました。 本記事では白布に正セッターを奪われた理由やメンバーとの関係、その後の進路などを中心に瀬見について深掘りしてまいります。
ハイキュー‼

「ハイキュー‼」山本猛虎~モヒカンヘッドが眩しい音駒のエース、妹の山本あかね、その後の進路(プロ入り)、声優など~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、守りの音駒高校の2年生エース「山本 猛虎(やまもと たけとら)」について解説します。 山本猛虎は主人公たち烏野高校宿命のライバル、音駒高校でエースとして活躍したキャラクター。 田中たちとのやり取りから騒がしい考えなしのパワープレイヤーかと思いきや、作中ではスパイク以上に日々の練習に裏打ちされた堅実な守備能力と根性でファンを沸かせてくれました。 本記事では清水を巡る田中たちとのやり取り、妹の山本あかね、その後の進路などを中心に、その魅力を深掘りしてまいります。
ハイキュー‼

「ハイキュー‼」古森元也~高校No.1リベロにして佐久早の従兄弟、そのプロフィール、意外な長身、声優、その後の進路など~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、朗らかで気配り上手な高校No.1リベロ「古森 元也(こもり もとや)」について解説します。 古森はIH優勝校井闥山学院に所属するリベロで、全国三大エースの一人・佐久早聖臣の従兄弟にして相棒として登場したキャラクターです。 優勝候補筆頭だった井闥山学院が主将の負傷でまさかの準々決勝敗退となってしまったため、本編での古森の活躍はそれほど多くありませんが、その存在は主人公たちにも少なからぬ影響を及ぼしています。 本記事では古森の基本プロフィールに加え、佐久早との関係と過去、その後の進路を中心にその魅力を語ってまいります。
ハイキュー‼

「ハイキュー‼」灰羽リエーフ~未完成な音駒のエース候補、リエーフ見参とは、卒業後・モデルとしての活躍、名言、声優など~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、烏野高校最大のライバル、音駒高校のエース候補「灰羽 リエーフ(はいば りえーふ)」について解説します。 リエーフは体躯と身体能力、センスに恵まれた音駒高校期待のルーキー。 高校からバレーを始めたため、技術的にも精神的にも未熟ですが、作中では立派に音駒高校の戦力として活躍しています。 本記事ではそんなリエーフのバレーだけじゃない恵まれっぷり(ルックス、姉など)、アニオリエピソード「リエーフ見参」、作中での成長や卒業後の進路などを中心に語っていこうと思います。
ハイキュー‼

「ハイキュー‼」桐生八~木兎を終生のライバルと見定めた全国三大エース、名言、高校名、その後の進路(日本代表)など~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、心優しく心配性な全国三大エースの一角「桐生 八(きりゅう わかつ)」について解説します。 桐生は九州の雄、狢坂高校を率いる大エースで、どんなトスでも強打で撃ち抜くパワフルなプレーから”悪球打ちの桐生”と称されています。 しかしそうした強靭なフィジカルを持つ反面、プレッシャーに弱いという欠点を抱えており、作中では木兎光太郎と対照的な存在として描かれていました。 本記事ではそんな桐生の魅力について、過去と名言、その後の進路、読みにくい名前や高校名の読み方なども交えて深掘りしてまいります。
ハイキュー‼

「ハイキュー‼」縁下力~逃げ出す辛さを知る2年生組のドン、パロディ担当縁下監督、その二面性のある性格と名言、声優など~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、烏野高校2年生組のドン「縁下 力(えんのした ちから)」について解説します。 縁下は烏野高校男子バレー部の中でも特に問題児として名高い田中と西谷をコントロールできる貴重なキャプテンシーの持ち主。 また単なるまとめ役でもなく、番外編では「縁下監督」としてパロディ映画の製作にも携わっています。 本記事ではそんな縁下の魅力について、本編及び番外編での活躍や名言、その後の進路を中心に深掘りしてまいります。
ハイキュー‼

「ハイキュー‼」清水潔子~かわいい美人マネージャー、その意外な結婚相手、名言、足の傷、声優など~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、烏野高校の”美人”担当マネージャー「清水 潔子(しみず きよこ)」について解説します。 清水潔子は学内外で人気の高い美人マネージャー。 田中、西谷といった熱狂的な信者も多数存在し、及川を始めとした数々の男たちから声を掛けられる彼女が誰と結ばれるかは読者の注目の的でもありました。 今回はそんな清水の意外な結婚相手や過去、足の傷などのエピソードも交えて、その魅力を深掘りしてまいります。
ハイキュー‼

「ハイキュー‼」佐久早聖臣(サクサ)~完璧主義者な三大エースの一角、牛若や古森との関係、春高での敗退、声優など~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、完璧主義者な全国三大エースの一角「佐久早 聖臣(さくさ きよおみ)」について解説します。 佐久早はIH優勝校井闥山学院のエースであり、全日本ユース合宿にも参加していたキャラクター。 春高では優勝候補筆頭として登場したものの、主将の負傷で無名校にまさかの準々決勝敗退を喫してしまいます。 井闥山学院の敗退には当時様々な意見がありましたが、後に明かされたメンバーの想いや背景なども含め、”強い選手”を体現する佐久早の魅力について語ってまいります。
ハイキュー‼

「ハイキュー‼」谷地仁花~ネガティブ思考のかわいいマネージャー、日向との関係やその後の進路、声優、名言、結婚は?~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、烏野高校の”かわいい”担当マネージャー「谷地 仁花(やち ひとか)」について解説します。 谷地さんはコミックス9巻から登場する烏野高校の新人マネージャー。 ややネガティブながら、一生懸命でかわいらしい本作のヒロイン枠です(そもそも恋愛要素があるかは別にして)。 今回はそんな谷地さんの魅力について、清水や日向との関係、卒業後の進路、結婚はしたのかなどを中心に語ってまいります。
ハイキュー‼

「ハイキュー‼」オリンピック日本代表メンバー一覧~該当選手の「その後の進路」のまとめを含む~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、本編最終話で描かれた2021年オリンピックの日本代表メンバーについて一覧でまとめていきます。 実は本編では日本代表メンバーの全容は描かれておらず、大判画集「ハイキュー!! Complete Illustration book 終わりと始まり」の中で、初めて全27名のメンバー一覧が登場しています。 今回はその中でも妖怪世代(モンスタージェネレーション)と呼ばれる主人公の日向たち14名(+α)について、出身校、ポジション、背番号、その後の進路などと併せて紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました