ハイキュー‼

ハイキュー‼

「ハイキュー‼」ニコラス・ロメロ~歴戦の世界のエース、息子は日向のファン? ロメロスペシャルとは?~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、Vリーグに加入した世界のエース「ニコラス・ロメロ」(以下、ロメロ)ついて解説します。 ロメロは長年にわたってブラジル代表を務めてきた歴戦の勇士であり、2018年からVリーグ王者・シュヴァイデンアドラーズに加入したスパイカー。 日向たち妖怪世代にとっては憧れの選手であり、作中ではその華麗なプレーで彼らを魅了していました。 本記事ではロメロのプロフィールや活躍に加え、日向に憧れるロメロの息子や話題となったロメロスペシャル(無関係)について語ってみようと思います。
ハイキュー‼

「ハイキュー‼」飯綱掌~井闥山学院主将にして3年生世代No.1セッター、プロフィールやその後の進路(プロ入り)~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、不運に泣いた井闥山学院の主将「飯綱 掌(いいづな つかさ)」について解説します。 飯綱掌はIH優勝校井闥山学院の主将であり、ベストセッター賞に選出されたこともある名プレイヤー。 高校最後の大会となる春高では負傷によりまさかの準々決勝敗退を喫し、悔し涙を流しています。 しかしその悔しさをバネに卒業はプロ入りし、Vリーグで活躍している不屈の男。 本記事ではそんな飯綱のプロフィールやエース佐久早との関係、卒業後のプロでの躍進などを中心に、その魅力を深掘りしてまいります。
ハイキュー‼

「ハイキュー‼」黄金川貫至~発展途上の大型セッター、その愉快な名言とその後の進路、声優など~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、新生伊達工、期待の大型セッター「黄金川 貫至(こがねがわ かんじ)」について解説します。 小金川貫至は宮城県春高予選において、伊達工業の新セッターとして登場したキャラクター。 技術的には未熟ながら、セッターとしては珍しい「高さ」を売りにした選手です。 公式戦での活躍こそ微妙でしたが、烏野高校との練習試合や宮城県の擬似ユース合宿など、後々まで強い存在感を発揮していました。 本記事ではプロフィールや人間関係、その後の進路、名言などを中心に黄金川の魅力を語ってまいります。
ハイキュー‼

【まとめ】「ハイキュー‼」キャラクター一覧(登場人物解説記事のまとめ,、ポジション・背番号含む)

 今回は大人気漫画「ハイキュー‼」に関して、主要キャラクターを高校ごとに一覧形式で整理したいと思います。 各高校(チーム)の特色やスローガンなどを紹介するとともに、選手及びその関係者について、名前、ポジション、背番号を整理しました。 また、これまで本ブログに投稿してきたキャラクター解説記事もかなり多くなってきましたので、併せて各記事へのリンクのまとめとさせていただきます。
ハイキュー‼

「ハイキュー‼」犬岡走~日向の初代ライバル、リエーフとの関係とポジション変更、卒業後の進路(将来)、声優など~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、日向の初代ライバル「犬岡 走(いぬおか そう)」について解説します。 犬岡走は烏野高校因縁のライバル、音駒高校の1年生。 高い身長とスピードを併せ持ち、初登場の際には日向たちの変人速攻を一人でブロックするなど、強力なライバルとして彼らの前に立ちふさがりました。 その後、リエーフの登場によりスタメン落ちを経験し、ポジション変更を経て新たな才能を開花。 本記事では常に日向の一歩先を行っていた男・犬岡走のプロフィールと活躍、その後の進路などを中心に語っていこうと思います。
ハイキュー‼

「ハイキュー‼」芝山優生~真面目でかわいい音駒の次世代リベロ、リエーフとのコンビや名言、声優など~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、真面目でかわいい音駒の次世代リベロ「芝山 優生(しばやま ゆうき)」について解説します。 芝山優生は烏野高校因縁のライバル、音駒高校の1年生控えリベロ。 夜久さんという作中屈指のスーパーリベロの影に隠れ、あまり出場機会には恵まれませんでしたが、いざ試合に出ればきちんと自分の仕事を果たしていました。 本記事では芝山のプロフィールに加え、春高予選でのリエーフとのコンビなどを中心に、その魅力を語っていこうと思います。
ハイキュー‼

「ハイキュー‼」白馬芽生~多くのものに恵まれた大巨人、そのプロフィール(身長・名前の読み方など)、その後の進路~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、身長だけでなく周りの人間にも恵まれた大巨人「白馬 芽生(はくば がお)」について解説します。 白馬芽生は鴎台高校の一員として春高で主人公たち烏野高校と対戦したキャラクター。 2m超の恵まれた体格を持ち、「小さい生き物より大きい生き物の方が絶対的に優れている」など傲慢ともとれる言動が目立ちますが、実は素直で小さな選手のプレーにも素直に感動する憎めない男です。 本記事では白馬芽生が作中において果たした役割と、その恵まれた人間関係、卒業後の進路などを中心に語ってまいります。
ハイキュー‼

「ハイキュー‼」矢巾秀~青葉城西のチャラ男セッターは色んな意味で及川の後継、京谷へぶつけた想い、声優、卒業後の進路~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、青葉城西の控えセッターにして及川の後継者「矢巾 秀(やはば しげる)」について解説します。 矢巾秀は宮城県の強豪、青葉城西高校の2年生控えセッター。 作中では女好きなチャラ男としてのイメージが先行していますが、選手としての実力は高く、また根は非常に熱い男でもあります。 とは言えやはりチャラ男はチャラ男。 本記事では矢巾のチャラ男としての活躍(?)と、京谷にぶつけた熱い思いなどを中心に、その魅力を深掘りしてまいります。
ハイキュー‼

「ハイキュー‼」川西太一~次代の白鳥沢を背負って立つ男……なのに扱いは不遇? その後大学は浪人or留年? 声優は~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、次代の白鳥沢を背負って立つ男「川西 太一(かわにし たいち)」について解説します。  川西太一は宮城県の王者、白鳥沢学園の2年生レギュラー。 鋭い目つきのイケメンであり、要所要所で秀逸な活躍を見せたキャラクターなのですが、作中ではあまりクローズアップされることなく、やや不遇な扱いをされた男でもあります。 本記事では川西太一の基本プロフィールや活躍に加え、扱いが不遇とされる理由やその後の進路(浪人or留年)などを中心に語っていこうと思います。
ハイキュー‼

「ハイキュー‼」木下久志~稲荷崎戦「勘違い」からの西谷の活躍が熱いピンチサーバー、その後の進路、声優など~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、烏野高校2年生組のピンチサーバー「木下 久志(きのした ひさし)」について解説します。 木下は烏野高校男子バレー部の中では、モブ組に分類される男の一人。 特に序盤では選手としてこれといった特徴もなく、2年生モブトリオの縁下や成田が試合に登場する中、彼だけはずっとベンチに控えていました。 しかし春高予選以降はジャンプフローターサーブという武器を手に入れ徐々に露出が増えたこの男。 劇的な活躍はできず、本人もそのことを嘆いてましたが、その存在は間違いなく烏野高校を支えていたのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました