弱虫ペダル

弱虫ペダル

「弱虫ペダル」泉田塔一郎~一部で”嫌い””うざい”と叩かれる筋肉スプリンター、その理由、口癖”アブ”の意味、声優など~

 今回はアニメ化、実写化もされた大人気漫画「弱虫ペダル」から、その意味不明な筋肉言語で読者を混乱に陥れたスプリンター「泉田 塔一郎(いずみだ とういちろう)」について解説します。 泉田は王者箱根学園の誇るスプリンターであり、2年目のIHでは主将として主人公たちの前に立ちふさがったキャラクター。 ”アブ”という独特の口癖や、各筋肉に名前をつけて慈しむ様子から、”爽やかマッチョ系変態”として読者の心に大きな爪跡を残していきました。 本記事では、泉田が一部の読者から”嫌い””うざい”と叩かれる理由なども交えて、作中での活躍について語っていきたいと思います。
弱虫ペダル

「弱虫ペダル」杉元照文~初期から印象がガラッと変わった泣ける男、弟・定時や今泉との関係、川田との戦い、声優など~

 今回はアニメ化、実写化もされた大人気漫画「弱虫ペダル」から、かわいそうな役回りながら着実に成長を遂げてきた泣ける男「杉元 照文(すぎもと てるふみ)」について解説します。 杉元は所謂物語におけるお調子者キャラで、物語初期はまさに口先だけ。主人公たちの引き立て役でしかありませんでした。 しかし周囲の頑張りに触発されたのか、1年目のIH後は猛練習に励んで凛々しさを増し、飛躍的に男を上げたキャラクターでもあります。 とは言え、作中では鏑木、川田らと激闘を繰り広げるも報われることなく……本記事ではそんなかわいそうな杉元のかっこいい一面を可能な限り深掘りしていこうと思います。
弱虫ペダル

「弱虫ペダル」金城真護~不屈の精神を持つ総北の主将、IHでの膝の怪我、福富との因縁、大学編での荒北とのコンビなど~

 今回はアニメ化、実写化もされた大人気漫画「弱虫ペダル」から、不屈の精神を持つチーム総北の主将「金城 真護(きんじょう しんご)」について解説します。 金城は千葉総北のエースであり、優しさと厳しさとを兼ね備えたチームの精神的な支柱です。 IHでは妨害による落車や膝の怪我など悲運に見舞われ2年連続でリタイアしていますが、その姿はチームメイトと読者の心を熱く奮い立たせてくれました。 本記事ではそんな金城の過去の因縁や名言、IHでの戦歴、荒北との大学編などを中心にその魅力を深掘りしてまいります。
弱虫ペダル

「弱虫ペダル」田所迅~情に厚い巨漢スプリンター、IHでの体調不良とヒメの歌、声優、大学編ではどこへ?~

 今回はアニメ化、実写化もされた大人気漫画「弱虫ペダル」から、熱く頼れる巨漢スプリンター「田所 迅(たどころ じん)」について解説します。 田所は千葉総北のエーススプリンターであり、後輩たちから特に頼られ慕われる熱い男。 IHでは体調不良により脱落しそうになったものの、小野田くんの「恋のヒメヒメぺったんこ」の歌で復活したという凄まじいエピソードの持ち主でもあります。 本記事ではそんな田所の過去や人間関係、IHでの活躍、大学生活などを中心にその魅力を深掘りしてまいります。
弱虫ペダル

「弱虫ペダル」真波山岳~かわいそう過ぎる最強ライバル、委員長や小野田、東堂との関係、病気の過去、名言、声優など~

 今回はアニメ化、実写化もされた大人気漫画「弱虫ペダル」から、本作における主人公・小野田の最大のライバル「真波 山岳(まなみ さんがく)」について解説します。 真波は美形、爽やか、天真爛漫と、ライバル小野田とは対照的に全てを兼ね備えたキャラクター。 かいがいしく世話をやいてくれる幼馴染がいて、幼い頃は病気がちで身体が弱かったという過去を持つ、いかにも主人公っぽい”持ってる男”ですが、そのせいか作中では非常にかわいそうな配役を割り当てられる悲劇の男でもあります。 本記事ではそんな真波の人間関係や作中での活躍を中心に、その魅力を深掘りしてまいります。
弱虫ペダル

「弱虫ペダル」小野田坂道~ついにキャプテン(部長)にまで上り詰めた最強のクライマー、声優、伝播する歌など~

 今回はアニメ化、実写化もされた大人気漫画「弱虫ペダル」から、主人公にして最強のクライマー「小野田 坂道(おのだ さかみち)」について解説します。 小野田くんは”メガネ””小柄””気弱”と三拍子そろった典型的なオタク少年で、一見すると自転車競技とは対極に位置する存在です。 しかし同時に、やる時は必ずやる典型的な主人公でもあり、およそ土壇場では異常とも思える勝負強さを発揮しています。 本記事ではそんな小野田くんの人間関係や活躍を中心に、その魅力について解説してまいります。
弱虫ペダル

「弱虫ペダル」手嶋純太~人気の高い凡人クライマー、真波との激闘、葦木場との二人の山岳賞、その名言、大学予想は~

 今回はアニメ化、実写化もされた大人気漫画「弱虫ペダル」から、凡人ながら必死にもがく姿が人気の高い「手嶋 純太(てしま じゅんた)」について解説します。 手嶋は主人公たち千葉総北高校の2年時のキャプテン。 メンバーの中では最も才能に恵まれないキャラクターでありながら、その諦めないメンタリティーと走りでチームを勇気づけた少年です。 今回はそんな手嶋の魅力について、人間関係やIHでの活躍、名言を中心に語っていこうと思います。
弱虫ペダル

「弱虫ペダル」鳴子章吉~”浪速の天才スピードマン”、オールラウンダー転向の理由、目が見えない、あだ名、声優など~

 今回はアニメ化、実写化もされた大人気漫画「弱虫ペダル」から、人情にあつい浪速の天才スピードマン「鳴子 章吉(なるこ しょうきち)」について解説します。 鳴子は派手好きで目立ちたがり屋な総北の賑やかし担当。 しかしただ騒がしいだけでなく、非常に仲間想いでロードレースにはストイックな熱くカッコいい少年でもあります。 今回はそんな鳴子の人間関係やオールラウンダーに転向の切っ掛けとなった御堂筋との因縁、目が見えなくなるまで仲間を引くIHでの活躍を中心に、彼の魅力について深掘りしていこうと思います。
弱虫ペダル

「弱虫ペダル」今泉俊輔~正統派イケメンはメンタル弱め? 御堂筋に付けられたあだ名の数々、ラブヒメオタク化、声優など~

 今回はアニメ化、実写化もされた大人気漫画「弱虫ペダル」から、あだ名やオタク化などで何かといじられることが多い男「今泉 俊輔(いまいずみ しゅんすけ)」について解説します。 今泉は主人公・小野田坂道をロードレースの世界に引きずり込んだ存在で、作中では女子からの人気も高い正統派イケメン。 その一方、メンタルはやや弱めで、作中ではポキポキ心が折れて挫けたり暴言を吐いたり、ある意味非常に人間臭いキャラクターでもあります。 今回はそんな今泉の活躍や名言、御堂筋との因縁などを中心に、彼の魅力について深掘りしていこうと思います。
弱虫ペダル

「弱虫ペダル」巻島裕介~ピークスパイダー、その自己流過ぎるダンシング、退部・イギリス留学の理由、名言、声優など~

 今回はアニメ化、実写化もされた大人気漫画「弱虫ペダル」から、主人公・小野田坂道が憧れる先輩クライマー「巻島 裕介(まきしま ゆうすけ)」について解説します。 巻島は千葉総北のエースクライマーであり、同じクライマーである小野田坂道を導く良き先輩役として登場しました。 単にカッコ良くて強い先輩なら他作品にも多くいるでしょうが、巻島の魅力はその人間味溢れる不器用な生き方、不完全さにこそあります。 本記事ではそんな巻島の活躍と名言、小野田坂道との交流やライバル東堂尽八との関係、突然の退部・イギリス留学の経緯などを中心に、彼の魅力を深掘りしていきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました