ラブコメ

推しの子

【推しの子】みたのりお~モブかと思いきや実は能力☆5の超一流俳優、2.5次元舞台での活躍、映画編での再登場など~

 今回は原作・赤坂アカ、作画・横槍メンゴの豪華タッグがヤングジャンプで連載中の人気作【推しの子】から、劇団ララライの人気俳優の一人「みたのりお」について解説します。 みたのりおは第5章2.5次元舞台編で登場した役者の一人。 七三眼鏡のいかにもなモブ顔男性で、決して目立つ役どころではないのですが、実は地味にものすごい役者であったことが後々判明してきます。 本記事では一流個性派俳優みたのりおのプロフィールやスペック、作中での活躍を中心に解説してまいります。
レビュー

「あくまでクジャクの話です。」感想&評価(ネタバレ注意)~テンポの良い生物学ラブコメ、あらすじ、主な登場人物など~

 今回は「コミックDAYS」で連載中の生物学をテーマにしたラブコメ「あくまでクジャクの話です。」について解説します。 この作品は生物学に詳しい女子高生がその知識を駆使して様々な問題を解決していく(かもしれない)ラブコメディ。 多分に脚色された学術的な話が残酷で容赦がなく、とにかく面白い。 シンプルにヒロインが可愛く、テンポが良くて読みやすい良作です。 本記事では「あくまでクジャクの話です。」のあらすじや主な登場人物の解説を踏まえ、その魅力を語ってみようと思います。
その他

「阿賀沢紅茶」~「氷の城壁」「正反対な君と僕」作者のプロフィール(年齢・性別など)や素顔をインタビューなどから調査~

 今回は「氷の城壁」「正反対な君と僕」の作者として知られる「阿賀沢紅茶(あがさわこうちゃ)」先生について解説します。 阿賀沢紅茶先生はわかりみが凄いラブコメの名手として話題の漫画家。 SNSやインタビューなどで情報発信はされてらっしゃいますが、その素顔に関しては色々と謎の多い作家さんです。 本記事では過去のSNS投稿やインタビューなどから判明している阿賀沢紅茶先生のプロフィールや経歴、素顔などを中心に解説してまいります。
推しの子

【推しの子】リョースケ~アイ殺害犯(なぜ殺した?)、その本名、逮捕・死亡経緯、黒幕との関係、転生して再登場?~

 今回は原作・赤坂アカ、作画・横槍メンゴの豪華タッグがヤングジャンプで連載中の人気作【推しの子】から、アイ殺害の実行犯「リョースケ」について解説します。 リョースケは第1章の幼年期編で登場し、雨宮吾郎と星野アイを殺害した実行犯。 元はアイの熱狂的なファンだったのですが、その想いを黒幕に利用され、凶行に及んでしまいました。 そしてアイ殺害直後に罪悪感から自殺(死亡)。 本記事ではそんなリョースケのプロフィールや犯行・死亡の経緯、黒幕との関係や転生再登場の可能性などを解説していきたいと思います。
レビュー

「ウルフちゃんは澄ましたい」感想&評価~漫画アプリ「GANMA!」で連載中の片思いラブコメ、あらすじ、キャラ紹介含む~

 今回は漫画アプリ「GANMA!」で連載中の片思いラブコメ「ウルフちゃんは澄ましたい」について解説します。 この作品は(表向き)クールな一匹狼系女子が、同じクラスの変人系男子に片思いするてぇてぇ系のラブコメ。 ヒロインは普通に可愛いのですが、ヒーローがかなりクセのあるアホっ子で、そこが良いアクセントになっています。 本記事では「ウルフちゃんは澄ましたい」のあらすじや登場人物の解説を踏まえ、その忌憚のない感想を語ってみようと思います。
推しの子

【推しの子】旧B小町~メンバーの変遷やアイとの関係、小説「45510」「視点B」の語り部は誰?~

 今回は原作・赤坂アカ、作画・横槍メンゴの豪華タッグがヤングジャンプで連載中の人気作【推しの子】にから、星野アイが所属していた「旧B小町」について考察していきます。 旧B小町はアイが絶対的なセンターとして君臨していたアイドルグループ。 ドーム公演目前にアイが殺され、元々メンバー仲が良くなかったこともありその2年後に解散してしまっています。 そのメンバー構成やアイとの関係など謎の多いアイドルグループ。 本記事では旧B小町のアイ以外のメンバーにスポットを当てて解説していきたいと思います。
レビュー

「ダメドルと世界に1人だけのファン」感想&評価~「GANMA!」で話題の尊い系ラブコメ、あらすじ、登場人物解説含む~

 今回は「GANMA!」でキリシモ先生が連載中の「ダメドルと世界に1人だけのファン」について解説します。 この作品は底辺地下アイドルグループに所属し、その中でも歌もダンスもド下手くそで特に人気の無いポンコツアイドル・うるみんと、彼女の唯一のファン・キミヤの尊い系ラブコメ。 いわゆるダメ可愛い系美少女と、そんな彼女を80億人分推すと宣言した限界オタのお話です。 本記事では「ダメドルと世界に1人だけのファン」のあらすじ、登場人物の解説を交え、その魅力を深掘りしてみようと思います。
レビュー

「テレワァク与太話」感想&評価~当初から1巻完結予定だったシンプルな良作ラブコメ、あらすじ、登場人物解説など~

 今回は「あせとせっけん」の山田金鉄先生が「モーニング」で連載していたラブコメ「テレワァク与太話」について解説します。 この作品はSEの主人公がテレワークが切っ掛けでお隣の女性と知り合い、結婚するまでを描いた物語。 一話一話が短くて読みやすく、非常に人気があったのですが、当初から1巻完結予定だったということで僅か20話で連載を終了しています(打ち切りではありません)。 本記事では「テレワァク与太話」のあらすじや登場人物の解説を踏まえ、その魅力を語ってまいります。
レビュー

「君に捧げる男前」感想&評価(ネタバレ注意)~「GANMA!」で連載中の犬系男子と男前女子の凸凹ラブコメ~

 今回は漫画アプリ「GANMA!」で連載中の犬系男子と男前女子の凸凹ラブコメ「君に捧げる男前」について解説します。 この作品は男前女子に一目惚れした犬系男子がグイグイ突撃し、彼女のカッコよさと可愛さに胸を撃ち抜かれるキュン死系のラブコメ。 まだ始まったばかりですが「GANMA!」では新連載部門AWARDを受賞し、今後が期待される作品。 本記事では「君に捧げる男前」のあらすじや登場人物の解説も踏まえ、その忌憚のない感想を語ってみようと思います。
レビュー

「あそこではたらくムスブさん」感想&評価(ネタバレ注意)~大人のゴム製品を開発するムスブさんのピュアなラブコメ~

 今回は「ゲッサン」で連載中のニュータイプ理系女子コメディー「あそこではたらくムスブさん」について解説します。 この作品はゴム製品製造会社のコンドーム部門で働く美女・ムスブさんと、彼女に振り回される砂上くんの恋模様を描いた作品。 決してエッチな内容ではなく、相模ゴム工業株式会社協力の下、「医療機器」であるコンドーム製造に携わる人々の姿を描いた真面目なお仕事ものでもあります。 本記事では「あそこではたらくムスブさん」のあらすじや登場人物の解説をまじえつつ、その魅力を深掘りしてみたいと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました