ブルーピリオド

ブルーピリオド

「ブルーピリオド」鉢呂健二(はちろけんじ)~八雲、モモちゃんの保護者役? その過去やルーツ、名言など~

 今回は山口つばさ先生が「アフタヌーン」で連載中の青春アートストーリー「ブルーピリオド」から、同級生だけど一歩引いた大人のキャラクター「鉢呂 健二(はちろ けんじ)」について解説します。 鉢呂は主人公の八虎と同期で藝大の油画専攻に入学した男子学生。 八雲やモモちゃんとは藝大入学前からの付き合いで、大抵トリオで行動しています。 社会人経験を経て藝大に入学した大人の男性で、作中では一歩引いた立ち位置で周囲をフォローしている鉢呂。 本記事ではそんな彼のプロフィールや過去、名言を中心に解説してまいります。
ブルーピリオド

「ブルーピリオド」柿ノ木坂桃代(モモちゃん)~明るく元気なマスコット、八雲は鉢呂たちとの関係は?~

 今回は山口つばさ先生が「アフタヌーン」で連載中の青春アートストーリー「ブルーピリオド」から、藝大編のマスコットキャラ「モモちゃん」こと「柿ノ木坂 桃代(かきのきざか ももよ)」について解説します。 モモちゃんは主人公の八虎と同期で藝大の油画専攻に入学した女子学生。 とにかく誰からも愛されるおバカ系元気少女で、ゴリゴリの広島弁がチャームポイント。 作中では大抵、八雲や鉢呂たちと行動を共にしています。 本記事ではモモちゃんのプロフィールや人間関係を中心に解説してまいります。
ブルーピリオド

「ブルーピリオド」真田まち子~村井八雲たちの仲間だった女性、その過去、”殺された”とは?~

 今回は山口つばさ先生が「アフタヌーン」で連載中の青春アートストーリー「ブルーピリオド」から、村井八雲、鉢呂くん、桃ちゃんのかつての仲間「真田 まち子(さなだ まちこ)」について解説します。 才能と情熱に溢れた作家で八雲たちより2年早く藝大に合格したものの、物語開始時点で既に故人となっています。 本記事では判明している真田まち子のプロフィールや八雲たちとの過去、その死の経緯を中心に深掘りしてまいります。
ブルーピリオド

「ブルーピリオド」藍沢彩乃~ミステリアスだが素直で面倒見の良い元ヤンガール、きねみちゃんとの友情など~

 今回は山口つばさ先生が「アフタヌーン」で連載中の青春アートストーリー「ブルーピリオド」から、面倒見の良い元ヤンガール「藍沢 彩乃(あいさわ あやの)」について解説します。 藍沢彩乃は主人公の八虎と同期で藝大の油画専攻に入学した女子学生。 一見するとミステリアスな大人の女性ですが、実は本心しか口にしないサッパリ系女子です。 作中では親友の三木きねみと共に藝祭・神輿隊を率いた藍沢彩乃。 本記事ではそんな彼女のプロフィールや人間関係、藝祭での奮闘を中心に解説してまいります。
ブルーピリオド

「ブルーピリオド」神山史(フーちゃん)~桑名マキやユカちゃんと仲の良い日本画専攻のギャル~

 今回は山口つばさ先生が「アフタヌーン」で連載中の青春アートストーリー「ブルーピリオド」から、”金髪ピアスって呼ぶ人”「神山 史(かみやま ふみ)」通称「フーちゃん」について解説します。 神山史は桑名マキや鮎川龍二と仲の良い少女。 八虎たちと同じ東京美術学院(予備校)の日本画コースに通っていました。 ギャルっぽい見た目ですが実は非常に優秀で、その年の東美から唯一藝大日本画に現役合格。 本記事ではそんな神山史のプロフィールや人間関係を中心に解説してまいります。
ブルーピリオド

「ブルーピリオド」作者/山口つばさ~藝大油画に現役合格? 年齢、素顔は? 結婚はしてる?~

 今回は「アフタヌーン」で連載中の青春アート漫画「ブルーピリオド」の作者「山口 つばさ(やまぐち つばさ)」先生について解説します。 山口つばさ先生は「ブルーピリオド」の主人公・矢口八虎と同じ藝大出身の女性漫画家。 美大受験に限らず、美術とはどういうものなのか、美術業界全体について漫画を通じて積極的に情報発信されている作家さんです。 一方で、プライベートな部分に関しては謎の多い山口つばさ先生。 本記事ではそんな先生のプロフィールや素顔を中心に解説してまいります。
ブルーピリオド

「ブルーピリオド」桜庭華子・岡田さえ・石井啄郎~予備校・大葉クラスで一緒だったかわいい3人のその後(進路)~

 今回は山口つばさ先生が「アフタヌーン」で連載中の青春アートストーリー「ブルーピリオド」から、予備校の同級生「桜庭 華子(さくらば はなこ)」「岡田 さえ(おかだ さえ)」「石井 啄郎(いしい たくろう)」について解説します。 この3人は東京美術学院(予備校)の夜間コースで、八虎、桑名、橋田とともに大葉クラスに所属していた生徒。 物語においては脇役だったものの、それぞれ非常に個性豊かで良い味を出していました。 本記事では最終的に三者三様の道を歩むことになった彼らのプロフィールや人物像、その後の進路を中心に解説していきます。
ブルーピリオド

「ブルーピリオド」三木きねみ~太いけどかわいい、神輿隊で奮闘した「通り魔の太陽」みたいな体育会系女子~

 今回は山口つばさ先生が「アフタヌーン」で連載中の青春アートストーリー「ブルーピリオド」から、誰からも愛される体育会系女子「三木 きねみ(みき きねみ)」について解説します。 三木きねみは主人公の八虎と同期で藝大の油画科に入学した女子学生。 心優しく力持ち、可愛らしさとパワフルさを併せ持つ稀有な女性です。 初登場では藝大1次試験で八虎の鏡を割るというインパクトのある登場をした三木きねみ。 本記事ではそんな彼女のプロフィールや魅力を深掘りしてまいります。
ブルーピリオド

「ブルーピリオド」犬飼教授(犬飼先生)~エグイ性格と噂される油画のトップ、フジさんや八雲と因縁有り?~

 今回は山口つばさ先生が「アフタヌーン」で連載中の青春アートストーリー「ブルーピリオド」から、藝大副学長にして油画のトップ「犬飼(いぬかい)」教授について解説します。 犬飼教授は大学編1年目の後半から登場し、2年次から八虎の担任となった男性教授。 これぞ権力者と言わんばかりの迫力ある御仁で、作中では生徒のみならず助手や教授までビビらせまくっていました。 腹の底が読めず、八雲からは「相当えぐい性格」とも評された未だ謎の多い存在。 本記事ではそんな藝大編のラスボスとも言うべき男のプロフィールや人間関係を中心に解説してまいります。
ブルーピリオド

「ブルーピリオド」佐伯昌子(佐伯先生)~八虎を美術の道に誘った恩師、その謎や名言、絵画教室での再登場~

 今回は山口つばさ先生が「アフタヌーン」で連載中の青春アートストーリー「ブルーピリオド」から、八虎を美術の道へ誘った恩師「佐伯 昌子(さえき まさこ)」について解説します。 佐伯昌子は主人公の八虎が通う高校の美術教師であり美術部の顧問。 人をその気にさせる天才で、八虎の本質を一番最初に見抜き、アートの道に誘った人物です。 的確な指導と数々の名言で八虎たちの心を揺さぶった佐伯先生。 本記事ではそんな彼女のプロフィールや、作中での活躍を中心に深掘りしてまいります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました