ファンタジー

ダンまち

「ダンまち」オルナ~ティオナの前世にしてアルゴノゥトのもう一人のメインヒロイン、その正体など~

 今回は人気ファンタジー「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(以下「ダンまち」)」から、ティオナの前世とされる女性「アリアドネ」について解説します。 オルナは喜劇「アルゴノゥト」に登場したヒロインの一人。 厭世的で謎めいた占い師として登場しますが、その正体は王女アリアドネの異母姉、ラクリオス王国の王女です。 アルゴノゥトに最も影響を受けた人物の一人であり、後半はアリアドネを食うほどの活躍を見せたオルナ。 本記事ではそんなオルナのプロフィールや人間関係などを中心に解説してまいります。
ダンまち

「ダンまち」アリアドネ~アイズの前世とされる古代の王女にしてアルゴノゥトのヒロイン~

 今回は人気ファンタジー「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(以下「ダンまち」)」から、アイズの前世とされる女性「アリアドネ」について解説します。 アリアドネは喜劇「アルゴノゥト」に登場したヒロインの一人。 ラクリオス王国の第一王女であり、怪物ミノタウロスの生贄となることが定められていた女性ですが、「始まりの英雄」アルゴノゥトによってその運命から解放されることになります。 本記事ではそんなアリアドネのプロフィールや活躍、人間関係を中心に深掘りしてまいります。
ダンジョン飯

「ダンジョン飯」獣人とは?~生来の獣人と人工獣人の違い、獣人ワナビ、人工獣人の種類と仕組み~

 今回は魔物食という異色のテーマを扱う人気作「ダンジョン飯」から、作中に登場する「獣人」について解説します。 獣人とは文字通り人間と獣を掛け合わせたような見た目をした種族の総称。 生来の獣人であるコボルト、オークなどとの区別が難しいですが、作中では基本的に獣人とは古代魔術によって肉体を改変された「人工獣人」のことを指します。 実は何かと複雑でわかりにくい存在である獣人。 本記事ではそんな彼らの生態や特徴、有名な「獣人ワナビ」エピソードなどを中心に深堀してまいります。
ダンまち

「ダンまち」オラリオ/バベルの塔/迷宮~物語の舞台となる都市について解説~

 今回は人気ファンタジー「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(以下「ダンまち」)」から、物語の舞台となる「迷宮都市オラリオ」とその中心「バベル」、「迷宮(ダンジョン)」について解説します。 この作品は際限なく魔物が湧き出る迷宮と、その上に建てられた迷宮都市が物語の舞台。 しかしその迷宮の正体やオラリオの全容については不明点が多く残されています。 本記事ではこれまでに判明したオラリオ、バベル、迷宮の概要について整理し解説してまいります。
ダンジョン飯

「ダンジョン飯」コボルトとは?~かわいく見えても実は怖い犬型亜人種、その国家や生態など~

 今回は魔物食という異色のテーマを扱う人気作「ダンジョン飯」から、作中に登場する種族の一つ「コボルト」について解説します。 コボルトは人間と犬型の魔物を掛け合わせたような見た目の亜人種。 なまじかわいらしい見た目をしているせいで奴隷として売られることもある不遇な立場の種族です。 実はその性格は残忍で好戦的、人たらしのカブルーをして言葉は通じないとまで言わしめたコボルト。 本記事ではそんなコボルトの特徴(平均寿命・身長)や種族特性、その本性や国家を中心に解説してまいります。
ダンジョン飯

「ダンジョン飯」オーガとは~ツノと怪力が特徴の強種族、絶滅寸前の理由、東方での位置づけ、亜人種との違い~

 今回は魔物食という異色のテーマを扱う人気作「ダンジョン飯」から、作中に登場する種族の一つ「オーガ」について解説します。 オーガは頭のツノと筋骨隆々とした肉体が特徴の強種族。 他作品ではしばしば魔物や亜人種として登場しますが、この「ダンジョン飯」は人間の一種族として描かれています。 ある事情から絶滅寸前で作中での扱いはあまり良いものではないオーガ。 本記事ではそんな悲しい強種族の特徴(平均寿命・身長)や種族特性、絶滅寸前となった理由を中心に解説してまいります。
ダンジョン飯

「ダンジョン飯」キメラファリン(通称:ファリゴン)~キメラ化とは? なぜキメラに?~

 今回は魔物食という異色のテーマを扱う人気作「ダンジョン飯」から、作中で登場した「キメラファリン(通称:ファリゴン)」について解説します。 キメラファリンとは、レッドドラゴンに食べられたファリンが、迷宮の主によって操られ、キメラ化したもの。 物語後半ではこのキメラファリンを迷宮の主の支配から取り戻し、元の人間として蘇生することが主人公たちの目的となっています。 本記事ではキメラファリンの概要や強さ、キメラ化の理由と意味、作中での活躍などを中心に解説してまいります。
ダンジョン飯

「ダンジョン飯」登場人物の最後(その後)まとめ~ネタバレ注意、最終回後のライオス・マルシルたちはどうなった?~

 今回は魔物食という異色のテーマを扱う人気作「ダンジョン飯」から、作中に登場する登場人物たちの最後(その後)について解説してまいります。 ダンジョン飯の原作は2023年9月を以って完結済。 2024年2月に発売された「冒険者バイブル 完全版」では登場人物たちの最後(その後)についても語られています。 本記事ではライオスやマルシルたちが最終回後どうなったかについて、分かっている範囲で解説してまいります。
ダンまち

「ダンまち」ボールス・エルダー~リヴィラの街の顔役、その強さと作中での活躍(漆黒の大剣、疾風討伐隊)~

 今回は人気ファンタジー「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(以下「ダンまち」)」から、リヴィラの街の顔役「ボールス・エルダー」について解説します。 ボールス・エルダーは迷宮の18階層に作られたローグタウン「リヴィラの街」の顔役を務める男性冒険者。 正しく無法者と呼ぶにふさわしい見た目の持ち主で、強欲でクセの強いリヴィラの住人たちをまとめ上げています。 本記事ではそんなボールスのプロフィールや強さ、作中での活躍を中心に解説してまいります。
ダンジョン飯

「ダンジョン飯」ハーフフットとは?~著作権問題(ホビット・ハーフリング)、平均寿命や身長、名前の由来など~

 今回は魔物食という異色のテーマを扱う人気作「ダンジョン飯」から、作中に登場する種族の一つ「ハーフフット」について解説します。 ハーフフットとは子供のような見た目をした手先が器用な種族。 作中では非常に優秀な鍵師(斥候役)として活躍していますが、小柄な体格故に他種族から不遇な扱いを受けることも少なくありません。 本記事ではハーフフットの特徴(平均寿命・身長)や種族特性、名前の由来や著作権問題(ホビット)を中心に解説してまいります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました