青年漫画

ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」ソフィア・ゴールデンハンド~そのモデルと年齢、最期(死亡?)、鶴見やウイルクとの関係、流氷での加筆~

 今回はヤングジャンプで連載中の大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、ロシア反体制ゲリラを率いる女傑「ソフィア・ゴールデンハンド」について解説します。 ソフィアはアシリパの父・ウイルクのかつての同志であり、アシリパにウイルクの記憶を取り戻させるきっかけとなった人物。 キロランケや鶴見中尉とも因縁深い女性であり、作中では過去の呪縛に囚われ苦悩し続けていました。 本記事では、ソフィアの生い立ちや実在のモデル、人間関係とその鮮烈な最期(死亡?)について語ってまいります。
ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」牛山辰馬~熊をも投げ飛ばす”不敗の牛山”、その実在のモデル、おでこや指、初登場、声優など~

 今回はヤングジャンプで連載中の大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、”不敗の牛山”にして”〇んぽ先生”こと「牛山 辰馬(うしやま たつうま)」について解説します。  牛山は網走監獄に収監されていた刺青囚人の一人であり、金塊の分け前を求...
ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」キロランケ~ウイルクを殺した目的、「ユダ」の暗喩、死亡の経緯(何巻何話)、声優など~

 今回はヤングジャンプで連載中の大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、極東民族の未来をアシリパに託した男「キロランケ(ユルバルス)」について解説します。 キロランケはアシリパの父・ウイルクと共に樺太から北海道に移住してきた豪快な樺太アイヌの男。登場当初はただの保護者役かと思いきや、その壮絶な過去と正体で読者を沸かせてくれました。 また「ユダ」役としてのキロランケの裏切りは物語の大きな転換点ともなっています。 本記事ではキロランケの正体と目的、ウイルクやソフィアとの過去、その最期(死亡)などを中心に、可能な限り深掘りしてまいります。
レビュー

「相続探偵」感想&評価(ネタバレ注意)~早くもドラマ化の期待がかかる西荻弓絵原作の話題作~

 今回は「SPEC」「民王」「妖怪シェアハウス」など人気ドラマの脚本家として知られる西荻弓絵先生原作の遺産相続ミステリー「相続探偵」について紹介します。「人の数だけ相続があり、相続の数だけ事件がある」 「相続探偵」は主人公の私立探偵が、その推理力と法律知識を以って遺産相続に隠された闇を暴き、故人の想いを守るドラマ仕立ての痛快ミステリー作品です。 相続する(させる)財産があるって、必ずしも幸せな事じゃないのかも。 思わずそんなことを考えてしまう作品でした。
ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」のっぺらぼう/ウイルク~その正体と目的、顔の皮、アシリパへの想い、死亡の経緯など~

 今回はヤングジャンプで連載中の大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、アイヌ民族の金塊を強奪したとされる始まりの男「のっぺらぼう(ウイルク)」について解説します。「のっぺらぼう」は物語の鍵を握るアイヌ民族の金塊を隠し、その隠し場所を囚人たちの身体に特殊な暗号を記した刺青を彫ることで、金塊争奪戦の切っ掛けを作った人物。 その正体はアシリパの父ウイルクであり、作中では彼の隠された過去や目的も語られています。 本記事ではのっぺらぼう(ウイルク)がアシリパに託した願いや登場人物たちとの因縁、死亡した経緯などを含め彼について深掘りしていきたいと思います。
レビュー

「図書館の大魔術師」感想&評価(ネタバレ注意)~壮大なビブリオファンタジー、打ち切りが心配されたその理由など~

 今回は「good!アフタヌーン」で連載中の壮大な異世界ビブリオファンタジー「図書館の大魔術師」について紹介します。 「図書館の大魔術師」は書物が特別な力を持つ世界で、混血で迫害されていた主人公の少年・シオが、全ての本が存在するとされる中央図書館の司書(カフナ)を目指し、成長していく物語。 登場人物一人一人の言葉や振る舞いに深い意味があり、非常に緻密に世界観が構築された上質なファンタジーストーリーとなっています。
ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」谷垣源次郎~インカラマッと結ばれたドスケベマタギ、写真・グラビア、その過去、声優など~

 今回はヤングジャンプで連載中の大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、お色気担当にしてドスケベマタギの異名を持つ男「谷垣 源次郎(たにがき げんじろう)」について解説します。 谷垣本人は「ゴールデンカムイ」の中では珍しい真面目で義理堅いまともな男ですが、作者を含めて周囲からの扱いが酷く、とにかくセクシーさが強調され過ぎている男。 本記事では谷垣の過去や嫁となったインカラマッとの関係、写真撮影、本誌でのグラビアデビューといったエピソードを中心に、谷垣のセクシーさを語ってまいります。
ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」鯉登音之進(鯉登少尉)~成長著しい薩摩隼人、月島とのコンビ、誘拐の真相と兄の死、声優など~

 今回はヤングジャンプで連載中の大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、一人の男として飛躍的な成長を遂げたボンボンこと鯉登少尉ー本名「鯉登 音之進(こいと おとのしん)」について解説します。 ゴールデンカムイは明治末期の北海道・樺太を舞台に、男たちがアイヌ民族から強奪された金塊を求めて争いを繰り広げる物語。 鯉登少尉は才能豊かですが精神的に未熟なボンボン軍人として登場し、作中で読者も目を疑うほどの成長を遂げた男です。 本記事では作中での成長著しい鯉登少尉の過去と決意(裏切り?)、月島とのコンビなどを中心にその魅力を深掘りしてまいります。
ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」宇佐美時重~〇〇探偵死亡、怖くてヤバイ鶴見信者、尾形らとの過去、声優など~

 今回はヤングジャンプで連載中の大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、本作の王道を往く変態有能キャラ「宇佐美 時重(うさみ ときしげ)」について解説します。  ゴールデンカムイは明治末期の北海道・樺太を舞台に、男たちがアイヌ民族から強奪された金塊を求めて争いを繰り広げる物語。 宇佐美は金塊を求める鶴見中尉に心酔する優秀な軍人で、主に変態方面で大活躍したド変態です。 本記事では訓練された金カムファンでさえ理解不能と匙を投げた〇〇探偵エピソード、鶴見や尾形との過去、その最期(死亡シーン)などを中心に、宇佐美という変態について語ってまいります。
ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」月島基(月島軍曹)~あの状況で常識人でいられることこそ異常? 鶴見、いご草との過去、鼻、声優など~

 今回はヤングジャンプで連載中の大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、作中随一の常識人にして人気キャラ、月島軍曹ー本名「月島 基(つきしま はじめ)」について解説します。 ゴールデンカムイは明治末期の北海道・樺太を舞台に、男たちがアイヌ民族から強奪された金塊を求めて争いを繰り広げる物語。 月島は金塊を求める鶴見中尉の右腕として作中では縦横無尽の活躍を見せる優秀な軍人です。 本記事では、常識人と言われる月島が内に秘めた狂気、いご草ちゃんとの過去などを中心に、そのキャラクターを深掘りしていきたいと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました