青年漫画

ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」マイケル・オストログ~その正体はジャック・ザ・リッパー、実在するモデル、宇佐美との射撃戦など~

 今回は大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、娼婦連続殺人犯「マイケル・オストログ/ジャック・ザ・リッパー」について解説します。 マイケル・オストログはアイヌ民族の金塊の行方を記した刺青を持つ囚人の一人。 ゴールデンカムイの世界における「ジャック・ザ・リッパー(切り裂きジャック)」の正体にあたる男です。 物語終盤に登場し、精〇探偵宇佐美との射撃戦など大いに見せ場を作ったマイケル・オストログ。 本記事では彼のプロフィールや正体、作中での活躍と最期(死亡)について深掘りしてまいります。
推しの子

【推しの子】キャラクター一覧(登場人物解説記事のまとめ、随時更新)

 今回は原作・赤坂アカ、作画・横槍メンゴの豪華タッグがヤングジャンプで連載中の人気作【推しの子】において、これまでに登場した主要なキャラクターを一覧形式で整理したいと思います。  また、併せて本ブログに投稿してきたキャラクター解説記事...
ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」犬童四郎助(犬童典獄)~土方に執着する理由は復讐? 網走監獄を牛耳る男の真実、偽物の存在など~

 今回は大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、網走監獄を牛耳る鬼の典獄「犬童 四郎助(いぬどう しろすけ)」(犬童典獄)について解説します。 犬童典獄はこの物語の発端となった、刺青囚人たちが脱獄した網走監獄のトップ。 表向きは職務に忠実で厳格な男ですが、私欲のために網走監獄を私物化するなど偏執的な一面も持ち合わせています。 その執着は兄の仇である土方歳三に向けられており…… 本記事では犬童典獄のプロフィールや作中での活躍、土方歳三との因縁とその最期(死亡)を中心に語ってまいります。
レビュー

「九条の大罪」感想&評価(ネタバレ注意)~「闇金ウシジマくん」の作者が悪徳弁護士を描く!? あらすじ、登場人物など~

 今回は「闇金ウシジマくん」の作者・真鍋昌平先生が「ビッグコミックスピリッツ」で連載中のリーガルサスペンス「九条の大罪」について紹介します。 この作品は、法律と道徳を分けて考え、半グレやヤクザを中心に依頼を受ける弁護士・九条の視点で人間の葛藤や心の揺れ動きを描いた物語。 闇金業者の視点から物語を描くことに限界を感じた真鍋先生が、足かけ5年の取材を経て世に送り出した大作です。 本記事ではそのあらすじや登場人物の紹介を交え、その魅力を解説してまいります。
ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」関谷輪一郎~信仰心故に狂気に堕ちた悲運の刺青囚人、その過去や登場話、モデル(元ネタ)は存在する?~

 今回は大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、信仰心故に狂気に堕ちた悲運の刺青囚人「関谷 輪一郎(せきや わいちろう)」について解説します。 関谷輪一郎はアイヌの金塊の行方を記した刺青を持つ囚人の一人。 卓越した狡猾さと毒物知識を併せ持ち、「試練」と称した運試しで他人を毒殺する狂気の連続殺人鬼です。 作中では土方一派と対決し、その狡猾さで一派を壊滅寸前まで追い詰めていました。 本記事では関谷輪一郎のプロフィールや過去、作中での活躍を中心に深掘りしてまいります。
レビュー

「ニラメッコ」感想&評価(ネタバレ注意)~「うらみちお兄さん」の久世岳が送る若手芸人たちの苦楽を描いた青春コメディ~

 今回は「うらみちお兄さん」で知られる久世岳先生の最新作「ニラメッコ」について紹介します。 「ニラメッコ」はシェアハウスで暮らす若手お笑い芸人たちの苦楽と悲哀を描いたコメディ作品。 華々しい「笑い」の裏で、売れない、誹謗中傷、相方や恋人との関係、将来の不安など、様々な苦悩を抱える若者たちの青春群像劇となっています。 本記事では、あらすじや登場人物の紹介を交えつつ、そのちょっぴり闇深い魅力について深掘りしてまいります。
レビュー

「新約カニコウセン」感想&評価(ネタバレ注意)~「蟹工船」をSFリメイク? これもう「蟹」じゃねぇし!~

 今回はプロレタリア文学の傑作「蟹工船」をSFリメイクした問題作「新約カニコウセン」について紹介します。 「新約カニコウセン」は全ての海が蒸発し、巨大水棲生物たちが空を飛ぶ架空未来を舞台に、蟹工船で働かされる底辺労働者たちの苦悩と闘争を描いた物語。 小林多喜二の「蟹工船」のテイストは残しつつ、世界観を大胆にリメイクした問題作です。 本記事では「新約カニコウセン」のあらすじ(原作の解説含む)や登場人物の紹介を交えつつ、その魅力を深掘りしていきたいと思います。
レビュー

「メディアミックスメイデン」感想&評価(ネタバレ注意)~登場人物(女性)が魅力的なお仕事ラブコメ~

 今回は「裏サンデー」「マンガワン」で連載中の業界お仕事ラブコメ「メディアミックスメイデン」について紹介します。 この作品は敏腕で女癖の悪いフリープロデューサーを父に持つ主人公が、父の失踪によりメディアミックスプロジェクトを押し付けられ、エンタメの乙女たちと悪戦苦闘するという物語。 非常に魅力的な女性陣が登場していますが、ラブコメ要素はアクセント程度で意外と真面目なお仕事ものとなっています。 本記事ではこの「メディアミックスメイデン」の魅力について、あらすじや登場人物の紹介も交えて解説してまいります。
ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」奥山夏太郎(おくやまかんたろう)~土方に憧れた青年、初登場(アニメ)と声優、その後(死亡?)~

 今回は大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、土方歳三の生き様に憧れ一派に加わった青年「奥山 夏太郎(おくやま かんたろう)」について解説します。 奥山夏太郎は元は茨戸の賭博場の跡目争いに参加した用心棒の一人。 本来、金塊争奪戦とは縁もゆかりもないチンピラに過ぎなかったのですが、土方歳三という男の生き様に魅せられ、彼に認められたいと土方一派に加わりました。 本記事では奥山夏太郎という男のプロフィール(年齢・誕生日など)や活躍、その後の行方などを中心に解説してまいります。
レビュー

「日本三國」感想&評価(ネタバレ注意)~エグさとコミカルさが同居した近未来三国志、あらすじや登場人物紹介など~

 今回は「マンガワン」で松木いっか先生が連載中の近未来三国志「日本三國」について紹介します。 この作品は核戦争や感染症、自然災害などで文明が崩壊し、戦国時代へと突入した近未来の日本を舞台に、日本を再統一すべく立ち上がった軍師・三角青輝の物語。 非常に精緻に作り込まれた世界観と人間味あふれるコミカルでちょっぴり(?)エグいキャラクターたちが織り成す一大戦記となっています。 本記事では日本三國のあらすじや登場人物の紹介を交え、この作品の何が面白いのかを深掘りしていきたいと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました