その他

その他

「忘却バッテリー」佐古レイラ~クール系ヒロイン候補? VS真ヒロイン、家族構成など~

 今回は「ジャンプ+」の人気野球漫画「忘却バッテリー」から、本作のヒロイン候補)(?)「佐古 レイラ(さこ れいら)」について解説します。 佐古レイラは主人公たちが通う小手指高校の一学年上の女子生徒。 女っ気の少ない「忘却バッテリー」に登場した稀少な美少女であり、作中では野球部のマネージャーに就任しています。 本記事では佐古レイラのプロフィールや過去、その身内や真ヒロインとの比較を中心に解説してまいります。
その他

「忘却バッテリー」巻田広伸~頭は悪いが実力は確かなパワーピッチャー、千早との過去と桐島との関係など~

 今回は「ジャンプ+」の人気野球漫画「忘却バッテリー」から、強豪・氷河高校のパワーピッチャー「巻田 広伸(まきた ひろのぶ)」について解説します。 巻田広伸は主人公たちと同学年のライバルキャラの一人で、東京都の強豪・氷河高校の二番手ピッチャー。 頭が悪く周囲からいつもからかわれているものの、その実力は確かで投打ともに一級品です。 千早瞬平とはシニア時代のチームメイトで因縁の有る巻田広伸。 本記事ではそんな彼のプロフィールや人間関係、作中での活躍を中心に解説してまいります。
その他

「忘却バッテリー」岩崎監督~私立帝徳高校を率いる名将、ただし逃した魚を見ると情緒不安定に~

 今回は「ジャンプ+」の人気野球漫画「忘却バッテリー」から、情緒不安定さが大人気「岩崎監督」について解説します。 岩崎監督は東京都の甲子園常連校・私立帝徳高校を率いる名将。 かつて要圭や清峰葉流火ら小手指高校に入学した天才四人をスカウトしていたことがあり、彼ら四人が絡むと錯乱して情緒不安定になる面白いおっさんです。 普段の冷静沈着な姿と錯乱時のギャップでファンからの人気も高い岩崎監督。 本記事ではそんな愉快なおっさんのプロフィールや作中での活躍を中心に解説してまいります。
その他

「忘却バッテリー」国都英一郎~堅物で真面目な帝徳の主砲、その過去や作中での活躍など~

 今回は「ジャンプ+」の人気野球漫画「忘却バッテリー」から、堅物で真面目な天才バッター「国都 英一郎(こくと えいいちろう)」について解説します。 国都英一郎は主人公たちのライバルであり、東京都の甲子園常連校・帝徳高校に通う野球特待生。 1年生にして4番を任されるチームの絶対的主砲です。 中学時代に要圭と清峰葉流火に敗北し、帝徳に進学して共に甲子園を目指すことを夢見ていた国都英一郎。 本記事ではそんな彼のプロフィールや過去、作中での活躍を中心に解説してまいります。
その他

「忘却バッテリー」桐島秋斗(きりしましゅうと)~氷河高校エース、弟の夏彦(桐島兄弟)、巻田らとの関係など~

 今回は「ジャンプ+」の人気野球漫画「忘却バッテリー」から、強豪・氷河高校のエース「桐島 秋斗(きりしま しゅうと)」について解説します。 桐島秋斗は主人公たちのライバルであり、東京都の強豪・氷河高校の絶対的エース。 クールで飄々としていますが、毒舌で笑いに厳しく、特に後輩の巻田を厳しくいじっています。 全国一の強豪・大阪陽盟館高校でエースとなった弟がいて、そのことに強いコンプレックスを抱いています。 本記事ではそんな彼のプロフィールや人間関係などを中心に解説してまいります。
その他

「忘却バッテリー」作者/みかわ絵子~プロフィールや美人と言われる素顔、結婚(夫)、アシスタント仲間など~

 今回は「ジャンプ+」の人気野球漫画「忘却バッテリー」の作者「みかわ絵子」先生について解説します。 みかわ絵子先生は愛知県出身の女性漫画家。 爽やかで美麗な画風の中に、熱さと滑稽さを描くことが巧みな作家さんです。 昨今は顔出しNGの作家さんも多い中、メディア出演しファンの間で美人と話題になっていたみかわ絵子先生。 本記事ではそんな先生のプロフィールや素顔、結婚相手(夫)などを中心に解説してまいります。
その他

「忘却バッテリー」清峰葉流火~”本物”の天才投手、要圭との過去、成長と変化球習得、兄・清峰葉流馬~

 今回は「ジャンプ+」の人気野球漫画「忘却バッテリー」から、本作の主人公の一人「清峰 葉流火(きよみね はるか)」について解説します。 清峰葉流火は中学時代、もう一人の主人公・要圭と共に「怪物バッテリー」と呼ばれ、数多の球児を打ち砕いてきた天才投手。 相棒の要圭を含め、周囲の仲間たちは天才と評されつつも才能不足や挫折を経験した面々ばかりですが、清峰葉流火に関しては徹頭徹尾”本物”の天才として描かれています。 本記事ではそんな彼のプロフィールや過去、作中での成長や兄・葉流馬を中心に解説してまいります。
その他

「忘却バッテリー」藤堂葵~強肩強打のヤンキー遊撃手、その過去とイップス、打順の変化と美人姉妹~

 今回は「ジャンプ+」の人気野球漫画「忘却バッテリー」から、小手指高校の熱血大型遊撃手「藤堂 葵(とうどう あおい)」について解説します。 藤堂葵は恵まれたフィジカルとフルスイングでどんな球も柵越えさせるパワーヒッター。 中学時代にあるミスが切っ掛けでイップスとなり野球を辞めていましたが、高校でかつてのライバルたちと再会し、再び野球を始めることになります。 本記事では藤堂葵のプロフィールや過去、イップスからの復活やかわいい美人姉妹を中心に解説してまいります。
その他

「忘却バッテリー」要圭~記憶喪失の理由と過去、いつ記憶が戻る? 智将と恥将、パイ毛の由来~

 今回は「ジャンプ+」の人気野球漫画「忘却バッテリー」から、本作の主人公の一人「要 圭(かなめ けい)」について解説します。 要圭は中学時代「智将」と呼ばれ冷静沈着なリードで勝利に導いた天才捕手。 しかし彼は記憶喪失により野球に関する知識や興味を失い、野球部のない都立高校に進学することになります。 物語が進むにつれて徐々に記憶を取り戻し、記憶喪失となった理由(過去)が明かされていく要圭。 本記事ではそんな彼のプロフィールや過去、智将と恥将の違いなどを中心に解説してまいります。
その他

「忘却バッテリー」山田太郎~物語の語り手でもある穏やかな常識人、その過去や主将就任、藤堂のイップス克服など~

 今回は「ジャンプ+」の人気野球漫画「忘却バッテリー」から、小手指高校の精神的支柱にして物語の語り手「山田 太郎(やまだ たろう)」について解説します。 「天才たちは、出会ってしまった。」がこの「忘却バッテリー」のキャッチコピーですが、山田太郎はその場面に遭遇し、天才たちと共に野球をしていくことになる凡人代表。 物語の語り手であり読者の分身のような存在です。 しかしただの凡人でなく、要所要所で天才たちを支え救っていく立派な凡人。 本記事では山田太郎のプロフィールや過去、作中での活躍などを中心に解説してまいります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました