ダンまち

ダンまち

「ダンまち」ボールス・エルダー~リヴィラの街の顔役、その強さと作中での活躍(漆黒の大剣、疾風討伐隊)~

 今回は人気ファンタジー「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(以下「ダンまち」)」から、リヴィラの街の顔役「ボールス・エルダー」について解説します。 ボールス・エルダーは迷宮の18階層に作られたローグタウン「リヴィラの街」の顔役を務める男性冒険者。 正しく無法者と呼ぶにふさわしい見た目の持ち主で、強欲でクセの強いリヴィラの住人たちをまとめ上げています。 本記事ではそんなボールスのプロフィールや強さ、作中での活躍を中心に解説してまいります。
ダンまち

「ダンまち」モルド・ラトロー~光落ちしたツンデレならず者、そのヒロイン力や強さ、作中での活躍など~

 今回は人気ファンタジー「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(以下「ダンまち」)」から、光落ちしたツンデレならず者「モルド・ラトロー」について解説します。 モルド・ラトローは「オグマ・ファミリア」所属の男性冒険者。 長年中層でくすぶっている冒険者としてはごく平均的なオッサンで、登場当初はベルに嫉妬して蛮行に出たこともありました。 ただその後の出来事でベルのファンとなり、ことあるごとにベルに味方するツンデレオヤジ。 本記事ではそんなモルド・ラトローのプロフィールや強さ、作中での活躍やヒロイン力を中心に解説してまいります。
ダンまち

「ダンまち」ヴァレッタ~タナトス・ファミリアに所属する闇派閥の幹部、フィンとの因縁と最期(死亡)~

 今回は人気ファンタジー「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(以下「ダンまち」)」から、闇派閥の幹部「ヴァレッタ・グレーデ」について解説します。 ヴァレッタは闇派閥の一つ、タナトス・ファミリアに所属する女幹部。 フィンと因縁が深く、作中では卑劣な手段でロキ・ファミリアを追い詰めた難敵です。 ロキ・ファミリアに深い傷跡を残したヴァレッタ。 本記事ではそんな彼女のプロフィールや強さ、フィンとの因縁とその最期(死亡)を中心に解説してまいります。
ダンまち

「ダンまち」プロメテウス~アエデス・ウェスタで登場したオリンピアの主神、イリア、エピメテウスとの関係と正体~

 今回は人気ファンタジー「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(以下「ダンまち」)」から、アエデス・ウェスタに登場した先見の神「プロメテウス」について解説します。 プロメテウスはオリンピアの主神であり、神々が降臨した神時代以前に魔物たちに蹂躙される人々を憐み、火の恩恵を与えた大神。 慈悲深い神ではあったのですが、その行為が結果的により大きな災厄を呼びせてしまった全ての元凶と呼べる存在でもあります。 本記事ではプロメテウスのプロフィールや関係者(エピメテウス・イリア)、その正体を中心に解説してまいります。
ダンまち

「ダンまち」レオン・ヴァーデンベルク~【ナイト・オブ・ナイト】の二つ名を持つレベル7、学区筆頭教師~

 今回は人気ファンタジー「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(以下「ダンまち」)」から、オッタルと並ぶLV7「レオン・ヴァーデンベルク」について解説します。 レオンは「学区(海上学術機関特区)」の教師筆頭にしてバルドル・クラスの団長。 かつて学区に所属していたレフィーヤの師でもあります。 実力と人望を備えた人格者で、登場するかなり前から様々な場所で話題に上がっていた有名人。 本記事ではそんなレオンのプロフィールや強さ、彼が所属する学区などを中心に解説してまいります。
ダンまち

「ダンまち」ロイマン・マルディール~「ギルドの豚」と揶揄される太っちょエルフのギルド長、嫌われてるけど実は有能?~

 今回は人気ファンタジー「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(以下「ダンまち」)」から、ギルド長「ロイマン・マルディール」について解説します。 ロイマンはオラリオの運営を統括する「ギルド」の最高責任者。 容姿端麗でスラリとした者が多いエルフでありながら、放蕩によりでっぷり太った見た目をしていることから、周囲からは「ギルドの豚」と呼ばれ嫌われています。 作中ではその判断が色々と裏目に出ることが多いものの、実は能力そのものは有能なロイマン。 本記事ではそんなギルドの豚のプロフィールや人間関係、隠れた苦労人ぶりを中心に解説してまいります。
ダンまち

「ダンまち」ヒュアキントス~アポロンに忠誠を誓うファミリア団長、その強さ(レベル)とその後~

 今回は人気ファンタジー「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(以下「ダンまち」)」から、アポロンの寵児「ヒュアキントス・クリオ」について解説します。 ヒュアキントスは「アポロン・ファミリア」の団長を務める男性冒険者。 主神であるアポロンに絶対の忠誠を誓っています。 作中でアポロン・ファミリアはベルに手を出そうとした結果、全財産没収、ファミリア解散の上でオラリオ追放処分となっていますが、ヒュアキントスはその後もアポロンに付き従っていました。 本記事ではそんなアポロンのプロフィールや強さ(レベル)、作中での顛末とその後を中心に解説してまいります。
ダンまち

「ダンまち」カーリー~テルスキュラのアマゾネスを統べるのじゃロリ系女神、ファミリアやティオナ・ティオネとの関係~

 今回は人気ファンタジー「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(以下「ダンまち」)」から、のじゃロリ系女神「カーリー」について解説します。 カーリーはアマゾネスの国家・闘国「テルスキュラ」を統べる国家系ファミリア「カーリー・ファミリア」の主神。 見た目はロリですが、闘争と殺戮を司る物騒な戦神です。 ティオナ、ティオネのかつての主神でもあるカーリー。 本記事ではそんな女神のプロフィールやファミリアの概要、ティオナたちとの関係を中心に解説してまいります。
ダンまち

「ダンまち」レナ・タリー~ベートに惚れたヤベー女、死亡偽装と復活、その後(ファミリア)など~

 今回は人気ファンタジー「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(以下「ダンまち」)」から、ベートに惚れたヤベー女「レナ・タリー」について解説します。 レナ・タリーは「イシュタル・ファミリア」に所属するアマゾネスの冒険者。 健康的でかわいらしい容姿の持ち主で、作中では「強い雄に惹かれる」というアマゾネスの本能から自分を倒したベートに付きまとうことになります。 時に同族さえドン引きさせるほどのヤバさを見せるレナ。 本記事ではそんな彼女のプロフィールや強さ、作中での死亡偽装の経緯や人間関係を中心に解説してまいります。
ダンまち

「ダンまち」アポロン~気持ち悪いことに定評がある男神、ベルを狙ったクズっぷりとその後~

 今回は人気ファンタジー「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(以下「ダンまち」)」から、気持ち悪さに定評がある男神「アポロン」について解説します。 アポロンはオラリオにおける探索系中堅派閥「アポロン・ファミリア」の主神。 見初めた相手は地の果てまでも追いかけて手に入れようとする執念深い変神で、作中ではベル・クラネルに目をつけたことが切っ掛けで凋落していくことになります。 本記事ではそんなアポロンのプロフィールやファミリアの概要、アポロン編の顛末とその後を中心に解説してまいります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました