ブラッククローバー

ブラッククローバー

「ブラッククローバー」ライア~某団長に化けていたエルフ族・模倣魔法の使い手、過去とその後、モデルや声優変更など~

 今回は少年ジャンプの大人気漫画「ブラッククローバー」から、「嘘つき」を自称する模倣魔法の使い手「ライア」について解説します。 ライアはテロ組織「白夜の魔眼」の幹部「三魔眼」の一人。 他者の魔法をコピーする「模倣魔法」とエルフ族特有の強大な魔力を兼ね備えた強力な魔導士です。 嘘を見抜く力を持ち、頭の回転も速いため、作中では「白夜の魔眼」頭首・リヒト(パトリ)の右腕として活躍していました。 本記事ではそんなライアのプロフィールや過去、作中での活躍やその後を中心に解説してまいります。
ブラッククローバー

「ブラッククローバー」リーベ~アスタの魔導書に宿る反魔法の悪魔、その正体と過去(リチタ)、強さなど~

 今回は少年ジャンプの大人気漫画「ブラッククローバー」から、五つ葉の魔導書に宿る悪魔「リーベ」について解説します。 リーベとは主人公・アスタの魔導書に宿り、彼に反魔法の力を与えていた悪魔。 当初はアスタの肉体を乗っ取ろうとしていましたが、従魔の儀を経てアスタと対等の契約を結び、彼の相棒として共に戦っていくことになります。 本記事ではリーベのプロフィールと能力、彼が反魔法の力を得るに至った過去を中心に、その正体について深掘りしてまいります。
ブラッククローバー

「ブラッククローバー」フエゴレオン・ヴァーミリオン~死亡説からの復活(誰にやられた?)、煉獄さんに似てる?~

 今回は少年ジャンプの大人気漫画「ブラッククローバー」から、作中屈指の熱血系人格者「フエゴレオン・ヴァーミリオン」について解説します。 フエゴレオンは9つあるクローバー王国魔法騎士団の一つ「紅蓮の獅子王」の団長。 実力と人格を兼ね備えた高潔な男性で、生まれや能力にコンプレックスを抱えるアスタたちを励まし、その成長に大きく寄与した人物です。 作中では一度片腕を失うほどの重傷を負い、死亡説が流れたこともありましたが、その後見事に復活を果たしています。 本記事では魔法騎士団随一の人格者・フエゴレオンのプロフィールや強さについて深掘りしてまいります。
ブラッククローバー

「ブラッククローバー」シスター・リリー~プロフィール(年齢・声優など)や正体、悪魔の力で聖騎士(パラディン)化~

 今回は少年ジャンプの大人気漫画「ブラッククローバー」から、アスタに想いを寄せられる美人シスター「シスター・リリー」について解説します。 シスター・リリーはアスタとユノが育てられた孤児院のシスター。 事あるごとにアスタから告白され、プロポーズされては断り続けている年上のお姉さんキャラです。 物語序盤から登場していますが、実はその正体は謎だらけのシスター・リリー。 本記事ではそんな彼女のプロフィールや強さ(魔法)、作中での活躍を中心に解説してまいります。
ブラッククローバー

「ブラッククローバー」ドロシー・アンズワーズ~珊瑚の孔雀団長はかわいいハイテンションオネーサン(27歳)~

 今回は少年ジャンプの大人気漫画「ブラッククローバー」から、かわいいハイテンションオネーサン「ドロシー・アンズワーズ」について解説します。 ドロシーは魔法騎士団の一つ「珊瑚の孔雀」の団長。 登場当初は常に寝てばかりの不思議系少女として描かれていましたが、その本性はハイテンションで明るい愉快なオネーサン(27歳)。 「夢」という本作屈指のチート魔法の使い手です。 本記事ではドロシーの基本プロフィールや強さ(魔法)、作中での活躍(戦歴・ノエルとのやりとり)を中心に解説していきます。
ブラッククローバー

「ブラッククローバー」サリー~見た目”は”かわいいイカレ女、死亡→復活の経緯、アスタの取引で仲間に?~

 今回は少年ジャンプの大人気漫画「ブラッククローバー」から、見た目はかわいいイカレたマッドサイエンティスト「サリー」について解説します。 サリーはテロ組織「白夜の魔眼」に所属する研究者。 見た目はかわいい少女ですが、自分の研究以外には全く興味がなく、犯罪行為にも平然と手を染める問題児です。 作中では白夜の魔眼の頭首・リヒトに裏切られ生贄にされたものの奇跡的に復活。 その後、アスタの捨て身の説得(?)で寝返ったイカレ女のプロフィールや活躍を語ってまいります。
ブラッククローバー

「ブラッククローバー」ゴードン・アグリッパ~毒呪詛魔法を操る不遇なシャイボーイ、その強さ(能力)やそっくりな家族など~

 今回は少年ジャンプの大人気漫画「ブラッククローバー」から、不気味で不遇なシャイボーイ「ゴードン・アグリッパ」について解説します。 ゴードンは魔法騎士団「黒の暴牛」に所属するアスタたちの先輩魔導士。 一見するとアダムスファミリーのようなパンダ顔をした不気味な男ですが、その正体は友達が欲しいけど口に出せない極度のコミュ障。 作中ではしばしば存在を忘れられ、イベント時には留守番役となることが多い不遇な男です。 本記事ではそんなゴードンのプロフィールや強さ(能力)、家族関係などを中心に解説してまいります。
ブラッククローバー

「ブラッククローバー」ユリウス・ノヴァクロノ~全ての黒幕だった魔法帝の正体、作中での伏線、死亡からの復活など~

 今回は少年ジャンプの大人気漫画「ブラッククローバー」から、最終章において全ての黒幕であったことが判明した魔法帝「ユリウス・ノヴァクロノ」について解説します。 ユリウスはアスタ達が目指すクローバー王国魔法騎士の頂点・第28代魔法帝。 作中では実力・実績共に申し分なく、公明正大な理想の存在として描かれていました。 しかし最終章において、実はユリウス(正確にはその別人格?)こそが全ての黒幕であり、物語のラスボスであったことが判明。 本記事ではユリウスのプロフィールや強さ、正体とそれにまつわる伏線などを中心に深掘りしてまいります。
ブラッククローバー

「ブラッククローバー」ダンテ~敗北続きながら人気投票4位を獲得したサイコパス、その強さ(弱い?)、最後(死亡)など~

 今回は少年ジャンプの大人気漫画「ブラッククローバー」から、スペード王国を牛耳る漆黒の三極性の首魁「ダンテ・ゾクラティス」について解説します。 ダンテは最上位悪魔ルチフェロと契約した魔導士であり、作中でも最強格の悪魔憑き。 悪意を至高の感情として崇拝している極めて性質の悪いサイコパスでもあります。 強敵ではあったものの負けも多く人格的に小者臭いため、漆黒の三極性最弱説も流れているダンテ。 本記事では彼のプロフィールや強さ(弱い?)、意外な人気ぶりなどを中心に解説してまいります。
ブラッククローバー

「ブラッククローバー」ゴーシュ・アドレイ~その正体はエルフ転生者にしてシスコン、その魔法と左目の義眼など~

 今回は少年ジャンプの大人気漫画「ブラッククローバー」から、究極のシスコン魔導士「ゴーシュ・アドレイ」について解説します。 ゴーシュは魔法騎士団「黒の暴牛」に所属するアスタたちの先輩魔導士。 妹マリーが自分の全てと宣言する病的なシスコンで、妹を守るため犯罪にさえ手を染めた過去の持ち主です。 一方で、妹以外にグレイから好意を寄せられていたり、エルフ転生者であったりと、単なるシスコンに留まらないゴーシュ。 本記事ではゴーシュのプロフィールや強さ(魔法)、人間関係などを中心にその魅力を語ってまいります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました