「呪術廻戦」領域展開の使用者一覧、メリット・デメリットとメタ的な問題点など

 今回は「呪術廻戦」において呪術戦の極致と呼ばれる必殺技、「領域展開」についてまとめてみました。

 特級クラスの強者のみが使用可能な領域展開、その迫力とインパクトは間違いなく作中屈指。今回はその使用者と種類、メリット・デメリットなどについて、メタ的視点も交えて語っております。

「呪術廻戦」領域展開とは? メリット・デメリットは?

 領域展開とは、術者(or呪霊)の生得術式を付与した領域を周囲に展開する技。
 言い換えれば、術者(or呪霊)の術式(=ルール)で周囲の世界を塗り替える技です(Fateでいう固有結界ですね)。

 この効果は大きく3つ。

①「環境要因による術者(or呪霊)のステータス上昇」
②「術者(or呪霊)の術式への必中効果付与」
③「領域内へ敵を閉じこめる(例外あり)」

 特に凶悪なのが②の必中効果で、付与された術式次第では「当たる=決着」となることもあるため、領域展開はしばしば文字通りの必殺技として作用します。

 これに対抗するには、術式で防御するか、自分も領域を展開するか(簡易領域含む)。領域外に逃げるという選択肢もありますが、③の効果があるので大抵の場合は無理です。

 このように極めて強力な技ですが、当然デメリットも存在します。

①呪力消費が莫大で、特級クラスでも多様できない。
②領域展開後は生得術式が焼き切れ、一定時間使用できない。

 平たく言うと、使用後はヘロヘロになって普通の術式も使えないので、仕留めそこなうと反撃されてピンチになるかも、ということです。

 上位の使い手なら領域対策は行っているでしょうし、強いからといって何も考えずに多様出来る技ではないということですね(五条悟とか宿儺とか例外はありますが)。


「呪術廻戦」領域展開の使用者一覧

五条悟「無量空処(むりょうくうしょ)」

 作中最強、五条悟の領域展開の効果は、領域内に閉じ込めた者のあらゆる生命活動に関し、無限回の情報を脳に強制すること。

 つまり閉じ込められた者は情報過多によって何もできず、廃人となってしまう術式ですね。

 単純な生得術式の付与ではなく、術式解釈の幅を広げた拡張術式を付与しているのでしょう。

両面宿儺「伏魔御厨子(ふくまみづし)」

 作中でも全容は明らかとなっていませんが、どうやら効果内のあらゆる対象に強力な必中斬撃を絶え間なく浴びせるもののようです。

 その恐ろしい所は半径数百メートルに及ぶ広大な領域範囲

 「対象を領域内に閉じ込めない」という縛りと膨大な呪力によって成立したそれは、間違いなく作中でも随一の広さを持っています。

真人「自閉円頓裹(じへいえんどんか)」

 触れたら防御不能で魂を変形させ、即死させてしまうことのできる真人の術式に必中効果が付与された、作中でも屈指の凶悪さを誇る領域展開です。

 主人公、虎杖という天敵がいなければ、恐らく真人を攻略することは不可能だったでしょう。

漏瑚「蓋棺鉄囲山(がいかんてっちせん)」

 シンプルに溶岩噴き出す高熱の領域を作り出すタイプの領域展開です。

 必中効果以前に、並の使い手であれば領域に入った時点で高温で焼死してしまうという、ある意味力技を極めた領域と言えるでしょう。

 相手が五条悟じゃなければ通用したのに……

花御「朶頤光海(だいこうかい)」

 名前だけが判明している特級呪霊、花御の領域展開です。

 作中では五条悟の妨害もあり、残念ながら使用機会はありませんでした。

陀艮「蕩蘊平線(たううんへいせん)」

 南国のビーチのような光景が広がる、非常に穏やかで生命溢れる領域です。

 ただし敵対者には、万物の生命の源である海から魚の式神が際限なく、必中効果付きで襲いかかる、物量で押し切るタイプの領域展開ですね。

伏黒恵「嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)」(未完成)

 伏黒恵が編み出した、ドロドロの影で溢れる領域展開です。

 影から無尽蔵に式神を生み出したり、自分の分身を作ったりと応用力は非常に高いもののようですが、まだまだ未完成な領域です。

 恐らく描写から見るに、必中効果も付与されていないんじゃないでしょうか。

疱瘡婆「(名称不明)」

 「特級特定疾病呪霊」疱瘡神の使用した名称不明の領域です。

 墓石建ち並ぶ領域で、領域内の者は棺桶に閉じ込められ、墓石で地中に埋め込まれ、3カウント以内に脱出できなければ病にかかって死ぬ、というタイプの領域。

 ただ、一度に一人ずつしか対象にできないようですね。


領域展開は強力だけど、致命的な欠陥を抱えている?

 さて、このように極めて強力でカッコいい領域展開ですが、この技には致命的な欠点が一つ存在します。

 それは基本「敵の使う、破られるための技」だと言うこと。

 五条悟はバグなので例外です。そして伏黒恵も、完全な形で領域展開を使用できているわけではありません。

 そもそも普通の術師では扱えない超絶技巧だというのもありますが、「発動=決着」となりかねない技なので、主人公側が使っていたらバトルが成立しませんよね。

 基本、領域展開とは強敵が使用し、それを主人公たちが工夫を凝らして攻略する、破られるために存在する技ではないでしょうか

 敵味方は逆でしたが、渋谷事変で五条悟の領域展開が攻略されたことしかり。

 領域展開は強力ではありますが、その在り方ゆえに、決め手となることは今後少ないでしょうね。

関連記事【まとめ】「呪術廻戦」キャラクター考察wiki

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました