日常

レビュー

「税金で買った本」感想&評価(ネタバレ注意)~図書館司書のリアルな実情、あらすじや登場人物など~

 今回はヤンマガwebで連載が開始され、後にヤンマガ本誌に移籍した図書館お仕事漫画「税金で買った本」について紹介します。 この作品はヤンキーの石平君が、昔借りたまま紛失してしまった一冊の本を切っ掛けに図書館に興味を持ち、アルバイトを始めるお仕事モノ。 麒麟・川島さんの推薦で一気に人気が爆発したことでも知られていますね。 本記事では図書館司書のリアルな実情とそれを取り巻く人々の日常群像劇の魅力について語ってまいります。
レビュー

「クプルムの花嫁」感想&評価(ネタバレ注意)~新潟県の燕三条地域を舞台に紡がれる鎚起銅器職人とギャルの婚約ストーリー~

 今回は「ハルタ」で連載中、寡黙な職人の青年とギャルの婚約生活を描いたラブストーリー「クプルムの花嫁」を紹介します。 この作品は金属加工で有名な新潟県燕三条地域を舞台に、鎚起銅器職人の青年と婚約したギャルが立派な職人の妻となるべく奮闘する物語。 ちなみにクプルムとはラテン語で「銅」を意味しています。 柔らかく丁寧な描写と物語が非常に魅力的で、主人公二人の距離感に思わずニマニマしてしまう作品となっています。
レビュー

「ひらやすみ」感想&評価(ネタバレ注意)~29歳フリーターと18歳美大生が阿佐ヶ谷の平屋を舞台に紡ぐモラトリアム~

 今回は「ビッグコミックスピリッツ」で真造圭伍先生が連載中の話題作「ひらやすみ」について紹介します。 この作品は知り合いの老婆から阿佐ヶ谷に平屋の一軒家を譲り受けた29歳のフリーターと、その従妹の18歳美大生が穏やかな日常モラトリアムストーリー。 阿佐ヶ谷つながりで阿佐ヶ谷姉妹が「のんびり暮らしの達人」と推薦文を書いたことでも話題となっていました。 本記事では「ひらやすみ」のあらすじと登場人物の紹介を交えつつ、その魅力・感想を語ってみようと思います。
レビュー

「異世界おじさん」感想&評価(ネタバレ注意)~”なろう系”のテンプレをことごとく踏み潰す話題作、アニメ化、声優など~

 今回は「WebComicアパンダ」で連載中、異世界転移なろう系のテンプレをことごとく踏み砕いた傑作「異世界おじさん」について紹介します。 「異世界おじさん」とは異世界モノのテンプレなど存在しない2000年から17年間異世界に行っていたおじさんが異世界での残念すぎる記憶を語りつつ、魔法を駆使してYouTuberとして生計を立てるというシュールなギャグ作品。 ある意味”なろう系”へのカウンターとも呼べる作品で、現在はアニメも放送中です。 本記事ではあらすじや登場人物の紹介、アニメの概要(声優・いつから)を中心に、その魅力を語っていこうと思います。
レビュー

「笑顔のたえない職場です。」感想&評価(ネタバレ注意)~登場人物の関係性が尊い少女漫画家ワーキングコメディ~

 今回は「コミックDAYS」で「くずしろ」先生が連載中のワーキングコメディ「笑顔のたえない職場です。」について紹介します。 この作品は新人少女漫画を取り巻くアシスタントや編集者たちの日常を描いた群像劇。 タイトルからはほんのりブラックな香りがしますが、全然そんなんじゃないですよ(業界的にはそうかもしれんけど)。 絵や登場人物がかわいらしいのは勿論、漫画家ならではの苦悩をリアルに描いた読み応えのある作品となっておりますので、この期に興味を持っていただければ幸いです。
レビュー

「惰性67パーセント」感想&評価(ネタバレ注意)~美術系大学に通う女の子の下ネタとハプニングを詰め込んだ日常系コメディ~

 今回は紙魚丸先生が「ウルトラジャンプ」で連載中、美大に通う男女の友情とちょっとエッチなハプニングが描かれた日常系コメディ作品「惰性67パーセント」について紹介します。 「惰性67パーセント」は美大に通う主人公、吉澤みなみの部屋や大学を舞台に、彼女の部屋に入り浸る友人たちとのだらしない日常を描いた物語。 気の置けない友人たちとの下ネタ満載のやり取りや、迂闊で隙だらけな女の子が墓穴を掘っていく様子がかわいくて笑える内容となっています。 リア充ってわけじゃないけど、こいつら羨ましい大学生活送ってんなぁ……
レビュー

漫画版「おいしい給食」感想&評価~ドラマシーズン2(続編)も放送中、TVドラマ原作のバカバカしすぎる給食バトル!~

 今回は2019年に連続TVドラマとして放送され、映画化を経て現在漫画版がビッグガンガンで連載中の「おいしい給食」について紹介します。 「おいしい給食」は市原隼人さん主演でTV神奈川などを中心に放送されたTVドラマで、1980年代の中学校を舞台に給食大好き教師と中学生の「どっちが美味しく給食を食べるかバトル」を描いた物語。 大好評につき映画化を経て漫画化され、2021年10月からドラマシーズン2(続編)もされている「おいしい給食」について、そのあらすじ、登場人物を中心に魅力を語ってまいります。
レビュー

「デキる猫は今日も憂鬱」感想(ネタバレ注意)~ファンタジーな猫なのに生活臭が拭えないほのぼの日常もの、アニメ化希望!~

 今回は山田ヒツジ先生が「水曜日のシリウス」で連載中の、家事万能巨大猫とズボラOLの日常を描いた「デキる猫は今日も憂鬱」について紹介します。 この作品は人間よりデカくすくすく育った二足歩行可能な家事万能猫の諭吉が、外面は完璧ながら家ではズボラでダメ人間なOL幸来の面倒を見ながら過ごす日常を描いたちょっと不思議な物語。 OLが猫を飼っているのか、猫がOLの世話をしているのか、互いのちょっとズレた関係が面白い良作です。 本記事ではあらすじ(エピソード抜粋)や登場人物のネタバレも交えながら、その魅力について語ってまいります。
レビュー

「ハクメイとミコチ」感想&評価(ネタバレ注意)~東方同人出身の作者が描く小人たちの日常、アニメ第2期の可能性は~

 今回は「ハルタ」で連載中、身長9センチメートルの小人たちの日常を描いた「ハクメイとミコチ」について紹介します。 この作品は作者の樫木祐人先生が大学の課題として制作したものが編集者の目に留まり、読み切り、連載を経て2018年にはアニメ化もされた人気作。 本記事では、東方シリーズを彷彿とさせるかわいいキャラクターと小人たち独特の「面白いこと」を突き詰めたこの作品の魅力を、あらすじや若干のネタバレ、アニメ第2期の可能性なども含めて語ってまいります。
レビュー

「今日のさんぽんた」感想~Twitterで公開され話題沸騰! 柴犬との日常を描いたショートコメディ~

 今回は「ゲッサン」で田岡りき先生が連載中の、バカな飼い主と柴犬ポン太の日常を描いたほのぼの漫画「今日のさんぽんた」を紹介します。 この作品は元々ゲッサンに掲載された読み切りをTwitterで公開したところ話題となり、その後連載が開始されたショートコメディ。 犬を飼ったことのある方なら誰しも感じたことのあるだろう、飼い主と犬とのコミュニケーションのズレが絶妙な間で描かれており、そのかわいさに思わず和んでしまいました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました