文豪ストレイドッグス「谷崎潤一郎」~探偵社きっての常識人、妹「谷崎ナオミ」とは血がつながっていない? 声優は~

 今回は大人気漫画「文豪ストレイドッグス」から、武装探偵社きっての常識人にしてシスコン「谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう)」について解説させていただきます。

 谷崎潤一郎はチャラい見た目とは裏腹に、何故武装探偵社に所属しているのか分からないほどの常識人。しかし、妹「谷崎 ナオミ(たにざき なおみ)」が絡むと、色んな意味で怪しさ倍増、一気に武装探偵社らしくなってしまいます。

 今回は「深く追求してはいけない」ナオミとの関係も含めて、この兄妹を深掘りしていこうと思います。

文豪ストレイドッグス、谷崎潤一郎のプロフィール(声優含む)

基本プロフィール(年齢、身長、誕生日、声優など)

年齢18歳
身長174cm
体重59kg
誕生日7月24日
血液型A型
好きなもの鱧、中華料理、猫
嫌いなもの地震
声優豊永利行

 谷崎潤一郎は武装探偵社の社員、丁稚のような立場で忙しく皆に使われています。

 一見するといかにもチャラそうな優男ですが、その性格は武装探偵社随一の常識人にして温和な好青年

 初登場では主人公、中島敦の入社試験のために爆弾魔を演じていたのですが、試験が終わると敦に対して全力で謝罪するなど、非常に生真面目で優しい青年であることがうかがえます。

 谷崎潤一郎の個性と言えば妹のナオミ

 ナオミは武装探偵社では事務員を務めているのですが、彼女はとにかく谷崎潤一郎へのスキンシップが過激で挑発的で倒錯的

 谷崎潤一郎はしばしば羞恥プレイのようなナオミの言動とスキンシップに顔を赤らめあたふたしています。

重度のシスコン、妹ナオミが絡むと豹変する

 一見すると、ナオミが一方的に谷崎潤一郎に絡んでいるだけにも見えますが、実際のところ兄である谷崎潤一郎も相当なシスコンです。

 ナオミのように倒錯的な行動をとることはありませんが、ナオミの身に危険が及ぶと温和な性格が豹変。危害を加えた人間を容赦なく殺そうとするなど、完全にタガが外れてしまいます

「それがナオミの為なら、ボクは喜んで世界を焼く」

 ちなみに、ナオミのあまりに過剰で倒錯的なスキンシップにより、周囲からは本当に実の兄妹なのか疑われていますが、武装探偵社では暗黙のルールとして「深く追求してはいけない」事項になっているそうです(それでも追求した結果は後述)。


文豪ストレイドッグス、谷崎潤一郎の異能力、強さ

異能力「細雪」

異能力:細雪(ささめゆき)
異能によって雪を降らせ、その空間内をスクリーンに変えて幻影を作り出す能力。

 平たく言うと幻術使いですね。

 背景に透過して自分たちを見えなくしたり、幻影を作って相手を混乱させたりと、直接的な攻撃力こそありませんが、非常に応用力の高い異能です。

 格上の相手でもこの幻影を見破ることは困難な上、作中ではモンゴメリが作り出した異空間内のものにも有効に作用していました。

 本人の性格的には全く向いていませんが、ポートマフィアの幹部からは「恐ろしく暗殺に向いている異能」と評されており、使い方次第では本当に恐ろしい異能と言えるでしょうね。

非戦闘員だが、戦局を大きく変える重要人物

 谷崎潤一郎自身は全く荒事には向いておらず、他の社員のように体術に長けているわけでもないので戦闘能力はほとんどありません

 そのため、しょっちゅうピンチになって重傷を負ったり、散々な目に遭っています(与謝野晶子に治療されることも含めて)。

 しかし、谷崎潤一郎の能力は使い方次第で戦局を一変させる可能性を持ち、作中でも江戸川乱歩の作戦立案の下で何度も武装探偵社の窮地を救っています(ポートマフィアの襲撃から社員を逃がしたり)。

 まあ、問題は谷崎潤一郎自身にそれを使いこなす能力と経験がないということですが、それは今後の成長に期待ということで。


谷崎ナオミとの関係は? 血はつながっていない?

谷崎ナオミの基本プロフィール(声優、異能力の有無、死亡説など)

年齢不明(多分15歳)
身長不明
体重不明
誕生日3月26日
血液型不明
好きなもの兄(谷崎潤一郎)
嫌いなもの不明
声優小見川千明

 さて、谷崎潤一郎と言えば妹のナオミということで、併せて解説していきます。

 ナオミは長い黒髪と挑発的な眼差しが特徴の美少女で、兄である谷崎潤一郎に倒錯的な愛情を向けています

 とは言え、兄が絡まなければ普通に肝の据わった出来た少女であり、作中で敦がポートマフィアに攫われて武装探偵社内で意見が割れた際など、社長を引きずりだしてきて場を収めるなど、堂々たる立ち振る舞いを見せています。

 プロフィールはあまり詳しく明かされていませんが、モデルは谷崎潤一郎の小説「痴人の愛」の登場人物「ナオミ」
 そのことから、恐らく年齢は15歳ではないかと推察されます。

 ちなみに異能は持たない一般人。
 作中では兄と共に重傷を負い、その後兄だけが復活してナオミはしばらく登場しなかったため、一時期死亡説も流れたのですが、その後きちんと生存が確認されています。

血がつながっていない理由、モデルは「痴人の愛」

 さて、谷崎兄妹と言えば、そのあまりに過剰で倒錯的なスキンシップと似ていない外見から、血がつながっていないのでは、と周囲から疑われていることは前述しましたが、実際のところどうなのでしょうか?

 これについて、作中では今のところ明確な回答はなく、そして恐らく今後もないと思われますが、モデルとなった小説とその背景を鑑みるに、「血は繋がっていない」と考えるべきでしょう。

 「痴人の愛」に登場する「ナオミ」は谷崎潤一郎の妻の妹がモデルと言われています。

 つまり谷崎潤一郎の義理の妹。

 文豪ストレイドッグスでどこまで設定を踏襲しているかは不明ですが、他のキャラクターはかなり詳しく設定を踏襲していますので、恐らくは谷崎潤一郎に関しても……

 まあ、そのあたりを深掘りしていくと、血がつながっていようがいまいが、かなり倒錯的でややこしい話になりそうですし、「深く追求してはいけない」という、武装探偵社の方針が一番正しいのかもしれません。



コメント

タイトルとURLをコピーしました