文豪ストレイドッグス「中島敦」~その能力、道標とは? 年齢や身長、誕生日、鏡花との関係は?~

 今回は朝霧カフカ先生原作の大人気漫画「文豪ストレイドッグス」の主人公、「中島敦」について紹介したいと思います。
 文豪がキャラクター化され、それぞれの文豪にちなんだ作品の名を冠した異能力を用いて戦う本作において、他のキャラクターが濃すぎるがために今一つ影の薄い「中島敦」ですが、いやいやちゃんと主人公してますよ、というところをお伝えしていきます。

文豪ストレイドッグスの主人公、中島敦のプロフィール(声優含む)

基本プロフィール(年齢、身長、誕生日、声優など)

年齢18歳
身長170cm
体重55kg
誕生日5月5日
血液型AB型
好きなもの茶漬け、猫、カメレオン、横浜
嫌いなもの自分、昔いた孤児院
声優上村祐翔

 敦は孤児院を追い出され横浜を放浪していたところ、入水自殺を図る太宰治を助けたことをきっかけに、太宰が所属する「武装探偵社」に拾われます

 本人は当初気づいていませんでしたが、敦は自身の異能力「月下獣」により虎に変身して夜な夜な徘徊しており、それ故に孤児院を追い出されています
   武装探偵社に所属してからは、社長の福沢諭吉の助けもあって徐々にその力のコントロールを学んでいきますが、当初は相当そのコントロールに苦労していました。

 まあ、自分の強大な力に苦労するのは主人公の宿命ですから、ここは可愛そうですが我慢してもらいましょう。

 しかし気になるのは、実は敦が孤児院にいたころからかなり酷い虐待を受けていたということ。聞くに堪えないような罵声を浴びせられ、院長には二度も殺されかけているとか。
 虎になることを知って恐れていたのなら逆に手を出さないでしょうし、何か複雑な事情が隠されていそうですよね。

敦は「道標」? 謎の本の正体とは?

 敦は物語の序盤で70億円の懸賞金をかけられ、裏稼業の人間たちに狙われます。
 その理由が、「どんな願いも叶える白紙の本」。敦はそれに辿り着くための道標だというのです。

 その白紙の本の正体、また何故敦が道標なのかは明かされていません。

 しかし、そこには敦が昔孤児院で読んだ作者名も分からない本が関わっている模様。
 孤児院の院長が敦を虐待していた理由も、そこにあるのかもしれません。

 まだまだ謎は深いですが、優しい真実がそこにあることを願うばかりです。
 そして孤児院の院長がしたこをは許されざることですが、彼がそうならざるを得なかった理由も見えてくるのかもしれません。


文豪ストレイドッグス、中島敦は虎? 異能力とその強さ

異能力:月下獣
大柄な白虎に変身する異能。銃弾すら弾く丈夫な身体と、俊敏性、身体欠損さえ瞬時に復元する再生能力を併せ持つ。また、爪には異能力自体を切り裂く(無効化する)力がある
当初は完全に獣化すると我を忘れて敵味方見境なく襲っていたが、徐々に部分変身などのコントロールを覚えていく。
極めて戦闘向きで強力な異能であり、太宰治によって芥川龍之介と組まされて様々なコンビ技を作り上げるが、この二人のコンビは作中でも屈指の凶悪さを持つ。

 獣化能力はシンプルかつ強力な、異能バトルものの王道。その上、異能力自体を切り裂く力というのは、全ての異能者にとっての天敵です。

   性格的にあまり戦いに向いているとは言えませんが、後述の通り、誰かを守る戦いでこそ力を発揮する中島敦は、やはり揺るぎない本作の主人公と言えるでしょう。敵だった(いや、現在進行形でも敵ですが)芥川とのコンビが一番映えるというのも、実に良いですね。


文豪ストレイドッグス、中島敦の名言

・「人は誰かに『生きていていいよ』と言われなくちゃ生きていけないんだ!」
・「駄目なんだ。苦しんでいる人を見るとみんな自分に見える。放っておけないんだ」

 孤児院で虐待され、自分の存在を否定され続けてきた彼だからこその言葉です。
 だから彼は人の役に立つことでしか自分に価値を見出せず、困っている人がいると放っておけない優しい少年となったわけですが……いつか彼が本当の意味で自分の価値を認める日が来ると良いですね。

「誰かに生きる価値が有るか無いかをお前が判断するな」
 自分自身が人に否定され続けてきたからこそ、価値のない人間なんていないと信じる敦。しかしこの言葉の中に、敦自身のことは含まれていないのでしょうね。


ヒロイン泉鏡花の存在

 泉鏡花は孤児だったところをマフィアに拾われ、それ以後は指示のままに望まぬ殺人を強いられていた14歳の可憐な少女(文豪の泉鏡花は男性ですが、本作では女性になっています)です。

 マフィアの指示で敦達を襲撃するものの、異能力を開花させた敦に敗れ、自殺を図ったところを敦の手によって救われます。その後、鏡花は武装探偵社に身を寄せ、社員寮で敦と共に暮らしていく(同棲)こととなります。

 精神的に幼く無感情な彼女ですが、少しずつ表情が豊かになり、女の子らしい面を見せてくれるようになります。
 鏡花も殺し屋だった過去から敦と同様に自分の価値を見失うことがありますが、今後二人が互いに触れ合うことで少しずつ自分の価値を見出していってくれればいいですよね。

 何より、こんな可愛らしい女の子がそばにいてくれるんだから、敦もそれだけで十分主人公でしょう(笑)。


コメント

タイトルとURLをコピーしました