「ハイキュー‼」大将優~実は真面目な戸美の主将、彼女の”みかちゃん、黒尾との関係、その後の進路、声優など~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、粘着質でダーティーかと思いきや実は真摯で真面目な男「大将 優(だいしょう すぐる)」について解説します。

 大将優は春高予選で音駒高校の前に立ちふさがった戸美(のへび)学園高校の主将。

 登場当初は悪役ムーブが目立ちましたが、物語が進むにつれて勝利に対する真摯さ・真面目さが明らかとなり、ガラッと印象が変化した男です。

 作中では春高における解説役、また唯一の公式彼女(みかちゃん)持ちとしても話題となった大将。本記事では彼の卒業後の進路なども交えて深掘りしていきましょう。

「ハイキュー‼」大将優ってどんな奴?(声優含む)

基本プロフィール(身長、誕生日、悩み、声優など)

所属戸美学園3年6組 → ヨツヤモータースピリッツ(Vリーグ Division2)
ポジションウイングスパイカー → アウトサイドヒッター
誕生日7月1日
身長178.6cm → 179.5cm
体重66.5kg → 72.5kg
最高到達点
好物パピコ
最近の悩みサーブの威力を上げたい → 料理に目覚めてしまったかもしれない
声優興津和幸

 大将優は東京都の強豪、戸美学園高校バレー部の主将で、春高予選で音駒高校の前に立ちふさがりました。

 外見は細く鋭い目が特徴の蛇のような男で(「戸美(のへび)」→蛇)、いかにもくせ者といった雰囲気の持ち主。

 実際、その言動は粘着質で狡猾、悪役ムーブがかなり板についています。

 しかしそれは勝利に対する真摯さの表れでもあり、根は非常に真面目。

 作者からは「真面目で努力家。もうちょっと適当さを身に付けたら良いような気もするし、このままが良い気もする」と評されていました。

 作中では春高予選で音駒高校に敗れたものの、その後は彼女と共に春高の観戦に訪れ、読者に対する試合の解説役としても登場しています。

 ちなみに名前の由来は恐らく蛇の「アオダイショウ」で、読み方は「タイショウ」ではなく「ダイショウ」となっています。

勝利のために手を尽くす粘着質な技巧派

パワー2
バネ4
スタミナ3
頭脳4
テクニック4
スピード3

※最低1~最大5の5段階評価

<Vリーグ後の追加データ>

サーブ7
レセプション8
ディグ7
セッティング7
スパイク7
ブロック6

※最低1~最大10の10段階評価

 大将は戸美学園高校のエースで、突出した能力こそないもののバランスの良い技巧派のスパイカー。

 パワーで劣る分、フェイントやブロックアウトを得意としています。

 大将、というより戸美学園高校のプレースタイルは、とにかく粘り強く、執拗で、計算高いもの。

 煽りや駆け引きなどの心理戦はお手のもので、音駒戦では「自分触りました!」とスポーツマンらしい爽やかなパフォーマンスで審判をも味方につけていました。

 ちなみに戸美学園高校のスローガンは「正々堂々」。

 スローガンまで駆け引きの道具にしているようです(まあ、手段を尽くさず負けて悔しがるよりはよっぽど「正々堂々」と言えなくもないですけど)。


「ハイキュー‼」大将優の人間関係

音駒の黒尾とは昔からの悪友

 音駒高校の主将、黒尾とは昔からの悪友にしてライバル。
 2人は会うたびに小競り合いを起こしています。

 会えば憎まれ口ばかり叩いていて、決して仲が良いわけではありませんが、互いにくせ者どうし、実力やプレーについては認め合っているようです。

 どちらも特別才能には恵まれていないものの、努力と知恵で全国に手が届くところまでチームを押し上げたキャプテンですから、通じるところがあるのでしょう。

 微妙なところで息が合っていて、春高予選では互いに、

「決勝で会おうぜ!」

 と力強く宣言していましたが、どちらも準決勝で負けて3位決定戦でぶつかることになった時の微妙な雰囲気と言ったら……

彼女の山架美華(みかちゃん)とは春高予選前に別れていたが……

 大将は「ハイキュー‼」で唯一公式に認められている彼女持ちの選手です。

 彼女の名前は山架美華(以下、みかちゃん)。
 外見は今時の可憐な少女ながら、バレーに没頭する大将にも理解を示す優しい心根の持ち主です。

 春高予選直前に「バレーばかりでつまらない」と、みかちゃんにフラれてしまった大将ですが、春高予選直後に復縁。

 春高では2人でイチャイチャしながら試合を観戦する姿が目撃されています。

 あまりバレーに詳しくないみかちゃんに解説する形で、読者に対しても大将が細やかな解説をしてくれました。


「ハイキュー‼」大将優の活躍と名言、その後の進路

卒業後もバレーを続けプロ入りを果たす、みかちゃんとの結婚は……

 高校卒業後も大将はバレーを続けており、2021年時点では愛知県のプロチーム、ヨツヤモータースピリッツ(Vリーグ Division2)に所属し、活躍しています。

 黒尾と同じように選手以外の形でバレーに関わりそうなタイプだと思っていたので、個人的にこれは意外でした。

 ちなみに、みかちゃんは東京で看護師として多忙な日々を送っているそうです

 名字は「山架」のままだったので、少なくとも結婚はしていません。

 東京と愛知で住む場所が離れてしまっていますが、別れたのか、それとも遠距離恋愛なのかまでは不明。

 ただ、最近の悩みに「料理に目覚めてしまったかもしれない」とありましたから、遠距離恋愛が長くて料理上手になったことを悩んでる、ってことなんでしょうかね?(別れてたら悩まないよね?)

実は真面目で勝利にとことん真摯だった男の活躍と名言

 それでは最後に、勝利に対してとことん真摯だった大将の活躍をその名言と共に振り返っていきましょう。

 音駒との代表決定戦では、徹底して敵の心を乱し、弱点を突く大将たち。

 しかしそのプレーはただダーティーなだけでなく、確かな技術と練習に裏打ちされた粘り強さがありました。

「音駒と俺たちは同類」
「”粘り”で負けてられねぇんだ」

 そして手段を選ばないプレーは、言い換えれば勝利のためにあらゆる手段を尽くしているだけ。

「『勝ちたかった』って言うなら」
「どうして手を尽くさないんだろうな」

 ただただ勝利に対して貪欲で真摯な大将の疑問。

 彼の印象がガラリと変わった言葉でもありました。

 あらゆる手段を尽くして戦った大将たちでしたが、音駒高校は彼ら以上の粘りを見せ、その全てに対応していきます。

 最後は技巧も駆け引きもなく、がむしゃらにプレーしたものの、力及ばず敗北してしまいました。

 しかし、敗北に涙する大将の元には試合を観戦しに来ていたみかちゃんの姿が……

 まあ、試合に勝とうが負けようが、彼は間違いなく勝ち組ですよね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました