「異世界おじさん」感想&評価(ネタバレ注意)~”なろう系”のテンプレをことごとく踏み潰す話題作、アニメ化、声優など~


 今回は「WebComicアパンダ」で連載中、異世界転移なろう系のテンプレをことごとく踏み砕いた傑作「異世界おじさん」について紹介します。

 「異世界おじさん」とは異世界モノのテンプレなど存在しない2000年から17年間異世界に行っていたおじさんが異世界での残念すぎる記憶を語りつつ、魔法を駆使してYouTuberとして生計を立てるというシュールなギャグ作品。

 ある意味”なろう系”へのカウンターとも呼べる作品で、既にアニメ化も決定しています。

 本記事ではあらすじや登場人物の紹介、アニメ化の概要(声優・いつから)を中心に、その魅力を語っていこうと思います。

「異世界おじさん」あらすじ(ネタバレ注意)

17年間異世界に行っていたおじさんが帰還、YouTuberとして生計を立てることに

 2017年の秋、17年間の昏睡から目覚めた叔父(以下、おじさん)に会うため、甥のたかふみは病院を訪れます。

 おじさんは突如意味不明な言語を話しだしたかと思うと、

「異世界『グランバハマル』に17年間いたが」
「ようやく帰ってきたぞ」

 おじさんは頭がおかしくなった。

 そう判断したたかふみは、おじさんを自分たちの生活から切り離すべく自立支援を促そうとしますが、おじさんがマジもんの魔法を使ったのを見てそれを取りやめ。

 おじさんの力をYouTubeで金にかえて食っていこうと心に決め、退院したおじさんとルームシェアを始めたのです。

 

 物語は基本的にたかふみがおじさんの過去の話を聞いたり、おじさんが色々やらかす形で進行します。

 例えばある日たかふみはおじさんから異世界での暮らしを聞くことになります。

 しかしおじさんは異世界ではその醜い外見からオークとして迫害されており、おじさんに好意を持った美少女もツンデレだったためおじさんに好意が伝わらず(※)、とにかく残念で悲しいソロ生活を送っていました。

(※)おじさんが転移した2000年当時はツンデレの概念が一般化されていなかった。

 またある日はおじさんがSEGAへの愛を語ったり、魔法を使って2000円の送料をケチったり、異世界でフラグをバシバシ折った話を(それと気づかず)語ったり、ツッコミ役のたかふみも大概アレだったり……

 まあつまり、この物語は異世界から帰還したおじさんが、異世界モノのテンプレを悉く踏みつぶしていくシュールコメディ作品です。

異世界グランバハマルや魔法、時代設定についての解説

異世界グランバハマル
典型的な剣と魔法の中世ヨーロッパ風ファンタジー世界。
人間以外にもエルフなど異種族が存在し、オークやゴブリン、ドラゴンなどのモンスターも存在する。
人間は基本的に美男美女揃いで、現実世界では一般的な水準に収まる容姿をしているおじさんが、グランバハマルではオークに間違われるほど醜い容姿と見做されていた。
この世界では神が実在し、おじさんの他にも神によって異世界に転移させられた人間というのは多数存在している模様。

魔法
おじさんが使う魔法は遍く精霊に語り掛けて行使する精霊魔法。
異世界でもおじさんしか使えない魔法。
現実世界にも精霊は存在しており、現実世界への帰還後もおじさんは普通に魔法を使える。
また、たかふみもおじさんを通じて一部魔法を使えるようになる。

時代設定
本作は2000年におじさんが異世界転移し、2017年秋に現実世界に帰還。
その後は基本的に月一回の連載に併せて一か月ごと時間が経過している。
そのため、作中では現実で起こった時事ネタを反映したエピソードなども描かれている。

SEGA
かつて、いや今なお一部の熱狂的なオタクを虜にするゲームメーカー。
おじさんの異世界転移後、ハード戦争に敗れ衰退。
おじさんに限らず、多くのリアルおじさんたちの青春。


「異世界おじさん」主な登場人物(ネタバレ注意)

おじさん<嶋㟢陽介(しばざき ようすけ)>

 本作の主人公であるおじさん。

 2000年、17歳の時にトラックにはねられ昏睡状態となり、2017年秋に目を覚ます。

 トラックは異世界トラックだったようで、昏睡状態となっていた間、おじさんの魂は異世界グランバハマルに転移し、冒険を繰り広げていた。

 基本、おじさんとしか呼ばれないが、本名は嶋㟢陽介(しばざきようすけ)。

 外見は長髪眼鏡で貧弱な身体つきをしたオールドタイプのオタクで、若い頃から老け顔だったため、異世界での冒険中も帰還後も見た目はほとんど変わらない。

 異世界転移後、言葉が通じなかったことと、異世界基準でブサイクだったため、オークに間違われて現地人に殺されかける。

 その際に言葉が通じるようになりたいと願ったため、神から万能の言語能力を与えられ、精霊とも意思疎通できるようになったことで、精霊魔法が使えるようになった。

 ちなみにおじさんを異世界転移させた神は適当で、中国語でおじさんにメッセージを送っていたため、おじさんは能力獲得の自覚がなかった。

 異世界では見た目を主因として基本迫害されていた。

 時には美少女エルフとの間にフラグが立ったこともあったが、おじさんの警戒心が高く、異世界テンプレのお約束を理解していなかったため、その全てをバキバキにへし折っている。

 熱狂的なSEGAオタ。

 現実世界帰還後は魔法を使ってYouTuberとして成功している。

高丘敬文(たかおか たかふみ)

 おじさんの甥(姉の息子)で本作のもう一人の主人公。

 親族一同に引き取りを拒否されたおじさんに渋々会いに行き、最初はおじさんを見捨てようとしたが、おじさんが使う魔法を見てこれを利用して金を稼ぐことを思いつき、おじさんとルームシェアを始める。

 一見すると大人しそうな普通のメガネ青年で、決して悪い人間ではないが、さすがおじさんの甥と言うべきか一般倫理に欠けた所がある。

 ただ、おじさんに対してSEGAのゲームをプレゼントしたり、おじさんの過去に涙したり、おじさんに対しては普通に親身になっている。

 非リア充で恋愛には奥手。

 おじさんを通じて魔法を使えるようになり、色々精霊に対して失礼なことをやらかして痛い目を見ているが、最終的に「貌の精霊」に認められ力を貸してもらえるようになった。

藤宮澄夏(ふじみや すみか)

 たかふみの幼馴染の女子大生。

 外見はメガネに巨乳の美人で、たかふみに密かに想いを寄せている。

 偶然街でたかふみと再会し、以降たかふみとおじさんの家を訪れてアピールを始めるが、たかふみには伝わっていない。

 昔はとんでもない暴力的な少女、いわゆるガキ大将だった模様。

 おじさんの能力を知っている。

 作中ではおじさんに「おじさん毒(身体が火照ってアレになるアレ)」を寄越すよう迫るなど、たかふみの貞操を危ぶませる強硬な姿勢を見せることも。


ツンデレエルフ(翠)

 異世界でおじさんにつきまとっていたエルフの美少女。

 エルフの女性冒険者で実はエルフの国の王女という異世界テンプレの王道的なヒロインで、ドラゴンからおじさんに助けられて以降、おじさんに惚れて付きまとう。

 しかしおじさんには全くその想いが伝わっていない。

 というのも、彼女は所謂「ツンデレ」で、おじさんに対し「オーク顔」などと罵詈雑言を浴びせていたため、おじさんはそれを額面通りに受け取ってしまい、なんてひどい奴なんだと思っていた。

 ツンデレ概念の一般化は2004年、おじさんが異世界転移してから4年後。

 かなしい(愉快な)すれ違いである。

 読者からは「ツンデレエルフ」、たかふみたちからは「ツンデレさん」と呼ばれている。

 本名は「スザイルギラーゼガルネルブゼギルレアグランゼルガ=エルガ」と非常に長く、本人が略されることを嫌うため、周囲にはエルフとだけ呼ばせていた。

 ただし、おじさんからは密かに「翠(すい)」というあだ名をつけられ、二人きりの時だけそう呼ぶことを許していた。

メイベル=レイベール

 「魔炎竜ブレイズドラゴン」倒すための武器「凍神剣」を守る氷の一族の末裔の少女。

 外見は青く長い髪を持つ物憂げな美少女。

 所謂RPGのキーキャラクターで、凍神剣を手に入れるためには彼女に「マルキード山のポワポワの花」を渡してその心を開かせる必要があった。

 が、固有名詞を覚えるのが苦手でRPGをしたことがないおじさんは凍神剣無しでドラゴンを倒してしまい、彼女はその存在意義を失ってしまう。

 元々「氷の一族の生活はチョロい」という母親の助言に従ってニート生活を送っていたこともあり、村人たちからの反感も大きく、半ばやむを得ず凍神剣を手に冒険者として旅立つことに。

 彼女の一族には異世界転移者の血が混じっていたこともあり、当初からおじさんの容姿には嫌悪感を抱いておらず、好意的。

 むしろ積極的に好意を抱いているまである。

アリシア=イーデルシア

 おじさんが色々やらかしたために「神聖勇者(シャイニング・クルセイダー)」と呼ばれることになる神聖魔導士の少女。

 色素の薄い髪をボブカットにした童顔の少女だが、実はおじさんと同い年。

 元々は幼馴染のエドガーとライガとパーティーを組む駆け出し冒険者で、ゴブリンの襲撃からおじさんに救われる。

 しかしこの時、自分がやらかした結界の破壊を知られたくなかったおじさんによって記憶が消されてしまい、彼女たちがゴブリンの大軍を退けたことになり、様々な思惑が絡み合った結果、勇者の称号を与えられてしまう。

 実力と称号が不釣り合いとなっていたが、その後、おじさんと再会したダンジョンで古代魔道具を入手し、その効果により大幅にパワーアップしている。

 ちなみに9歳以前の記憶がなく、「アリシア」というのも本名ではない。


「異世界おじさん」感想&評価

 第一印象は「イタいおじさん」の物語なのかな、というものでしたが、実際に読んでみるとある意味で真っ当というか、真っ当すぎる物語だな、という印象を受けました。

 異世界テンプレを否定するわけではないですが「普通のオタクが異世界転移すればこうなってもおかしくないよね」「神様もそんな親切じゃないよね」とか、奇妙な納得感がある作品です。

 おじさんが異世界テンプレをことごとく踏み潰していく様は爽快の一言。

 同時に「もう少し自惚れてもいいんじゃない?」「ツンデレエルフ頑張れ……!」と(笑いながら)力が入ってしまうこともありました。

 ところどころに挟み込まれる(常人には理解しがたい)SEGAネタや、まともそうに見えてかなり屈折しているたかふみもいい味出してますね。

 非常にテンポも良く、安定感のあるコメディ作品と言えるでしょう。

「異世界おじさん」アニメ化の概要(声優・いつから放送?)

 異世界おじさんは2022年からのアニメ化が決定しております。

 発表されているキャスト(声優)は次の通り。

おじさん……子安武人
たかふみ……福山潤
藤宮澄夏……小松未可子
ツンデレエルフ……戸松遥
メイベル……悠木碧
アリシア……豊崎愛生

 放送日時については、今のところ2022年7月放送開始と発表されました。

 詳しい日時や放送局についてはまだこれからですね。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました