「怪獣8号」四ノ宮キコル~新たな4号兵器適合者、そのプロフィール(年齢・身長・誕生日など)と強さ、父母との過去~

 今回は「ジャンプ+」の記録を更新し続ける話題作「怪獣8号」から、ヒロインの一人である「四ノ宮キコル(しのみやきこる)」について解説します。

 「怪獣8号」は怪獣発生率が世界屈指となった架空の日本を舞台に描かれるバトル作品です。

 四ノ宮キコルは防衛隊に主人公のカフカと同期入隊した天才少女で、正統派のツンデレ系ヒロイン枠。

 防衛隊長官の父と部隊長の母の間に生まれたサラブレッドでもあり、かわいさと強さを兼ね備えた逸材です。

 本記事ではキコルのプロフィールや強さ、両親との過去を中心にその魅力を深掘りしてまいります。

 なお、本記事は新たに情報が入り次第随時更新してまいります。

「怪獣8号」四ノ宮キコルのプロフィール

基本プロフィール(年齢、身長、誕生日など)

年齢16歳
身長157cm
誕生日9月7日
好きなもの怪獣退治、紅茶(特にダージリン)、大きい犬

 四ノ宮キコルは主人公の日比野カフカらと共に防衛隊の入隊試験を受け、同期入隊した天才少女。

 若干16歳ながらカリフォルニア討伐大学を飛び級で主席卒業していて、既に史上最高の逸材と名高い才女です。

 外見は金髪をツインテールにした勝ち気そうな雰囲気の美少女。

 防衛隊長官の四ノ宮功を父に持つサラブレッドということもあってか、基本的に高慢でわがままな性格をしていますが、いざという時は身を挺して周囲を守るなど根は非常に優しい少女です。

 趣味は「怪獣を倒す事」と言い切るなどかなりバイオレンス。

 怪獣8号は正ヒロインが幼馴染の亜白ミナ、真ヒロイン(?)が相棒の市川レノと言われていますが、キコルはこの二人の登場シーンが少ない間に着実にヒロインとしての地盤を固めつつあり、その意味でも非常に注目株ですね。

カフカに命を救われ、その秘密を共有することに

 四ノ宮キコルはカフカや市川レノとともに防衛隊の入隊試験を受験し、そこで圧倒的な成績を叩きだします。

 しかし試験の最中に怪獣9号が乱入してきて、キコルは絶体絶命のピンチに。

 キコルの窮地を救ったのが怪獣8号に変身したカフカでした。

 それが切っ掛けでカフカの秘密(=怪獣8号である)を知ることになったキコルですが、彼女はそれを防衛隊に報告することなく、一先ず自分の胸に留めておくことを決めます。

「もしあんたが人類に害する」
「怪獣だってわかった時には」
「私があんたを殺すから」

 ただ見逃したわけではなく、いざという時には自分自身がけじめをつける覚悟を持って。

 この後、最終的にカフカが怪獣8号だという事実は防衛隊全体に知られることになるのですが、彼の善良さを理解していたキコルは彼を弁護し、その助命を嘆願していました。


「怪獣8号」四ノ宮キコルの強さ

入隊試験時で既に解放戦力46%と小隊長並の実力を示す

 四ノ宮キコルは新入隊員ながら、既に防衛隊員として一線級の実力を有しています。

 防衛隊員の戦闘能力を示す指標として戦闘用スーツの解放戦力がありますが、訓練した一般隊員で20%、小隊長級で40%超とされている中、キコルは入隊試験時の段階で既に46%と破格の数値を叩きだしていました。

 これは才能もさることながら、家庭環境によって事前に訓練を受けていたことも大きいでしょうね。

 入隊後間もなく第3部隊では隊長の亜白ミナ、副隊長の保科宗四郎に次ぐNo.3の実力者と判断され、本来であれば隊長・副隊長にしか与えられない専用武器(後述)を支給されています。

 その後、日本最強の対怪獣戦力と評される第一部隊隊長・鳴海弦の下で訓練を積むなど、最高の環境でその実力に更に磨きをかけており、どこまで伸びるのか今後が非常に楽しみな逸材です。

専用武器と隊式斧術(技)

 四ノ宮キコルの専用武器は「03 Ax-0112」と呼ばれる、彼女の身の丈よりも大きな斧型の武器です。

 イメージは幽遊白書の武威が持ってた斧(今の子は分かんないか)。

 専用武器は過去に討伐された怪獣のユニ器官を利用した武器で、そこから発せられる衝撃波を攻撃力に転換しています。

 キコルはこの衝撃波を活かした「隊式斧術」と呼ばれる技を駆使して戦っていました。

 今のところ判明している技は次の通り。

隊式斧術1式「落雷」
衝撃波を用いた下方向への斬撃。

隊式斧術2式「水切」
敵との衝突に合わせて衝撃波を放つ追加攻撃。

隊式斧術3式「半月」
衝撃波を用いた回転斬り。

隊式斧術6式「達磨落」
衝撃波を用いた乱撃で相手を横4つに切り裂く。

 技が一体何種類あるのかは気になるところですね。

4号兵器(識別怪獣兵器)の新たな適合者

 四ノ宮キコルは4号兵器(識別怪獣兵器)の新たな適合者に選ばれています。

 4号兵器はかつて彼女の母・四ノ宮ヒカリが使用し、数多の怪獣を葬った歴戦の兵器。

 物語的にもそうですが、識別怪獣兵器の使用には細胞の適合性が求められるので、ヒカリの娘であるキコルが受け継ぐのは自然な流れと言えるでしょう。

 今のところ4号兵器がどのような能力を持っているかは判明していません。


「怪獣8号」四ノ宮キコル、父母との過去とその死亡

守れなかった母との約束

 四ノ宮キコルの母・四ノ宮ヒカリは当時の第2部隊隊長で、戦場を美しく駆けるその姿から「ワルキューレ」とも呼ばれていました。

 そんな母に憧れていた幼いキコルは、怪獣との戦いで傷を負って帰ってくる母親にこう約束したのです。

「私が防衛隊に入って」
「ママを助けてあげる」

 しかしその約束は果たされることなく、キコルの母親はその後起こった怪獣6号による群発災害で命を落としてしまいます。

 幼く、無力な自分に悔しさから涙を流すキコル。

 この守れなかった母との約束が、彼女をより強くなり、人々を守りたいという想いに駆り立てているのです。

厳しい父の背中とその最期(死亡)

 四ノ宮キコルにとって、父親である四ノ宮功はとても厳しい存在でした。

 キコルがどれだけ華々しい成績を残そうと父親は全く褒めることなく、そんなものは当然だ、常に完璧であり続けろと厳しい言葉を投げかけていました。

 キコルはその子供として、ずっと彼に認めて貰いたいとその背を追い続けていたように思います。

 普通であれば歪んで成長してしまいそうなものですが、それでもキコルが真っ直ぐ育ったのは、父親の不器用な優しさを感じ取っていたからなのかもしれません。

 そしてとうとう努力が実り、カフカと協力して怪獣9号を退けたキコルに対し、四ノ宮長官は初めて彼女を認める言葉を口にしました。

「よくやった」

 しかしその直後、キコルたちを絶望が襲います。

 四ノ宮功は潜んでいた怪獣9号本体との戦いに敗れてその命を落とし、更には怪獣9号にその身体を吸収されてしまったのです。

 その絶望、悔しさがキコルを更なる強さへの渇望へ駆り立てていくことになりますが……

【まとめ】「怪獣8号」キャラクター一覧

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました