「呪術廻戦」の最終回を予想!(ネタバレ注意) いつ終わる? 作者発言から予想する死亡者は?

 今回は「呪術廻戦」の最終回について予想、考察していきたいと思います。

 現在のジャンプをけん引する人気作「呪術廻戦」。2021年4月時点でまだコミック15巻と、これだけのヒット作の最終回を予想するにはまだ早いような気もしますが、鬼滅の刃など近時の傾向を見ると、「人気作=長く続く」とは限りません。

 ジャンプフェスタでの芥見先生の発言を踏まえて、最終回の時期と内容、誰が死ぬかについて考察してみましょう。

「呪術廻戦」の最終回はいつ?

 結論から申し上げますと、「呪術廻戦」は作者の気が変わらない限り2022年後半~2023年前半、コミックス25巻以内に完結すると思われます。

 読者の間で最終回が近いのでは、という噂が流れだしたのが、人気キャラ七海健人の死亡など怒涛の展開を見せた「渋谷事変」から。
 あまりの急展開にそのまま「渋谷事変」で完結してしまうのではという声さえ上がっていました。

 その後、渋谷事変後の世界が描かれ、乙骨憂太の登場など一先ずしばらく続きそうだと安堵したのもつかの間、漫道コバヤシ(2021年2月27日)に出演した芥見先生から衝撃の発言が。

「渋谷事変終了時点で全体の6~7割、あと2年以内に完結するつもり

 これがズバリ最終回の時期の根拠です。

 勿論、あくまで予定なので、話の展開次第ではズレる可能性はありますが、今のところ人気作だからとダラダラ引き延ばすつもりは芥見先生にはなさそうですね。

 非常に残念ではありますが、長く続いたがために話の展開がマンネリ化して残念なことになった作品も多くありますし、これはこれで仕方のないことかもしれませんね。

 ……ヒロアカも最終章に入ったし、次のジャンプを引っ張っていく作品は出てくるのかな?


「呪術廻戦」の最終回に関する作者の発言

 さて、それでは具体的に「呪術廻戦」の最終回はどんなものとなるのでしょうか?

 これに関しては作者の芥見先生から、ジャンプフェスタで具体的な発言がいくつか飛び出しています。

 メインキャラ4人の内、1人または3人が死ぬ予定
 伏黒恵の最後は決まっている
 虎杖悠二の最後は決まっていない

 まだ完全には決まっていない、あくまで現時点での予定という話ですが、恐らくはほぼ確定でしょう。メインキャラ4人とは、つまり虎杖、伏黒、釘崎、五条の4人ですから……う~ん、予想していたとはいえ、ハッピーエンドはなさそうですね。

 また、五条悟が伏黒に、自分が伏黒の父親、甚爾(とうじ)を殺したことを告げるエピソードを入れるとも発言があったので、五条は比較的早い段階で復活しそうですね。

 なお、③についてはその後、漫道コバヤシで「決まった」とも発言していますが、宿儺をどうするか迷っているということだったので、まだまだ揺れている状況と考えてよいでしょう(虎杖と宿儺を切り離して考えることは難しいでしょうし)。

 では、具体的に最終回で誰が死亡するのでしょうか?
 伏黒の生死は決まっているようですから、彼を軸に可能性を考察していきましょう。


「呪術廻戦」の最終回で死亡するのは誰?

①伏黒生存✖誰か1人死亡

 伏黒の生死が決まっているという理由は、恐らく伏黒に興味を持っている宿儺との関係によるものでしょう。

 可能性が高そうなのは、伏黒の肉体が何らかの理由で宿儺に乗っ取られるというものかな?

 伏黒が生存する場合ですと、ラストは宿儺に乗っ取られた伏黒を他3人で何とか救い出すという展開になるのでしょうか。

 1人死亡するというのであれば、虎杖か五条が死亡するのが展開的には綺麗でしょうね。(流石に女の子の釘崎1人を犠牲にする外道な展開は、いくら芥見先生でもないでしょうし)。

 また、虎杖の生死が決まっていないとすれば、次の②のケースでは虎杖が死亡して辻褄が合わなくなってしまうので、この①では虎杖は生存する、死亡するのは五条1人と考えるべきでしょう。

②伏黒生存✖他全員死亡

 一方で、伏黒を救うために他3人全員が死ぬ展開というのも十分考えられます。

 相当な地獄絵図ですが、3人の想いを継いで歩き出す伏黒というのも、ハッピーエンドには程遠いですが、中々熱い展開ではありそうですよね。

 伏黒生存説ですと、芥見先生が迷っているのは五条だけ殺すか、虎杖、釘崎、五条の3人を殺すかということになりますかね。

 ①がニアハッピーエンド、②がハードなトゥルーエンドといったところでしょうか。

③伏黒死亡✖他全員生存

 逆に伏黒が死亡する場合、他の3人には全員生存の可能性があります。

 宿儺に乗っ取られた伏黒を他3人で倒し、食い止めるという展開。あるいは伏黒は宿儺に利用されて先に死亡してしまうという展開が考えられますね。

 宿儺を3人で倒してエンディング……あり得なくはないですが、ねぇ?

④伏黒死亡✖虎杖と他1人死亡

 逆に3人が死亡するケースですと、虎杖死亡は確定。後は五条か釘崎、どちらが生き残るのか……

 五条1人だけ生き延びるとすれば地獄絵図でしょうね。その場合、五条は教え子を失い、最強の呪術師として1人戦い続けるわけですから。流石にそれはないと信じたいです。

 逆に釘崎1人が生き残るケースは十分にあると思います。

 その場合、世界からは呪霊が消えて、一般人となった釘崎がみんなのことを回想するような終わり方になるのでしょうか。悲しいけれど、あり得そう。

 釘崎は登場して最初の任務で「私だけ生き残っても明るい未来はなかったわ」と発言しており、それが最終回を暗喩しているようでもあります。

 

 こうして考えると本当に不吉だな……芥見先生、今から思い直して全員生存エンドでも、読者は絶対怒りませんよ?

【まとめ】「呪術廻戦」キャラクター考察wiki

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました