アクション

スパイファミリー

「スパイファミリー」マーサ・マリオット~ベッキーの女執事、ヘンリーとの関係と過去、その強さなど~

 今回は「ジャンプ+」で連載中の大人気作品「SPY✖FAMILY(スパイファミリー)」から、ベッキーの女執事「マーサ・マリオット」について解説します。 マーサはアーニャの友人ベッキーに仕える女執事。 名門ブラックベル家に雇われているだけあり、冷静沈着で軍人としての経験も持つ一流の使用人です。 アーニャたちの担任ヘンリー氏とは旧知の仲。 本記事ではマーサのプロフィールや過去、ヘンリー氏との関係を中心に解説してまいります。
レビュー

「なんくるなんない!」感想&評価(ネタバレ注意)~あらすじ、主な登場人物の解説を含む~

 今回は「月刊!スピリッツ」で野原多央先生が連載中の「なんくるなんない!」について解説します。 この作品は思春期で超能力に目覚めた娘と、現実主義者で現役自衛隊員のつよつよお父さんの奮闘を描いたSFバトルアクション。 お父さんがただ超能力を持った子供たちに振り回されるのではなく、しっかり強くて負けてないところが魅力的な作品です。 本記事では「なんくるなんない!」のあらすじや登場人物の解説を踏まえ、その魅力を語ってまいります。
その他

「石田スイ」~高い画力に定評のある「東京喰種」「超人X」作者、プロフィールや素顔、話題のヒソカ過去漫画など~

 今回は「東京喰種」「超人X」の作者「石田スイ」先生について解説します。 石田スイ先生は福岡県出身の男性漫画家。 その高い画力に定評があり、漫画以外にゲーム原作なども手掛けておられます。 漫画家となるまでには紆余曲折あったものの、デビュー後は極めて精力的に活動されている石田スイ先生。 本記事ではそんな先生のプロフィールや素顔、話題となった「ヒソカ」秘蔵ネームなどを中心に解説してまいります。
その他

「賀来ゆうじ」~「地獄楽」作者のプロフィール(性別、大学など)、藤本タツキらとの関係など~

 今回は「地獄楽」の作者「賀来ゆうじ」先生について解説します。 賀来ゆうじ先生は東京都出身の男性漫画家。 漫画家となる以前は漫画編集者として働いていた時期もある異色の経歴の持ち主です。 また「チェンソーマン」藤本タツキ先生の元アシスタントで、非常に仲が良いことでも知られている賀来ゆうじ先生。 本記事ではそんな先生のプロフィールや素顔、人間関係を中心に解説してまいります。
SAKAMOTO DAYS

「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」麻樹栖(あさきせい)~現殺連会長にしてラスボス候補、有月との因縁~

 今回は主人公が「安西先生そっくり」と話題の殺し屋アクションコメディ「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」から、現殺連会長「麻樹 栖(あさき せい)」について解説します。 麻樹栖は8年前に前殺連会長を暗殺し、現在の地位に就いた殺し屋界のトップ。 スラー(有月)一派と因縁があり、彼らが殺連と敵対する原因でもあります。 現時点で物語のラスボス候補と目されている麻樹。 本記事ではそんな彼のプロフィールや強さ、スラーとの過去を中心に解説してまいります。
SAKAMOTO DAYS

「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」ハルマ~スラー一派の優しいお兄ちゃん? その強さは?~

 今回は主人公が「安西先生そっくり」と話題の殺し屋アクションコメディ「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」から、スラー一派のお兄ちゃん「ハルマ」について解説します。 ハルマは殺連の壊滅を目論むスラー一派の一人。 当初はスラーたちとは別行動をとっていましたが、ORDERとの本格的な戦いを前に熊埜御(くまのみ)と共に合流。 その戦闘力にスラー(有月)や楽は絶大な信頼を置いているようです。 本記事ではハルマのプロフィールや強さ、優しそうに見えるその素顔や過去を中心に解説してまいります。
レビュー

「バーサス」感想&評価(ネタバレ注意)~「ワンパンマン」原作者ONE先生の新連載、天敵VS天敵~

 今回は「ワンパンマン」のONE先生があずま京太郎先生とタッグを組み月間少年シリウスで連載中の新作「バーサス」について解説します。 この作品は自分たちでは決して勝てない「天敵」に追い詰められた人類が、同じような境遇にある異世界の人類と手を組み、互いの「天敵」同士を争わせようという物語。 「ワンパンマン」におけるサイタマのような派手な主人公はおらず、弱い人類が知恵と工夫で強敵に立ち向かう内容となっています。 本記事では「バーサス」のあらすじや主な登場人物の解説を踏まえ、その魅力(面白い?)について語ってみようと思います。
SAKAMOTO DAYS

「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」上終(かみはて)~ORDER最強スナイパー、VS平助、坂本との因縁~

 今回は主人公が「安西先生そっくり」と話題の殺し屋アクションコメディ「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」から、殺連史上最強スナイパー「上終(かみはて)」について解説します。 上終(かみはて)は殺連直属の特務部隊、殺し屋界の最高戦力「ORDER」に所属する殺し屋。 狙撃の腕は超一流ですが引きこもりで誰もその姿を見た事が無い変人で、非常に俗っぽく小者っぽい性格をしています。 作中では平助と最強スナイパー対決を繰り広げた上終(かみはて)。 本記事ではそんな彼(?)のプロフィールや強さ、坂本との因縁などを中心に解説してまいります。
SAKAMOTO DAYS

「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」熊埜御(くまのみ)~スラー一派の怖いお姉ちゃん、その強さと過去~

 今回は主人公が「安西先生そっくり」と話題の殺し屋アクションコメディ「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」から、スラー一派のお姉ちゃん「熊埜御(くまのみ)」について解説します。 熊埜御(くまのみ)は殺連の壊滅を目論むスラー一派の一人。 当初はスラーたちとは別行動をとっていましたが、ORDERとの本格的な戦いを前に合流。 その戦闘力にスラー(有月)や楽は絶大な信頼を置いているようです。 本記事ではそんな熊埜御(くまのみ)のプロフィールや強さ、その過去やスラーたちとの関係を中心に解説してまいります。
SAKAMOTO DAYS

「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」キンダカ~ORDER創設者の一人にして殺し屋最速の男、死亡?生きてる?~

 今回は主人公が「安西先生そっくり」と話題の殺し屋アクションコメディ「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」から、ORDER創設者の一人「キンダカ」について解説します。 キンダカは坂本や南雲たちの過去編に登場した凄腕の殺し屋。 殺連直属の特務部隊、殺し屋界の最高戦力「ORDER(オーダー)」の創設者の一人であり、かつてリーダーを務めていた男性です。 その肩書に恥じぬ実力者でしたが、物語開始時点ではORDERメンバーではありません。 本記事ではキンダカのプロフィールや強さ、作中での活躍を中心に解説してまいります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました