サバイバル

ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」マイケル・オストログ~その正体はジャック・ザ・リッパー、実在するモデル、宇佐美との射撃戦など~

 今回は大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、娼婦連続殺人犯「マイケル・オストログ/ジャック・ザ・リッパー」について解説します。 マイケル・オストログはアイヌ民族の金塊の行方を記した刺青を持つ囚人の一人。 ゴールデンカムイの世界における「ジャック・ザ・リッパー(切り裂きジャック)」の正体にあたる男です。 物語終盤に登場し、精〇探偵宇佐美との射撃戦など大いに見せ場を作ったマイケル・オストログ。 本記事では彼のプロフィールや正体、作中での活躍と最期(死亡)について深掘りしてまいります。
ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」犬童四郎助(犬童典獄)~土方に執着する理由は復讐? 網走監獄を牛耳る男の真実、偽物の存在など~

 今回は大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、網走監獄を牛耳る鬼の典獄「犬童 四郎助(いぬどう しろすけ)」(犬童典獄)について解説します。 犬童典獄はこの物語の発端となった、刺青囚人たちが脱獄した網走監獄のトップ。 表向きは職務に忠実で厳格な男ですが、私欲のために網走監獄を私物化するなど偏執的な一面も持ち合わせています。 その執着は兄の仇である土方歳三に向けられており…… 本記事では犬童典獄のプロフィールや作中での活躍、土方歳三との因縁とその最期(死亡)を中心に語ってまいります。
ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」関谷輪一郎~信仰心故に狂気に堕ちた悲運の刺青囚人、その過去や登場話、モデル(元ネタ)は存在する?~

 今回は大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、信仰心故に狂気に堕ちた悲運の刺青囚人「関谷 輪一郎(せきや わいちろう)」について解説します。 関谷輪一郎はアイヌの金塊の行方を記した刺青を持つ囚人の一人。 卓越した狡猾さと毒物知識を併せ持ち、「試練」と称した運試しで他人を毒殺する狂気の連続殺人鬼です。 作中では土方一派と対決し、その狡猾さで一派を壊滅寸前まで追い詰めていました。 本記事では関谷輪一郎のプロフィールや過去、作中での活躍を中心に深掘りしてまいります。
レビュー

「新約カニコウセン」感想&評価(ネタバレ注意)~「蟹工船」をSFリメイク? これもう「蟹」じゃねぇし!~

 今回はプロレタリア文学の傑作「蟹工船」をSFリメイクした問題作「新約カニコウセン」について紹介します。 「新約カニコウセン」は全ての海が蒸発し、巨大水棲生物たちが空を飛ぶ架空未来を舞台に、蟹工船で働かされる底辺労働者たちの苦悩と闘争を描いた物語。 小林多喜二の「蟹工船」のテイストは残しつつ、世界観を大胆にリメイクした問題作です。 本記事では「新約カニコウセン」のあらすじ(原作の解説含む)や登場人物の紹介を交えつつ、その魅力を深掘りしていきたいと思います。
ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」奥山夏太郎(おくやまかんたろう)~土方に憧れた青年、初登場(アニメ)と声優、その後(死亡?)~

 今回は大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、土方歳三の生き様に憧れ一派に加わった青年「奥山 夏太郎(おくやま かんたろう)」について解説します。 奥山夏太郎は元は茨戸の賭博場の跡目争いに参加した用心棒の一人。 本来、金塊争奪戦とは縁もゆかりもないチンピラに過ぎなかったのですが、土方歳三という男の生き様に魅せられ、彼に認められたいと土方一派に加わりました。 本記事では奥山夏太郎という男のプロフィール(年齢・誕生日など)や活躍、その後の行方などを中心に解説してまいります。
ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」土井新蔵/人斬り用一郎~モデルは岡田以蔵、何話に登場? 土方との対決、声優など~

 今回は大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、幕末を生きた人斬り「土井 新蔵(どい しんぞう)」、通称・人斬り用一郎について解説します。 土井新蔵はアイヌの金塊の行方を記した刺青を持つ囚人の一人。 幕末の世で新選組の土方歳三や永倉新八と暗闘を繰り広げた因縁の剣客です。 登場時点ではすっかり老い衰えていたものの、敵の気配を感じると若かりし頃を思い出し、その剣の冴えを遺憾なく発揮してくれた土井新蔵。 本記事では彼のプロフィール(モデルなど)や過去、土方歳三との対決、その最期を中心に語ってまいります。
ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」松田平太(平太師匠)~面妖なる砂金掘り師、その正体は多重人格者!~

 今回は大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、面妖なる砂金掘り師「松田 平太(まつだ へいた)」について解説します。 松田平太はアイヌの金塊の行方を記した刺青を持つ囚人の一人。 優秀な砂金掘り師として登場し、資金に窮した杉元や白石の欲望を大いに刺激して平太師匠と呼び慕われていました。 作中ではウェンカムイ(人を襲う悪い神)となったヒグマに付け狙われていた平太師匠ですが、実はそのウェンカムイの正体とは…… ホラーテイストな叙述トリックで読者を沸かせた松田平太のエピソードについて、彼のプロフィールや過去を交えつつ語ってまいります。
ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」有古力松/イポプテ~三勢力に翻弄されたアイヌの戦士、その過去と父のマキリ、最後(生存or死亡?)~

 今回は大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、三勢力に翻弄されたアイヌの戦士「有古 力松(ありこ りきまつ)」(アイヌ名:イポプテ)について解説します。 有古力松は第七師団に所属する一等卒であり、アイヌ民族の戦士。 菊田特務曹長の戦友として登場したものの、亡き父の過去を利用され、様々な勢力の思惑に翻弄された不遇な青年です。 最後はアシリパにアイヌの希望を見出し、共に戦うことを選んだ有古。 本記事ではそんな彼の過去や父の存在(マキリ)、作中での不遇な扱いと最後(生死)について語ってまいります。
ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」都丹庵士(とにあんじ)~犬童典獄に恨みを持つ盲目のガンマン(元ネタ)、最期は土方を庇って死亡~

 今回は大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、土方一派に加わった刺青囚人の一人「都丹 庵士(とに あんじ)」について解説します。 都丹庵士(とにあんじ)はアイヌの金塊の行方を記した刺青を持つ囚人の一人。 監獄での苦役が原因で失明しているものの、音の反響により正確に周囲の物の位置を把握する特殊能力を持つ男です。 当初は失明の原因を作った犬童典獄への恨みによって動いていましたが、土方歳三に救われて以降はその一派で斥候として活躍。 本記事では都丹庵士(とにあんじ)のプロフィールや元ネタ、作中での活躍とその最期(死亡)などを中心に語ってまいります。
ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」キラウシ~誰なの? 土方一派に同行していたアイヌの案内人、その初登場や門倉とのコンビ~

 今回は大人気漫画「ゴールデンカムイ」から、土方一派に雇われたアイヌの通訳兼案内人「キラウシ」について解説します。 キラウシは釧路近郊に住む北海道アイヌの男性。 元は金塊争奪戦とは何の関係もない一般人だったのですが、困窮したコタン(村)を助けるため土方一派に雇われることに。 作中では主に凶運の男・門倉との迷コンビで読者を沸かせていました。 本記事では数奇な運命に巻き込まれた男キラウシのプロフィールや変遷(初登場・ラストなど)を中心に語っていこうと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました