「ブラッククローバー」ユノ~その正体はスペード王国の王子兼エルフ転生者、本名や強さ(覚醒)、アスタとの関係など~

 今回は少年ジャンプの大人気漫画「ブラッククローバー」から、主人公アスタの無二の親友にしてライバル「ユノ」について解説します。

 ユノはアスタと共に教会で育てられた孤児であり、共に魔法帝を目指す若き天才魔導士。

 作中では最強を謳われる魔法騎士団「金色の夜明け」に入団し、その実力と信望を高め魔法帝への道をひた走っています。

 またその生い立ち(正体)にはいくつもの秘密が隠されており……

 本記事ではユノプロフィールや強さ(覚醒)、その正体やアスタとの関係を中心にその魅力を語ってまいります。

「ブラッククローバー」ユノのプロフィール

基本プロフィール(年齢、誕生日、身長、血液型、声優など)

年齢15歳(初登場時)
誕生日10月4日(教会に拾われた日)
身長172cm
血液型AB型
魔法属性風・星
好きなもの
出身地ハージ村
声優島﨑信長(幼少期:関根有咲)

 ユノは主人公のアスタと同じ日に教会の前に捨てられた孤児であり、アスタと共に魔法帝を目指すライバルにして無二の親友です。

 外見は黒髪のクールな雰囲気のイケメン。

 冷静沈着で普段はほとんど表情を動かすことがありませんが、根は非常に負けず嫌いで仲間想いな厚い男です。

 高い魔力と魔法のセンスを持つ魔法の天才で、魔導書の授与式では初代魔法帝も授かったとされる伝説の四つ葉の魔導書に選ばれていました。

 魔法の使えないアスタとは対照的なキャラクターとして描かれていますが、アスタのことを誰よりも(アスタ以上に)高く評価し、信頼しているのがこのユノ。

 絶対にアスタは諦めず、自分がどれほど前に進もうと喰らいついてくると確信しているからこそ、どれほど才能に恵まれようと努力を怠ることはありません。

「金色の夜明け」へ入団し副団長へ、エリート街道をひた走る

 ユノは現最強の魔法騎士団と謳われる「金色の夜明け」に入団しています。

 魔法騎士団入隊試験では「金色の夜明け」以外にも9つある全ての魔法騎士団全てがユノの入団を希望していましたから、魔法帝になるための最善の道として「金色の夜明け」を選んだ形ですね。

 元々「金色の夜明け」は貴族のエリート(一般的に平民より貴族の方が魔力が高い)のみで構成されており、下民であるユノの入団は異例中の異例。

 入団当初はやっかみなども多く、周囲の団員たちとの関係は決して良いものではありませんでしたが、ユノはその実力と振る舞いで徐々に団員たちの信望を勝ち取っていきます。

 そして入団後1年も経たない間に副団長に就任するなど、順調にエリート街道を走り続けています。

「ブラッククローバー」ユノとアスタ

 ユノと主人公であるアスタは唯一無二の親友でありライバルです。

 幼い頃、ユノは今と違って気弱な少年でした。

 そんなユノがゴロツキに絡まれていたところをボロボロになりながら助けたのがアスタです。

 怯えて動けなかったユノに勇気を与え、どれだけユノが先に進もうと諦めることなく喰らいついてきたアスタの存在があったからこそ、ユノは真っ直ぐに魔法帝を目指すことができました。

 そしてアスタも、自分(アスタ)以上に自分(アスタ)を信頼しているユノがいるからこそ、折れそうな時も諦めることなく前に進むことができるのでしょう。

 ユノとアスタは互いの存在を支えに、互いに並び立てる存在であろうと努力を重ねてきました。

 恐らくユノだけでも、アスタだけでも、今のような彼らはあり得なかったのでしょうね。


「ブラッククローバー」ユノの強さ(魔法・技・覚醒)

自由自在に風を操る魔法の天才

 ユノは高い魔力を持ち、自由自在に風を操るセンスを持つ魔法の天才です。

 また身体能力や戦闘センスも高く、あらゆる面で隙がありません。

 そんなユノが作中で使用している魔法(技)がこちら。

<風魔法>

暴嵐の塔
地上から空に向け竜巻を起こす攻撃技。

暴嵐の牙
暴嵐の塔の水平バージョン。

カマイタチの三日月
カマイタチを発生させて敵を切り裂く技。

<風創成魔法>

疾風の白鷹
風で鷹を創り出し、敵を攻撃したり騎乗して空中戦を行う。

天つ風の箱舟
風で多人数が乗れる船を創り出す。

風刃の叢雨
風で生み出した無数の刃が敵に降り注ぐ攻撃技。

疾風の白弓
巨大な弓矢を風で作り出す。

 また、ユノは単なる風の使い手ではなく、特殊な力をいくつも獲得しています。

覚醒1.精霊魔法(シルフ)/精霊同化

 その一つ目の切っ掛けが、ダンジョン内で風の精霊シルフと出会い、彼女が魔導書に宿ったことです。

 これによりユノは精霊の力が宿った「精霊魔法」を使えるようにようになりました。

 更に、ロイヤルナイツ選抜戦では精霊と魔導士が一体化した精霊魔法の極致「精霊同化(スピリットダイブ)」をも習得しており、更なる進化を遂げています。

 これは単純な出力強化というだけでなく、精霊同化を会得した魔導士は「聖域」という特殊な魔同階域に到達し、悪魔にも止めを刺せるようになりますから、その意味でも大きな転換点と言えるでしょう。

 ユノが使用する精霊魔法は次のとおり。

<風精霊魔法>

シルフの息吹
膨大な大気を竜巻のように放つ技。

スピリットストーム
手から竜巻を放つ技で精霊同化時のみ使用可能。

静かなる精霊の舞踏
マナの流れを読み、魔法攻撃の合間を縫って高速移動する技。

<風精霊創成魔法>

スピリット・オブ・ゼファー
周囲のマナと空気を凝縮して剣を創り出す魔法。
ゼファーはギリシャ神話の西風神。

スピリット・オブ・ボレアス
周囲のマナと空気を凝縮してハルバードを創り出す魔法。
ゼファーはギリシャ神話の北風神。

スピリット・オブ・エウロス
周囲のマナと空気を凝縮して弓矢を創り出す魔法。
ゼファーはギリシャ神話の東風神。

覚醒2.星魔法(もう一つの魔導書)

 さらにユノは漆黒の三極性・ゼノンとの戦いでもう一つの魔導書を手に入れ、星魔法を使えるようになっています(詳しくは後述の正体②の項目で)。

 星魔法はスペード王国の王族が受け継ぐ天体の名を冠した特殊な魔法。

 作中でユノが使用した魔法(技)は次の通りです。

四天 盾(クォータイル スクートゥム)
生み出した四つの星の間に障壁を張る防御技。

四天 槍(クォータイル ハスタ)
生み出した四つの星から光を放つ攻撃技。

四天 鞭(クォータイル フラゲルム)
生み出した星と星を結んで光の鞭を創り出す。

合天(コンジャクション)
生み出した星の近くに瞬間移動する技。

 ユノが強くなるほど生み出せる星の数は増えていくようで、今後更に使用できる魔法(技)は増えていきそうですね。


「ブラッククローバー」ユノの正体①エルフの転生者

 ユノはただの人間ではなく、その出生には二つの秘密がありました。

 その一つが500年前に滅ぼされたとされるエルフの転生者であること。

 エルフは一般的に人間より強力な魔法の使い手で、ユノが魔法の才に長けていた理由の一つがここにありました。

 ユノに宿ったエルフは、エルフの族長リヒトと人間の王女テティアの息子。

 エルフが滅ぼされた時、前世の彼はまだ胎児の状態でした。

 ちなみに父リヒトは四つ葉の魔導書を持ち、母テティアは風魔法の使い手と、現在のユノにもその影響が色濃く表れています。

「ブラッククローバー」ユノの正体②スペード王国の王子(本名)

 ユノのもう一つの秘密が、実は彼がスペード王国の王子だったということ。

 本名をユノ・グリンベリオール。

 悪魔憑きとなり強大な力を手にしたゾクラティス兄弟が起こしたクーデターにより両親は殺害され、当時の政権は転覆。

 赤子であったユノは配下のラルフの手により辛うじて難を逃れ、ハージ村の教会に預けられました。

 後にラルフから出生の秘密を知ることになるユノ。

 スペード王国王族には大体天体の名を冠した特殊な魔法が引き継がれており、父は太陽、母は月の魔法を使っていました。

 そしてユノが受け継いでいた魔法は星。

 ユノは漆黒の三極性・ゼノンとの戦いの中で星を宿したスペード王国の魔導書を呼び出し、二つの属性の魔法を使えるようになりました。

 恐らくこちらの「星」がユノ本来の魔法。

 「風」は前世、エルフの胎児が宿していた魔法と言う事なんでしょうね。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました