文豪ストレイドッグス「太宰治」~策士にして影の主人公、中也との関係性とその前職、名言、声優は~

 今回は朝霧カフカ先生原作の大人気漫画「文豪ストレイドッグス」で断トツの人気キャラクター、「太宰治」について紹介したいと思います。

 太宰の物語における立ち位置は、主人公中島敦を非日常の世界へ誘う教師役であると同時に、物語そのものを動かす策士。太宰がいなければ、これほどまでにこの作品が愛されることはなかった、いえ、物語が成立しなかったと言っても過言ではないでしょう。

文豪ストレイドッグス、太宰治のプロフィール(声優含む)

基本プロフィール(年齢、身長、誕生日、声優など)

年齢22歳
身長181cm
体重67kg
誕生日6月19日
血液型AB型
好きなもの自殺、酒、蟹、味の素
嫌いなもの犬、中原中也(?)
声優宮野真守

 中島敦が属する「武装探偵社」の先輩で、身体全体に巻いた包帯がトレードマーク

 とてつもなくマイペースな性格で、一見するとただのダメ人間。自殺マニアで、ことあるごとに自殺しようとしますが、死ぬまでに苦しむのは嫌だと言って、毎回必ず失敗しています。

 中島敦と出会った切っ掛けも、太宰が入水自殺しようとしていたところを敦に助けられた、ですから、登場からとんでもないインパクト(主にマイナス方面に)です。

前職はポートマフィアの最年少幹部

 しかしそのダメさ加減と反比例するように頭は切れ、腕っぷしも立つ実力者。実は武装探偵社に所属する前は、ポートマフィアの最年少幹部だったというのですから、人は見かけによらない……いや、ある意味見た目通りなのかな?

 ちなみに、嫌いなものにある中原中也はマフィア時代の元相棒。詳しくは後述しますが、お互いに嫌い合ってはいても息はぴったりという複雑な関係です。

 また、ポートマフィアの首領、森鴎外は、戦術や謀略面での太宰の師とも呼べる人物で、森鴎外は太宰のことを非常に高く評価していました。

 それこそ、あと数年もすれば太宰が森を殺してポートマフィアのトップに立つだろうと言われるほどに。


文豪ストレイドッグス、太宰治の異能とその強さ

異能:人間失格
直接触れたあらゆる異能を無効化する異能。既に発動した異能はもちろん、異能者に触れることで異能の発動を阻害することができる。

 はい、異能ものの鉄板、アンチ能力です。他の物語では主人公が持つことも多い能力ですので、もはや太宰はもう一人の主人公と言っても過言ではないでしょう。

 けれど太宰の異能はあくまで無効化に過ぎませんから、実のところ彼の直接的な戦闘能力は高くありません。彼の強さの根幹はその頭脳、作戦立案能力にあるのです。

体術もそこそこ使えるようですが、プロ集団の中にあっては中堅以下。

 しかしそれでも、ポートマフィア時代は頭脳と冷酷さで組織内でも恐れられていたと言いますから、太宰の頭脳がどれほど凄まじいものだったかがうかがえるでしょう。

 何せ、裏社会にいるのは異能者ばかりではないのです。

 刃物や銃を使う相手もいれば、単純に太宰より腕っぷしの強い連中もいたでしょう。その中を太宰は……


文豪ストレイドッグス、太宰治の名言

・「君は地獄に居た。地獄が君を正しく育てたんだ」
 孤児院で迫害を受けて育った主人公に向けた言葉です。主人公がどれほどそのことを嫌悪していようとも、その経験が君を育てたのだと、主人公を過去に向き合わせてくれる言葉です。

・「確かに人は皆罪深く愚かだ。だからいいんじゃあないか」
 人の罪深さ、愚かさをマフィアという立場で見続け、それでも人を否定しない太宰の人間観が現れた言葉でしょう。

・「自分を憐れむな。自分を憐れめば、人生は終わりなき悪夢だよ
 操られて仲間を傷つけ、迫害された記憶に苛まれる主人公を立ち直らせた言葉です。安易な慰めを口にしない、太宰らしい言葉ですよね。

 どのセリフも、厭世的でしかし人への希望を捨てきれない太宰らしい言葉ですよね。


文豪ストレイドッグス、(元)相棒、中原中也との関係性、双黒

 マフィア時代の相棒、中原中也を抜きに太宰を語ることはできません。しかし中原中也について語りだすと長くなるので、ここでは簡単に。

 中原中也は太宰と同い年のマフィアの幹部で、「汚れちまった悲しみに」という重力を操る強大な異能を持った実力者です。

 マフィア時代、太宰と中也のコンビは「双黒」と呼ばれ恐れられていたほど。

 中也は「汚濁」と呼ばれる暴走状態になることで更に強大な力を発揮できるのですが、この状態になった中也が突撃し、太宰が中也の暴走を解除するというのがこの二人の必勝パターン。

 中也にしてみれば使われている感があるでしょうし、太宰は中也の暴走に巻き込まれないよう苦労していたでしょうし、互いに嫌いになるのも分からなくはないですね(笑)。

 しかしどれほど嫌い合っていようとも、太宰と中也の信頼関係は確か。
 中也の「手前を信用して汚濁を使ったんだ。ちゃんと拠点まで送り届けろよ」という言葉に「任せなよ、相棒」と返すシーンは必見です。

 その後、中也がそのまま置き去りにされるところまで含めて。

 二人のやり取りはこの物語の見どころの一つですので、お読みになる際は是非ご注目を。


コメント

タイトルとURLをコピーしました