呪術廻戦

呪術廻戦

「呪術廻戦」オガミ婆~降霊術を使うドルオタ呪詛師、孫とは血が繋がっていない、最後はパパ黒を扱い切れず死亡~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、降霊術を使うドルオタ呪詛師「オガミ婆(おがみばば)」について解説します。 オガミ婆は渋谷事変において偽夏油に協力していた呪詛師の一人。 作中での出番はチョイ役で、あるキャラクターを登場させるためのギミック的存在でした。 本記事ではオガミ婆のプロフィールや術式、孫の存在、そして渋谷事変での活躍と最期(死亡)について解説していきます。
呪術廻戦

「呪術廻戦」粟坂二良~あまり名前が知られていない”あべこべ”の呪詛師、読者の評価が高い伏黒との術式バトル~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、”あべこべ”の術式で知られる呪詛師「粟坂 二良(あわさか じろう)」について解説します。 粟坂二良は渋谷事変において偽夏油に協力していた呪詛師の一人。 弱いものイジメに関しては生涯現役と宣言するどうしようもない三下ですが、その術式の特異性を用いた伏黒との呪術戦は読者からの評価が高い一戦となっています。 本記事ではそんな”あべこべ”の男・粟坂二良のプロフィールや術式、渋谷事変での戦いを中心に語ってまいります。
呪術廻戦

「呪術廻戦」組屋鞣造(くみやじゅうぞう)~”ハンガーラック”の人、そのモデルと強さ(術式)、アトリエの竜骨は真希が使用~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、”ハンガーラック”でお馴染み「組屋 鞣造(くみや じゅうぞう)」について解説します。 組屋鞣造(くみやじゅうぞう)は偽夏油に協力する呪詛師の一人。 人体を呪具や日用品に加工する猟奇的な趣味と技巧の持ち主で、作中ではレア素材「五条悟」を手に入れてハンガーラックを作るため呪術高専を襲撃しています。 変人ではあったものの呪具製作者としては優秀だった組屋鞣造(くみやじゅうぞう)。 本記事ではそんな彼のプロフィールやモデル、呪具や作中での活躍(その後)を中心に深掘りしてまいります。
呪術廻戦

「呪術廻戦」重面春太(しげもはるた)~七海にボコられつつも生き延びたサイドテールの男、その術式と死因など~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、小者臭いと評判のサイドテールの呪詛師「重面 春太(しげも はるた)」について解説します。 重面春太は偽夏油に協力する呪詛師の一人。 弱いものイジメが大好きといういかにも小者な卑劣漢で、多くの読者から嫌われていました。 決して強くはないものの、非常に特殊な術式の持ち主で、作中では七海にボコられつつも生き延びた奇跡の男。 本記事ではそんな重面春太のプロフィールや術式、渋谷事変でのやられっぷりと最終的な死因などを解説してまいります。
呪術廻戦

「呪術廻戦」死滅回遊(死滅回游)とは?~ルール、目的、名前の由来や謎、プレイヤーと参加コロニーなど~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、羂索が仕掛けたデスゲーム「死滅回遊(しめつかいゆう」について解説していきます。 死滅回遊とは結界内に閉じ込められた呪術師同士の殺し合い。 結界内の呪術師たちの呪力を利用して、日本中の人間を人ならざるものへ変えるための儀式、その前段階とされています。 しかしそのルールや目的は非常に複雑怪奇で意味不明。 本記事では死滅回遊の概要とルールを改めて整理するとともに、この儀式の謎について考察していきたいと思います。
呪術廻戦

「呪術廻戦」黒沐死(くろうるし)~乙骨のキスで撃破されたGの呪霊、その強さと術式、意外な復活(子・ロボ子)~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、死滅回遊内に放たれたゴキブリの特級呪霊「黒沐死(くろうるし)」について解説していきます。 黒沐死(くろうるし)は元々羂索の呪霊操術によって使役されていた呪霊ですが、登場時はその支配を外され、仙台結界内で泳者として活動していました。 ゴキブリの呪霊という強烈なインパクトに加え、最速の予告撃破や乙骨との「キス」、意外な復活(子・ロボ子)など様々なネタでファンを沸かせた黒沐死(くろうるし)。 本記事ではその概要と強さ(術式)、死亡から復活(再登場)の経緯などを中心に語ってまいります。
呪術廻戦

「呪術廻戦」烏鷺亨子(うろたかこ)~宿儺と同じ平安時代の呪術師、藤原氏への恨みと「空」を操る術式(領域展開)~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、死滅回遊に参加する受肉した過去の術師の一人「烏鷺亨子(うろたかこ)」について解説していきます。 烏鷺亨子(うろたかこ)は羂索と契約した平安時代の術師であり、仙台結界で乙骨と激闘を繰り広げた女性。 権力者に利用され続けた一度目の人生に悔いを残し、二度目の人生では”何者か”になり、自分のためだけに生きることを目的としていました。 しかし作中では乙骨に無自覚に煽られまくり…… 本記事ではそんな彼女のプロフィールと過去、その強さ(術式)、作中での活躍を中心に語ってまいります。
呪術廻戦

「呪術廻戦」憂憂(ういうい)~姉に心酔する狂気のショタっ子、その術式(簡易領域・転移)や縛りなど~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、姉・冥冥に心酔する正体不明のショタっ子「憂憂(ういうい)」について解説します。 憂憂は冥冥に付き従い、彼女を献身的にサポートする実の弟。 こう書くと何やら真人間のようですが、彼はとにかく姉への愛が天元突破しており、その言動は一つ一つが狂気に塗れています。 本名や経歴、術式など、未だ謎の多い憂憂。 本記事ではこれまでに判明した憂憂のプロフィールや能力(術式など)、作中での活躍などを中心に語ってまいります
呪術廻戦

「呪術廻戦」石流龍(いしごおりりゅう)~リーゼントがかっこいい400年前の術師、乙骨との激闘で見せた強さ(術式)など~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、人生の「デザート」を求める男「石流 龍(いしごおり りゅう)」について解説していきたいと思います。 石流龍は死滅回遊に参加する泳者の一人であり、仙台結界において乙骨と激闘を繰り広げた強者。 漠然とした人生の渇きを癒すため羂索の手を取った400年前の術師であり、二度目の人生では満ち足りた戦い(=デザート)を求めていました。 乙骨をも凌ぐ呪力出力を持ち、読者から「強すぎ」と話題を集めた石流龍。 本記事ではそんな彼のプロフィールと過去、強さ(術式)と乙骨戦の経緯などを中心に解説してまいります。
呪術廻戦

「呪術廻戦」鹿紫雲一~宿儺との戦いを望む400年前の術師、その術式(雷)と強さ、女性説や秤との戦いなど~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、宿儺との戦いを望む400年前の術師「鹿紫雲 一(かしも はじめ)」について解説していきたいと思います。  鹿紫雲一は死滅回遊編で登場した泳者の一人であり、200点以上のポイントを獲得し...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました