呪術廻戦

呪術廻戦

「呪術廻戦」三代六十四(みよろくじゅうし)~真希の師匠ポジに収まった相撲好きの河童、その強さ(術式)や作中での活躍など~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、真希の師匠ポジに収まった相撲好きの河童「三代六十四(みよろくじゅうし)」について解説していきたいと思います。 三代六十四は死滅回遊編で登場した泳者の一人にして受肉体。 ただ相撲をとることにしか興味がない究極の自由人です 作中では真希が真の鬼人へと至る切っ掛けを作った三代六十四。 本記事ではそんな河童のプロフィールや正体、その強さや能力を中心に深掘りしてまいります。
呪術廻戦

「呪術廻戦」大道鋼~DX日輪刀に辿りついた刀ジジイ、直哉戦で腕を犠牲にした理由など~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、刀ジジイの愛称でファンから親しまれる剣豪「大道 鋼(だいどう はがね)」について解説していきたいと思います。 大道鋼は死滅回遊編で登場した泳者の一人にして受肉した無名の大剣豪。 受肉体にも関わらず非術師、ただ純粋な剣技のみで戦う稀有な存在です。 作中ではその自由な在り方で、真希が禪院甚爾と並ぶ鬼人となる切っ掛けとなりました。 本記事ではそんな大道鋼のプロフィールや強さ、DX日輪刀にまつわるエピソードなどを中心に語ってまいります。
呪術廻戦

「呪術廻戦」シャルル・ベルナール~ボケ・ツッコミの切れ味鋭い漫画家(ただしデビュー前)泳者、その術式と秤との戦い~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、死滅回遊に参加する漫画家(志望)の青年「シャルル・ベルナール」について解説していきます。 シャルルは羂索によって後天的に術式に目覚め、東京第2結界で秤と激突した泳者です。 術式そのものは素晴らしかったものの、本人のスペックが追いついておらず、実力的にはそれほどでも無かったシャルル。 しかし彼はバトル以上に漫画家らしい数々の迷言で読者を沸かせてくれました。 本気ではそんなシャルルのプロフィールや術式、作中で披露された迷語録を中心に語ってまいります。
呪術廻戦

「呪術廻戦」禪院扇~クズとして名を下げ続けた男、その術式、娘・真希と真依への逆恨みなど~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、ただひたすらに名を下げ続けたクズ男「禪院 扇(ぜんいん おうぎ)」について解説します。 禪院扇は禪院真希と真依の父であり、禪院家26代当主禪院直毘人の弟にあたります。 御三家の中でもクズ揃いで有名な禪院家の中にあって、更に突出したクズ男。 そのあまりのクズっぷりに、ファンの間で他の禪院家のクズたちの評価を相対的に引き上げるという不思議な現象を起こしていました。 本記事では扇がクズと呼ばれる理由やその強さ(術式)、娘たちへの逆恨みなどを中心に解説してまいります。
呪術廻戦

「呪術廻戦」黒井美里~星漿体を世話するメイドさん、黒幕説が流れた理由、その後は生存or死亡?

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、五条悟の過去編に登場した星漿体の世話係「黒井 美里(くろい みさと)」について解説します。 黒井美里は代々「星漿体」と呼ばれる存在の世話を任されてきた一族の女性。 今代の星漿体・天内理子に仕える世話係であると同時に、彼女にとって唯一の家族と呼べる存在です。 過去編では懸命に天内理子を支えたものの悲劇的な結末を迎えた黒井美里。 本記事ではそんな彼女のプロフィールや、その後の生死などを中心に深掘りしてまいります。
呪術廻戦

「呪術廻戦」獄門疆(ごくもんきょう)~五条悟を封印した特級呪物、その解除方法と元ネタ(源信は実在した僧侶?)~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、物語のキーアイテム「獄門疆(ごくもんきょう)」について解説します。 獄門疆(ごくもんきょう)とは、あらゆるモノを封印する力を持った特級呪物。 その正体は生きた結界・源信の成れの果てとされ、渋谷事変で五条悟がこれに封印されて以降は、その封印解除が主人公たちの目的の一つとなっています。 本記事では獄門疆(ごくもんきょう)の概要とともに、その封印解除の手段や元ネタとなった実在の僧侶「源信」を中心に解説してまいります。
呪術廻戦

「呪術廻戦」呪具~作中に登場する呪具の能力(術式効果)や使い手を一覧形式で解説~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、物語に登場する数々の「呪具」について解説していきます。 呪具とは呪いの力が宿った対呪霊用の武具。 基本的には呪術師・呪詛師が使用するモノですが、呪力を持たない者でも使用できるため、作中では禪院真希と伏黒甚爾の天与呪縛のフィジカルギフテッド組が多用してします。 本記事では呪具の定義や区分を改めて整理するとともに、作中で登場した呪具について一覧形式で解説してまいります。
呪術廻戦

「呪術廻戦」オガミ婆~降霊術を使うドルオタ呪詛師、孫とは血が繋がっていない、最後はパパ黒を扱い切れず死亡~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、降霊術を使うドルオタ呪詛師「オガミ婆(おがみばば)」について解説します。 オガミ婆は渋谷事変において偽夏油に協力していた呪詛師の一人。 作中での出番はチョイ役で、あるキャラクターを登場させるためのギミック的存在でした。 本記事ではオガミ婆のプロフィールや術式、孫の存在、そして渋谷事変での活躍と最期(死亡)について解説していきます。
呪術廻戦

「呪術廻戦」粟坂二良~あまり名前が知られていない”あべこべ”の呪詛師、読者の評価が高い伏黒との術式バトル~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、”あべこべ”の術式で知られる呪詛師「粟坂 二良(あわさか じろう)」について解説します。 粟坂二良は渋谷事変において偽夏油に協力していた呪詛師の一人。 弱いものイジメに関しては生涯現役と宣言するどうしようもない三下ですが、その術式の特異性を用いた伏黒との呪術戦は読者からの評価が高い一戦となっています。 本記事ではそんな”あべこべ”の男・粟坂二良のプロフィールや術式、渋谷事変での戦いを中心に語ってまいります。
呪術廻戦

「呪術廻戦」組屋鞣造(くみやじゅうぞう)~”ハンガーラック”の人、そのモデルと強さ(術式)、アトリエの竜骨は真希が使用~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、”ハンガーラック”でお馴染み「組屋 鞣造(くみや じゅうぞう)」について解説します。 組屋鞣造(くみやじゅうぞう)は偽夏油に協力する呪詛師の一人。 人体を呪具や日用品に加工する猟奇的な趣味と技巧の持ち主で、作中ではレア素材「五条悟」を手に入れてハンガーラックを作るため呪術高専を襲撃しています。 変人ではあったものの呪具製作者としては優秀だった組屋鞣造(くみやじゅうぞう)。 本記事ではそんな彼のプロフィールやモデル、呪具や作中での活躍(その後)を中心に深掘りしてまいります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました