「ハイキュー‼」宮侑~設定盛り過ぎ高校NO.1セッター、宮兄弟はどっちが兄? その後の進路(大人になった侑)や声優は~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、最強ツインズ宮兄弟の片割れにして高校No.1セッターと称される「宮 侑(みや あつむ)」について解説します。

 宮侑は全国屈指の強豪稲荷崎高校のセッターにして、全日本ユース選抜にも召集された作中でもトップクラスの実力を誇る選手です。

 当初は影山を「おりこうさん」と挑発するなどミステリアスなキャラクターとして登場しましたが、次第にただただバレーが好きでストイックな少年と化していきました。

 本記事ではそんな宮侑の魅力について、双子の宮治との関係や名言、卒業後の進路などを交えて語ってまいります。

「ハイキュー‼」宮侑ってどんな奴?(声優含む)

基本プロフィール(身長、誕生日、声優など)、ボケ役? ツッコミ役?

所属稲荷崎高校2年2組 → MSBYブラックジャッカル(Vリーグ)
ポジションセッター
誕生日10月5日
身長183.6cm → 187.4cm
体重73.3kg → 80.4kg
最高到達点335cm → 342cm
好物トロ
最近の悩み指先が乾燥ぎみになる季節 → 新ボールにまだ完全には慣れない
声優宮野真守

 宮侑は影山が参加した全日本ユース合宿に高校No.1セッターとして登場し、春高では強豪稲荷崎高校の一員として烏野高校の前に立ちふさがったキャラクターです。

 外見はシャープな顔立ちをした金髪の少年で、双子の宮治とは髪の色(修は銀髪)と分け目の位置で区別されています。

 一見すると喜怒哀楽の感情表現が豊かでにこやかな雰囲気を漂わせていますが、時々空気を読まず毒舌を放ったり、サーブの最中にかけ声をかけた観客をどぎつく睨みつけるような一面も(「俺のサーブの邪魔すんなや、この喧しブタ」

 実際のところ宮侑は日向や影山と同じ根っからのバレー馬鹿で、上手い相手とバレーをしたいからと人に毒を吐き、自分のバレーを邪魔されると激怒する。

 中身はとてもシンプルで子供っぽいバレー大好き少年なのです。

 普段はチームメイトで小学校の頃からの友人である尾白アランがツッコミ役を担当してくれるため、治と共にボケまくっている愉快な関西人。

 ただ、大人になってアランと離れてからは周囲に天然ボケばかりが集まってしまい、ツッコミ役に転身して中々苦労しているようです。

変人速攻さえコピーするセンスと双子のコンビネーション、強烈なサーブ

パワー3→4
バネ4
スタミナ4→5
頭脳5
テクニック5
スピード4

※最低1~最大5の5段階評価、→の後ろはVリーグ時点

<Vリーグ後の追加データ>

サーブ10
レセプション8
ディグ8
セッティング10
スパイク7
ブロック8

※最低1~最大10の10段階評価

 宮侑は高校No.1セッターと称されるだけあり、その能力は作中でも屈指のものとなっています(サーブの威力を考えるとパワーの評価はもっと上でもいいと思う)。

 セッターとしての能力は、レシーブが乱れようと一切ブレることのない完璧な精度のトス、チーム全体を巧みに使い分けるゲームメイク、意表をついたツーアタックとまさに完璧。

 日向と影山の変人速攻を、宮治とのコンビネーションにより初見でコピーしたセンスは圧巻という他ないでしょう。

 また、ワガママな性格ではありますがバレーに対しては誰より誠実で、スパイカーに対しては非常に献身的なトスアップを見せており、研磨からは「セッターの鑑」とまで称されていました。

 加えて宮侑のサーブは中総体とIHでベストサーバーを得るほど強烈で、なんとスパイクサーブとジャンプフローターの二種類のサーブを使いこなしています。

 プロになった後は、これに加えてもう一種類、無回転から強打に変わるハイブリッドサーブを習得しているのですから、作中最強サーバーの称号を与えてもいいんじゃないでしょうか。


「ハイキュー‼」宮侑の人間関係

影山、日向から大きな刺激を受ける

 宮侑は全日本ユース合宿の時から影山の実力に興味を持っていたようで、色々とちょっかいをかけていました。

「プレーは大分、おりこうさんよな」

 相手に合わせることしかしない(自分の力をセーブしている)影山をもったいないと、感じていたんでしょうね。

 しかし春高で烏野高校とあたり、日向と影山のコンビを見た宮侑はその印象を一変。

「カッコええなぁ……!」

 変人速攻に魅了され、そのプレイをコピーするまでに。
 そして宮侑は影山だけでなく、日向からも大きな影響を受けていました。

「同情すんで飛雄君」
「エライおっかない相棒持ってもうたな」

 信頼という名の脅迫でセッターを突き上げる日向に宮侑は感動します。

「俺はいつかアンタにトスを上げるで」

 そして日向に宣言する宮侑。

 その宣言は数年後、プロの舞台で実現することになるのです。

宮兄弟(双子)の片割れ、治との関係(どっちが兄?)

 「高校バレー界最強ツインズ宮兄弟」と呼ばれ、作中で抜群のコンビネーションをみせる二人ですが、その関係はどのようなものなのか。

 宮治はスパイカーではありますが、非常に柔軟性に富んだマルチな能力を有しており、周囲の状況に即応できるだけでなく、マイナステンポの速攻にセッターとしてトスを上げるような離れ技を見せる天才です。

 全日本ユース合宿にこそ召集されていませんでしたが、元々の実力は治の方が少し上。
 ただ、侑の方が治より少しだけバレーを愛しており、徐々に侑が修の前を走るようになっていきました

 尾白アラン曰く「侑の一番恵まれとる点は”治”」
 治がいたからこそ、侑はここまで成長し続けることができたのです。

 そして、治は高校でバレーを辞めることを宣言しています(卒業後は「おにぎり宮」を企業)。

 ちなみに、宮兄弟のどちらが兄で弟かは公式では発表されていません。世間では侑が兄ではという声が多いようですが、個人的には治が兄なんじゃないかなぁ、と。

 互いのことを「ツム」「サム」と呼び合っていますが、これは小学校のころにアランと出会い、横文字の名前がカッコいいと真似て使いだしたんだそうです。


「ハイキュー‼」宮侑の名言と活躍、進路・大人になった彼は……

卒業後はプロ、オリンピック代表へ、その進化は留まるところを知らず

 高校卒業後、宮侑は梟谷学園の木兎も所属するVリーグ、MSBYブラックジャッカルに所属しています。

 そして、後にトライアウトを経て入団した日向とチームメイトになり、プロの舞台で影山たちと対戦し、いつか宣言した通り日向に最高のトスを上げることとなったのです。

 高校時代以上にセットアップ、そしてサーブに磨きをかけた宮侑は、影山に勝るとも劣らないセッターとして更なる進化を遂げていました。

 その後、2021年には日向、影山、そして高校時代のチームメイトだった尾白アランらとともにオリンピック代表にも選ばれ、今も留まることなく躍進し続けています

宮侑のストイック過ぎる名言と活躍

 実はただのバレー大好き少年な宮侑の活躍を、その名言とともに振り返っていきましょう。

「俺、下手糞と試合すんのほんま嫌いやねん」

 春高で烏野高校と対戦する前、日向を見ながら影山に言った言葉。
 傲慢なようで、純粋にバレーを楽しみたい宮侑らしい言葉です。

 しかし、後に宮侑の日向に対する印象は一変します。

「カッコいいもんは真似したいやんか」

 凄いものは素直に凄いと認め、称賛する。
 如何にもバレー馬鹿らしい思考と行動です。

「アンダーは腕2本、オーバーは指10本」
「よりいっぱいのもんで支えたいねん」
「セッターやもん」

 スパイカーのためなら一切労を惜しまない。
 宮侑のバレーへの真摯さが滲み出た言葉ですね。

 そして烏脳高校と激戦の末に敗れた後。

「罵れや。敗者に拍手なんかいらんねん」

 拍手を送る観客へ毒づく宮侑。

「点を獲ったら褒めてくれ」
「獲れんかったら罵ってくれ」

「『頑張ったで賞』は要らん」
「賞賛か罵声か、どっちかでええねん」

どっちかの中に居りたいねん」

 プロになってサービスエースを決めた時、胸中で叫んだこのストイックな言葉。

 本当にバレーを愛しているんだなと伝わってくる、宮侑を象徴するような言葉ですよね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました