「ハイキュー‼」昼神幸郎~鴎台”不動の昼神”、兄・福郎やエリート一家のプレッシャー、星海との過去、その後の進路、声優は~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、作中でも異彩を放つ”バレーに期待も理想も持たない”割り切った男「昼神 幸郎(ひるがみ さちろう)」について解説します。

 昼神幸郎は鴎台高校の一員として春高で主人公たち烏野高校の前に大きな壁として立ちふさがったキャラクター。

 バレーのエリート一家に生まれ、それ故に自分を追い詰め苦悩してきた過去を持ち、現在はその全てを吹っ切って「不動の昼神」とも呼ばれています。

 本記事ではその二つ名の由来と星海との過去、家族との関係やその後の進路を中心に深掘りしていきたいと思います。

「ハイキュー‼」昼神幸郎ってどんな奴?(声優含む)

基本プロフィール(身長、誕生日、最高到達点、声優など)

所属鴎台高校2年6組
ポジションミドルブロッカー
誕生日2月3日
身長190.4cm
体重80.8kg
最高到達点
好物具が大きいシュウマイ
最近の悩み姉の彼氏ノロケうっとうしい
声優宮崎遊

 昼神幸郎は長野県の強豪鴎台高校の2年生レギュラー。

 外見は色素の薄い髪と緩い雰囲気が特徴の、イケメンと言ってよい整った顔立ちの少年です。

 性格は爽やかでどこか緩く、どんな状況でも揺るがない安定したメンタリティの持ち主。
 ズバズバ物事を言うタイプで、鴎台高校のエースで中学時代からの友人である星海光来に対しては特に遠慮のない物言いをしています(主に身長や人間性に関して)。

 昼神幸郎の家族は両親も兄も姉もバレーをやっているバレーのエリート一家。

 昼神幸郎も元々は世界的な選手になることを夢見てバレーに打ち込んでいましたが、上手くなりたいというプレッシャーから自分を追い詰めすぎて心を病みそうになっていました。

 しかしそんな時、チームメイトの星海のある言葉で悩みを吹っ切り、現在ではバレーに対して期待も理想も持たない、スポーツ漫画としては珍しい独特のメンタリティを持つ男となっています(詳細は後述の人間関係で)。

「不動の昼神」と呼ばれる揺るがぬメンタリティを持つブロッカー

パワー4
バネ3
スタミナ4
頭脳4
テクニック4
スピード4

※表は最低1~最高5の5段階評価

 昼神幸郎はバランス良く隙の無い全国トップクラスのブロッカーです。

 その特徴は「不動」と謳われるメンタリティ。

 どんな状況でも決して動じることなく落ち着きと冷静さを保ち、チームメイトと連携し「バンチ・シフト」や「デディケート・シフト」などのブロックシフトでブレなく淡々と敵の攻撃を阻み続ける鴎台ブロックの要。

 また、敵を心理的に追い込むプレーも得意で、作中では何度もスパイクをブロックされて落ち込む烏野高校の東峰に対し、追い打ちをかけるようにサーブで狙い撃ちするなど勝負師としての顔も持ち合わせています。

 タイプで言えば烏野高校の月島に近いものがありますが、フィジカル面でもメンタル面でも、月島より洗練され隙の無い印象ですね。


「ハイキュー‼」昼神幸郎の人間関係

兄・福郎、姉・招子、エリートバレー一家(兄弟)のプレッシャー

 前述した通り、昼神幸郎は一家全員がバレーボールをしているエリート一家に生まれました。

 長男で7歳年上の昼神福郎、長女で3歳年上の昼神招子はそれぞれ全国屈指の有名選手で、2018年時点ではどちらもVリーガーとして活躍しています。

 そんな家族に影響されてバレーを始めた昼神幸郎は、恵まれた体格もあってメキメキ力を付け、中学時代には最優秀選手に選ばれたことも。

 しかし、それ故に昼神幸郎は「うまくなること」に妄執し、自分を追い詰めすぎてしまうきらいがあり、自分のミスはおろかチームメイトのミスでさえ自分に原因があると自分を追い詰めてしまうようになってしまいます。

 そしてとうとう、中学時代の帰り道、自分のこの手が悪いとコンクリートの壁に自分の手を打ち付け、自傷に走ってしまったのです。

星海光来との過去「やめても死なねぇ」

 そんな昼神幸郎を止めたのが、チームメイトで当時控え選手だった星海光来でした。

『ミスをするな』『負けたくない』

 プレッシャーに押しつぶされそうになっていた昼神幸郎は、星海に思わず弱音を漏らします。

「バレー、あんま好きじゃないや」

 それに対する星海の反応は実に淡泊なものでした。

「……じゃあ、やめればいいんじゃね?」
「別に死なねぇ」

 あまりにあんまりな言葉ですが、その言葉は昼神幸郎の胸にストンと落ちました。

 やめようと思えばいつでもやめれる、そう思うことで急に彼の視界が開けたのです。

 以来、昼神幸郎はバレーに対して「理想」も「ミスの罪悪感」も抱くことなく、淡々とプレーする「不動」のメンタリティを手にするに至りました。


「ハイキュー‼」昼神幸郎の活躍と名言、その後の進路

高校卒業後はバレーをすっぱり辞め、獣医師の道へ

 高校卒業後、昼神幸郎はすっぱりとバレーをやめて地元の長野で獣医師の道へと進んでいます。

 元々バレーに対して理想や情熱のないキャラクターでしたから、これは当然の選択でしょうね。

 しかし獣医師はミスをすれば命を失うものがいる大変な仕事。

 今まで昼神幸郎はバレーでは「ミスったって死なない」と思ってやってきましたが、今後はそれが通用しません。

 でも大丈夫だと、彼はそれを理解した上で獣医師の道を選びました。

「大丈夫じゃない時もあるって」
「もう知ってるから大丈夫」

「それに、好きな事だからね」

 そう星海に語る昼神幸郎。

 彼がバレーをしていたことは、決して無駄ではなかったのです。

良い意味でバレーと距離を保つ男の活躍と名言

 それでは最後に「良い意味でバレーと適度な距離を保つ男」昼神幸郎の活躍を名言、そして作中で対となっていた東峰の活躍と共に振り返っていきましょう。

 春高準々決勝、烏野高校対鴎台高校。

 烏野高校のシンクロ攻撃に対し、昼神幸郎は機械のように冷静な情報の選択により東峰をスパイカーと見抜き、完璧にブロックします。

「俺はもう『理想』も『ミスの罪悪感』も持ってない」
「足枷は何もない」

 連続でブロックされ落ち込む東峰を、冷静に観察する昼神幸郎。

 「決めたい」「決めなきゃ」そんな焦りで自分を絡めとる東峰を、かつての自分を見るように俯瞰的に分析します。

「『想い』なんて足枷」
「割り切れない奴は沈んでいくだけ」

 しかし東峰はそこで沈みはしませんでした。

「仲間が重荷であった事があるか」(東峰)

 東峰は仲間の『想い』を背負い、昼神とは真逆の形でプレッシャーを克服します。

 これはどちらが良いとか悪いとかではなく多様性の問題。
 決して昼神幸郎が劣っているわけではありません。

 試合終盤になっても昼神幸郎は難しいボールを慌てることなく冷静に処理。

「ミスったって死なない」

 それは心に余裕があるからこそのプレーです。

 昼神と東峰の戦い。それは『想い』を背負うことも、割り切ることも、どちらも立派な強さなのだと教えてくれるものでした。



コメント

タイトルとURLをコピーしました