「怪獣8号」四ノ宮功~かつて最強と謳われた防衛隊長官、そのプロフィールや強さ、最期(怪獣9号に吸収され死亡)~

 今回は「ジャンプ+」の記録を更新し続ける話題作「怪獣8号」から、かつて防衛隊史上最強と謳われた男「四ノ宮 功(しのみや いさお)」について解説します。

 四ノ宮功はカフカ達が所属する日本防衛隊の長官で、ヒロインの一人である四ノ宮キコルの父親。

 自分にも他人にも厳しい態度を崩さない巌のような人物ですが、その采配は意外と人情味にあふれ、部下たちからは慕われていました。

 本編では怪獣9号に吸収され早々に死亡していますが、その遺体などを巡ってまだまだ本編に関わってきそうですね。

 本記事では四宮功のプロフィールや強さ、その死亡シーンなどを中心に解説していきます。

「怪獣8号」四ノ宮功のプロフィール

基本プロフィール(年齢、身長、誕生日など)

年齢不明
身長190cm
誕生日1月8日
好きなものジャズ、ウィスキー、チェス、動物の動画

 四ノ宮功は主人公・日比野カフカらが所属する日本防衛隊の長官です。

 外見は髭と繋がったもみあげが特徴の屈強な壮年男性。

 カフカの同期である四ノ宮キコルの父親でもあり、厳格を絵に描いたような人物です。

 自分にも他人にも決して厳しい態度を崩さぬ一方で、国の防衛のためであれば怪獣8号(=カフカ)でさえ戦力として運用するなど、柔軟な判断力の持ち主。

 怪獣8号となったカフカに生き延びるチャンスを与えるため、わざわざ自分の身を危険に晒すなどその采配は中々人情味に溢れています。

 部下たちからの信頼はかなり厚いようですね。

 作中では群発する大怪獣にいち早く危機感を抱き、それに対処するため第一部隊長・鳴海弦と怪獣8号を中心とした最強の部隊を作り上げようと試みていました。

愛娘キコルの目標であり壁となる存在

 四ノ宮功は娘のキコルを幼い頃から厳しく育て続けました。

 それは元々の性格もあったのでしょうが、妻である四ノ宮ヒカリを怪獣6号による群発災害で失って以降、より一層キコルに厳しく接するように。

「そんなもの(主席合格)は当然だ」
「この国の未来のため完璧であり続けろ」

 いずれ戦場に立つ娘を強く育てようとしたのでしょうが、不器用にもほどがありますね。

 幸いキコルも父親の想いを汲んで強く真っ直ぐに成長しています。

 ちなみに、四ノ宮功は中々の見栄っ張りで、かなり老眼が進んでいるようですが娘の前では決して老眼鏡をかけようとしないのだそうです。


「怪獣8号」四ノ宮功の強さ(識別怪獣兵器、隊式格闘術)

識別怪獣兵器(怪獣2号)を用いた隊式格闘術の使い手

 四ノ宮功はかつて防衛隊史上最強と謳われた男です。

 作中では怪獣2号を兵器化した識別怪獣兵器を使いこなし、熟練の隊式格闘術を用いて戦っていました。

 怪獣2号は1972年に札幌を壊滅寸前に追い込んだ大怪獣。
 凄まじい破壊力と息絶える寸前まで屈しない気位の高さを持つ大怪獣だったと言われ、それを武器化した2号兵器はパイルバンカーのようなパーツのついたアームとスーツ。

 どうやら打撃に乗せてソニックブームを発する機能を有しているようです。

 その2号兵器と格闘術を融合させたのが、四ノ宮功が使う隊式格闘術であり、作中で判明している技は次の4つ。

1式:蓮波
タックルと同時にソニックブームを発する。

2式:発波
ソニックブームによる打撃範囲の拡張。

3式:双波
発波を両手同時に放つ。

4式:昇波
アッパーと同時にソニックブームを発する。

 ……他のキャラの技も似たり寄ったりですが、単に武器の機能でソニックブーム放つだけなら別に技名いらねぇんじゃね、というツッコミは無粋なんでしょうね、はい。

解放戦力は不明 → 全盛期より大分弱くなっている?

 四ノ宮功の解放戦力は不明です。

 第三部隊長の亜白ミナが96%、第一部隊長の鳴海弦が98%ということだったので、あるいは四ノ宮功はそれ以上(100%?)なのではという説もありますが……個人的には亜白や鳴海と同程度だったのでは、と考えています

 というのも、四ノ宮功は「かつて」防衛隊史上最強と呼ばれた男。

 それは亜白や鳴海といった若い隊長が出てくる前の話なんですよね。

 また、現在の四ノ宮功は全盛期から比べると格段に衰えています。

『9号のフォルティチュードは8.5』
『今の功でも何とか対処可能なレベル』
(第49話:伊丹副長官)

『私は衰えた』
『君の隣にいた頃の力は見る影もない』
(第50話:四ノ宮功)

 恐らくは、全盛期であれば鳴海たちと同程度の実力はあったのでしょうが、現在は確実にそれ以下。

 無理をすれば短時間に限り隊長級の力を発揮できる、といったところではないでしょうか。


「怪獣8号」四ノ宮功の最期(死亡シーン)

本部を強襲してきた怪獣9号を命がけで葬ろうとするが……

 第48話において、怪獣9号は「強大な怪獣の力(=怪獣2号)」を狙って功たちがいる本部を強襲してきます。

 事前に品川区に多数の怪獣が出現し、防衛隊員たちはそちらの対処に追われており、本部で大怪獣とまともに戦える人間は四ノ宮功だけ。

 彼は2号兵器を怪獣9号に渡すわけにはいかないと、自ら2号兵器を装備して立ち向かいます。

 事前の報告では怪獣9号はフォルティチュード8.5と今の四ノ宮功でも対処可能なレベルの怪獣だったはずですが、怪獣9号は以前の出現から格段にパワーアップしていました。

 2号兵器を全開放してなお怪獣9号に圧倒される功。

 彼は肉体の限界を無視し、命をかけて怪獣9号に指向性エネルギー攻撃(札幌を壊滅させた怪獣2号のメインウエポン)を放ちます。

 しかし。

 その攻撃は怪獣9号の肉体を破壊したものの、その核を砕くことはできず、逆に功は攻撃の反動で身動きがとれない状態に。

 その隙をついて怪獣9号は2号兵器もろとも四ノ宮功の肉体を吸収してしまいました。

怪獣9号に2号兵器もろとも吸収され、その知識を利用されることに

 怪獣9号は2号兵器と四ノ宮功を吸収したことで更なるパワーアップを遂げます。

 2号兵器はともかく、ただの人間に過ぎない四ノ宮功を吸収してもパワーアップには繋がらないように思えますが、怪獣9号は吸収した四ノ宮功の知識を得ることができます。

 そこには防衛隊の戦力に関する知識だけでなく、四ノ宮功の戦闘経験なども含まれているのではないでしょうか。

 吸収直後、キコルたちへ嫌がらせをするかのように四ノ宮功の姿をとっていた怪獣9号ですが、あるいは四ノ宮功の戦闘経験・技術を活用するため、今後敢えて人間・四ノ宮功の姿をとることも考えられます。

 味のあるキャラクターながら早々と死亡してしまった四ノ宮功ですが、その遺体や知識の使われ方など、まだまだ本編に関わってきそうですね。

 

【まとめ】「怪獣8号」キャラクター一覧



コメント

タイトルとURLをコピーしました