「怪獣8号」亜白ミナ~第三部隊隊長にしてカフカの幼馴染、そのプロフィールと強さ(解放戦力)、虎の正体~

 今回は「ジャンプ+」の記録を更新し続ける話題作「怪獣8号」から、本作の正ヒロイン「亜白ミナ」について解説します。

 「怪獣8号」は怪獣発生率が世界屈指となった架空の日本を舞台に描かれるバトル作品です。

 亜白ミナは日本防衛隊第三部隊隊長であり、そのクールな美貌で隊の内外で人気の高い美女。

 本作の主人公・日比野カフカの幼馴染でもあり、かつて共に防衛隊員となって人々を守ることを誓った同士でもあります。

 本記事では亜白ミナの基本プロフィールに加え、その強さや彼女に付き従う虎の正体なども交え、その魅力を深掘りしてまいります。

「怪獣8号」亜白ミナのプロフィール

基本プロフィール(年齢、身長、誕生日など)

年齢27歳
身長169cm
誕生日6月17日
好きなもの猫(ネコ科の動物全般?)、甘いもの、お風呂、スルメ

 亜白ミナは本作のヒロインの一人であり、主人公・日比野カフカの年下の幼馴染。

 現在は日本防衛隊第三部隊の隊長を務め、隊の内外で高い人気を博しています。

 外見は長い黒髪とクールな雰囲気が特徴の美女。

 性格は一見すると寡黙で冷静沈着ですが、無感情なわけではなく感情を表に出すのが苦手なだけ、といった印象が強いですね。

 カフカとは幼馴染であると同時に上司と部下でもあり、基本的には公私混同することなく距離をとって接してはいますが、わざわざカフカの入隊試験を見に行ったり「カフカくん」と呼んだり、時々本音の部分が顔を出すことも。

カフカとともに防衛隊を目指した過去とその経緯(理由)

 亜白ミナが防衛隊員となったのは、幼い頃に住んでいた町が怪獣災害で壊滅し、家が破壊されて飼っていた三毛猫(?)のミィコが死んでしまったことが切っ掛けです。

 その時ミナはカフカとともに防衛隊員となって怪獣を全滅させることを約束しました。

 ミナはその言葉どおり防衛隊員、しかも隊長となって最前線で活躍することになりますが、カフカは入隊試験に落ち続け、一時は防衛隊員になることを諦めたことも。

 しかしカフカは再び防衛隊員を目指し、ミナの隣に立つべく奮闘を始めます。

 ミナもかつての約束を忘れておらず、今もカフカが自分に追い付き、隣で共に戦う日が来ることを願っています。


「怪獣8号」亜白ミナの強さ(解放戦力、専用武器)

解放戦力は鳴海に次ぐ96%、防衛隊遠距離射撃部門のトップ(接近戦は苦手?)

 第三部隊隊長である亜白ミナの実力は作中でも屈指のものであり、しかも未だその底が見えません。

 解放戦力は最強の戦士・鳴海弦に次ぐ96%。

 防衛隊遠距離射撃部門の討伐ランキングでは鳴海を抜いてトップであることが判明しています。

 銃器に関する適性が図抜けており、大型怪獣をも一撃で撃破するその攻撃力は圧巻の一言。

 一方で刃物の扱いは苦手らしく(本人曰く「包丁も握りたくない」)、接近戦に関しては副隊長の保科宗四郎に任せているようです。

 実際には接近戦もやってやれないことはないのでしょうが、苦手分野を切り捨てて純粋な火力砲台に専念することで、その火力を更に高めていると考えられます。

専用武器は巨大な機関砲「T-25101985」

 亜白ミナの専用武器は巨大な砲身を持ち、腰だめに構えて使用するタイプの超大型銃器です。

 正式名称は不明ですが砲身には「T-25101985」と刻印がありました。

 相模原討伐作戦で初登場したこの専用武器は、大型怪獣をも一撃で吹き飛ばす圧倒的な破壊力を有しています。

 一方で、単純に遠距離から狙撃するだけでは敵に防がれてしまうため、他の隊員による足止めなど、援護が不可欠な武器(戦い方)でもありますね。

 ちなみに亜白ミナは、四ノ宮キコルの隊式斧術、保科宗四郎の刀伐術、鳴海弦の銃剣術のような「技」は今のところ使用していません。

 銃器なので「技」がなくてもおかしくありませんが、単純な砲台でしかないのだとすると、今後強敵との戦いにおいては見せ場が少なくなりそうな印象も。

 怪獣のユニ器官を使った特殊な弾頭とか、何か決め手になるようなものが欲しいですね。


「怪獣8号」亜白ミナは新入隊員世代の憧れ

 亜白ミナはその美貌と強さによる多くのファンが存在しており、特に新入隊員らの世代にとっては憧れの的です。

 特に伊春などは亜白ミナに救われ、彼女に憧れて第三部隊に入隊したと言いますから、その想いの強さは顕著。

 他の男性隊員たちも、カフカがミナの幼馴染だと知ると風呂場でのぼせて倒れるほどの食いつきを見せていましたから、彼女に憧れて防衛隊員になった者は珍しくないのでしょう。

 

 第一部隊隊長である鳴海弦が怪獣を討伐した際も、何故か記事ではミナの扱いの方が圧倒的に大きく、ミナが怪獣を討伐したかのようになっていましたし、防衛隊の人気ランキングがあれば恐らくはトップに君臨しているはず。

 色んな意味でカフカが彼女の隣に立つ日は遠そうですね。

「怪獣8号」亜白ミナに従う虎の正体(伐虎)

 亜白ミナは、怪獣討伐中に突然巨大な虎を従えていたことでも話題となっています。

 今のところこの虎に関する情報はほとんど明かされておらず、分かっているのは次の2点だけ。

・名前は「伐虎(ばっこ)」
・ミナの砲撃の反動を支えていた。

 戦闘中のミナのサポートをしていたことは確かですが、この伐虎が本当に「虎」なのかさえ不明。

 普通の「虎」だとすれば、さすがに怪獣相手にミナのサポートをするのは無理があるように思えます。

 何らか特別に強化されたペット兼護衛なのか、それとも怪獣の力を転用した専用武器の一種なのか……今のところ何とも判断が難しいですね。

【まとめ】「怪獣8号」キャラクター一覧

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました