レビュー

レビュー

「さよなら私のクラマー」感想&評価(ネタバレ注意)~打ち切り(?)完結済でも読んで損なし、アニメ化・映画化済~

 今回は月刊少年マガジンで連載され、2021年1月号をもって完結済の女子サッカー漫画「さよなら私のクラマー」について解説します。 この作品はアニメ化、映画化もされており、当然原作漫画も人気は高かったのですが、最終回の内容から打ち切り説が流れ、ファンからの批判をかった問題作でもあります。 しかしながら内容そのものは非常にクオリティが高く面白い良作。 本記事では打ち切り説の真相やあらすじ、タイトルの意味、アニメや映画の概要なども含め、その魅力を語ってまいります。
レビュー

「出禁のモグラ」感想&評価(ネタバレ注意)~『鬼灯の冷徹』の作者、江口夏実先生の最新作、仙人があの世から出禁!?~

 今回は「モーニング」であの「鬼灯の冷徹」の作者、江口夏実先生が連載中の話題作「出禁のモグラ」について紹介します。 「出禁のモグラ」とは現代日本を舞台に、”あの世から出禁をくらった”自称仙人の男、モグラを中心として描かれるオカルトギャグストーリー。 江口先生独特のあのシュールな世界観が今度は現代に移植され、非常にポップで馴染みやすい作品となっています。
レビュー

「SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん」感想&評価(ネタバレ注意、あらすじ含む)

 今回は月刊ビッグガンガンで連載中の一風変わった青春バンドストーリー「SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん(以下、シオリエクスペリエンス)」について紹介します。 この「シオリエクスペリエンス」は、かつて家庭の事情で音楽の道を諦めた地味な女教師「紫織」が、伝説のロックミュージシャンであるジミ・ヘンドリクスの亡霊に憑りつかれ、再び音楽活動を始めるという物語。 本記事では”ジミヘン”の幽霊というネタ要素と青春が見事に融合した本作の魅力について、あらすじや登場人物を中心に深掘りしてまいります。
レビュー

漫画版「おいしい給食」感想&評価~ドラマシーズン2(続編)も放送中、TVドラマ原作のバカバカしすぎる給食バトル!~

 今回は2019年に連続TVドラマとして放送され、映画化を経て現在漫画版がビッグガンガンで連載中の「おいしい給食」について紹介します。 「おいしい給食」は市原隼人さん主演でTV神奈川などを中心に放送されたTVドラマで、1980年代の中学校を舞台に給食大好き教師と中学生の「どっちが美味しく給食を食べるかバトル」を描いた物語。 大好評につき映画化を経て漫画化され、2021年10月からドラマシーズン2(続編)もされている「おいしい給食」について、そのあらすじ、登場人物を中心に魅力を語ってまいります。
レビュー

「TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには」感想&評価(ネタバレ注意)~太極拳✖金的✖美大浪人=最強のコンビニ店員~

 今回はサイコミで配信中、冴えない最強コンビニ店員による痛快バトルアクション「TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには」について紹介します。 この物語は国家さえもその強さの秘密を求めつけ狙う最強の男「TSUYOSHI」を巡る物語。 一見すると小柄でひ弱そうな青年が、自分を狙って立ちふさがる格闘家やスパイをバッタバッタと薙ぎ倒す、非常に爽快感溢れる内容となっています。 本記事ではあらすじや最強の男「TSUYOSHI」のチョロすぎる素顔を中心に、ネタバレも交えて本作の魅力を語ってまいります。
レビュー

「ライドンキング」感想&評価(ネタバレ注意)~プーチンが異世界転移!? なろう系でもなろうじゃないギリギリ過ぎる物語~

 今回は「空手小公子 小日向海流」などで知られる馬場康誌先生が月刊少年シリウスで連載中、最強大統領が桁外れの格闘技を武器に異世界で大暴れする異色の傑作「ライドンキング」について紹介します。 「ライドンキング」は異世界転移なろう系に属する作品ではありますが、なろう原作ではなく、また一般的ななろう系とも一味違う独自色の強い物語。 どう考えてもプーチン大統領がモデルとしか思えない人物が主人公で、しかもロシアは敵側という、よく出版できたなと呆れてしまう攻め過ぎた設定が特徴です。 本記事では「ライドンキング」の魅力について、ネタバレ、アニメ化の展望、海外の反応なども交えて語っていこうと思います。
レビュー

「兄の嫁と暮らしています。」感想&評価(ネタバレ注意)~この二人の関係は果たして何と呼べば良いのだろう?~

 今回はくずしろ先生がヤングガンガンで連載中、血の繋がらない姉と妹のどこか切ない関係を描いた「兄の嫁と暮らしています。」について紹介します。 この作品はたった一人の血縁だった兄を無くした高校生の少女と、その兄の妻だった女性が、互いを想い合い、寄り添いながら暮らしていく様を描いた物語。 2人の互いを想い合うからこそすれ違う、ちょっと切ない距離感が尊い良作です。 本記事ではただの家族愛とも百合とも言えない2人と、彼女たちを取り巻く人々との関係が描かれたこの作品の魅力について語ってまいります。
レビュー

「いとなみいとなめず」感想&評価(ネタバレ注意)~交際経験0の夫婦が結婚から始めるジレジレほのぼのラブコメディ~

 今回は水瀬マユ先生が漫画アクションで連載中、交際経験0の夫婦が始めるジレジレラブコメディ「いとなみいとなめず」について紹介します。 この「いとなみいとなめず」は、文字通り色んなものをすっ飛ばかして夫婦になった2人が、”夫婦の営みを営めないまま”少しずつ距離を縮めていく物語。 「中学生かよ」とツッコみたくなる純な2人の関係をヤキモキほのぼのしながら見守っていたくなる良作です。 まだ気が早いけど、できればドラマ化して欲しいなぁ……
レビュー

「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」感想&評価(ネタバレ注意)~元最強の殺し屋は安西先生に激似~

 今回は週刊少年ジャンプで連載中、「次にくるマンガ大賞2021」でコミックス部門9位、特別賞U-NEXT賞を受賞した「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」について紹介します。 「SAKAMOTO DAYS」は安西先生そっくりな元最強の殺し屋が、夫婦で経営する個人商店を舞台に何故か襲い来る殺し屋たちをバッタバッタと薙ぎ倒す痛快ギャグアクション。 テンポの良い話の展開と、秀逸なアクション描写で人気を博すこの作品について、本記事ではあらすじ、登場人物の若干のネタバレも交えてその魅力を語ってまいります。
レビュー

「グラゼニ」感想&評価(ネタバレ注意)~大リーグ編突入を期にこれまでのあらすじや登場人物などを振り返る~

 今回は「週刊モーニング」で連載中、プロ野球選手のゼニ勘定をメインテーマに据えた異色作「グラゼニ」について紹介します。 タイトルの「グラゼニ」とは、南海ホークス黄金時代を築いた名将、鶴岡監督が言った「グラウンドには銭が埋まっている」という言葉を略したもの。 決して一流とは言えない中堅投手のお財布事情をリアルに描いた作品……だったのですが、あれよあれよと出世して、2021年冬からは大リーグ編が開始されることに。 本記事ではそんなグラゼニのあらすじ、登場人物を中心に、みんな大好き「お金の話」の魅力について語ってまいります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました