レビュー

レビュー

「九条の大罪」感想&評価(ネタバレ注意)~「闇金ウシジマくん」の作者が悪徳弁護士を描く!? あらすじ、登場人物など~

 今回は「闇金ウシジマくん」の作者・真鍋昌平先生が「ビッグコミックスピリッツ」で連載中のリーガルサスペンス「九条の大罪」について紹介します。 この作品は、法律と道徳を分けて考え、半グレやヤクザを中心に依頼を受ける弁護士・九条の視点で人間の葛藤や心の揺れ動きを描いた物語。 闇金業者の視点から物語を描くことに限界を感じた真鍋先生が、足かけ5年の取材を経て世に送り出した大作です。 本記事ではそのあらすじや登場人物の紹介を交え、その魅力を解説してまいります。
レビュー

「ニラメッコ」感想&評価(ネタバレ注意)~「うらみちお兄さん」の久世岳が送る若手芸人たちの苦楽を描いた青春コメディ~

 今回は「うらみちお兄さん」で知られる久世岳先生の最新作「ニラメッコ」について紹介します。 「ニラメッコ」はシェアハウスで暮らす若手お笑い芸人たちの苦楽と悲哀を描いたコメディ作品。 華々しい「笑い」の裏で、売れない、誹謗中傷、相方や恋人との関係、将来の不安など、様々な苦悩を抱える若者たちの青春群像劇となっています。 本記事では、あらすじや登場人物の紹介を交えつつ、そのちょっぴり闇深い魅力について深掘りしてまいります。
レビュー

「新約カニコウセン」感想&評価(ネタバレ注意)~「蟹工船」をSFリメイク? これもう「蟹」じゃねぇし!~

 今回はプロレタリア文学の傑作「蟹工船」をSFリメイクした問題作「新約カニコウセン」について紹介します。 「新約カニコウセン」は全ての海が蒸発し、巨大水棲生物たちが空を飛ぶ架空未来を舞台に、蟹工船で働かされる底辺労働者たちの苦悩と闘争を描いた物語。 小林多喜二の「蟹工船」のテイストは残しつつ、世界観を大胆にリメイクした問題作です。 本記事では「新約カニコウセン」のあらすじ(原作の解説含む)や登場人物の紹介を交えつつ、その魅力を深掘りしていきたいと思います。
レビュー

「メディアミックスメイデン」感想&評価(ネタバレ注意)~登場人物(女性)が魅力的なお仕事ラブコメ~

 今回は「裏サンデー」「マンガワン」で連載中の業界お仕事ラブコメ「メディアミックスメイデン」について紹介します。 この作品は敏腕で女癖の悪いフリープロデューサーを父に持つ主人公が、父の失踪によりメディアミックスプロジェクトを押し付けられ、エンタメの乙女たちと悪戦苦闘するという物語。 非常に魅力的な女性陣が登場していますが、ラブコメ要素はアクセント程度で意外と真面目なお仕事ものとなっています。 本記事ではこの「メディアミックスメイデン」の魅力について、あらすじや登場人物の紹介も交えて解説してまいります。
レビュー

「異世界ありがとう」感想&評価(ネタバレ注意)~なろう系っぽいタイトルですが、”小説家になろう”原作ではありません~

 今回は「裏サンデー」「マンガワン」などで連載中のwebコミック「異世界ありがとう」について紹介します。 この作品はニコニコ漫画で人気の荒井小豆(原作)と新人のジアナズ(作画)がタッグを組んで繰り広げる異世界転生ファンタジー。 タイトルは”なろう系”ですが、テンプレものとは一味も二味も違うコメディ系異世界友情憚となっています。 本記事では「異世界ありがとう」のあらすじや主な登場人物の紹介も交え、この作品の魅力を語ってみようと思います。
レビュー

「日本三國」感想&評価(ネタバレ注意)~エグさとコミカルさが同居した近未来三国志、あらすじや登場人物紹介など~

 今回は「マンガワン」で松木いっか先生が連載中の近未来三国志「日本三國」について紹介します。 この作品は核戦争や感染症、自然災害などで文明が崩壊し、戦国時代へと突入した近未来の日本を舞台に、日本を再統一すべく立ち上がった軍師・三角青輝の物語。 非常に精緻に作り込まれた世界観と人間味あふれるコミカルでちょっぴり(?)エグいキャラクターたちが織り成す一大戦記となっています。 本記事では日本三國のあらすじや登場人物の紹介を交え、この作品の何が面白いのかを深掘りしていきたいと思います。
レビュー

「シロとくじら」感想&評価(ネタバレ注意)~ニートと幼児のほっこりした日常をあらすじ付で解説~

 今回は「webコミックアパンダ」などで連載中、ニートと幼児の日常コメディ「シロとくじら」について紹介します。 この作品は怠惰な日常を送るニートのシロとその姉の息子で幼稚園に通うくじらが、一時的な同居を切っ掛けに親しくなり、交流していくゆったりした日常コメディ。 一見自由気ままに生きているように見える二人ですが、その裏には言語化できない何かを抱えているようで…… とにかく「くじら」がかわいいと人気急上昇中のこの作品。 本記事ではあらすじと登場人物の紹介を交えつつ、その魅力を解説してまいります。
レビュー

「廃バスに住む」感想&評価~空気感が絶妙でずっと読んでいられる現代コメディ、実写CMの女優さんは?~

 今回は「webコミックアパンダ」で連載中のおひとりさま車中泊コメディ「廃バスに住む」を紹介します。 この作品は元々作者のイチヒ先生が個人Twitter上で公開していたところ「何故か美人教師が廃バスに住んでいる」という独特の設定で話題沸騰となった作品。 絶妙に”地に足が付いてない”空気感とマイペースさが魅力で、とにかくずっと読んでいられる現代コメディです。 本記事ではあらすじや登場人物の紹介、実写CM(女優さん誰?)などを交えつつ、その魅力を語っていこうと思います。
レビュー

「ツワモノガタリ」感想&評価(ネタバレ注意)~流派にリアルな新選組剣術バトル、”強さ”が丁寧に描かれていて面白い~

 今回は週刊ヤングマガジンで連載中、強さに一番リアルな新選組漫画「ツワモノガタリ」について解説します。 この作品は有名な新選組の隊士たちが幕末最強の剣客は誰かについて語り合う剣客バトル漫画。 ただ誰それが強い、天才だ、ではなく、彼らが背負う剣術流派に関して非常に丁寧な取材がなされており、強さの描写が非常にリアルな作品です。 本記事ではあらすじや登場人物の解説なども交え、この「ツワモノガタリ」の魅力について語っていこうと思います。
レビュー

「黄泉のツガイ」感想&評価(ネタバレ注意)~コミックス1巻・2巻のあらすじ、登場人物の解説付~

 今回は「鋼の錬金術師」で知られる荒川弘先生が月刊少年ガンガンで連載中の最新作「黄泉のツガイ」について紹介します。 この作品は山奥の俗世から隔絶された村で育てられた少年ユルが、ある日突然「ツガイ」と呼ばれる怪物とそれを使役する「ツガイ使い」との戦いに巻き込まれる現代伝奇バトル漫画。 様々な勢力、人物の思惑が複雑に絡み合い、誰が敵で誰が味方か、全く先が読めない展開が続いています。 本記事ではあらすじや用語解説、登場人物の紹介などを交えつつ、「黄泉のツガイ」の忌憚のない感想を語ってみようと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました