「ハイキュー‼」青根高伸~かわいいと評判の伊達工”鉄壁の中枢”、二口とのコンビ、どこで喋る? その後の進路、声優など~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、伊達工業の”鉄壁”を象徴する男「青根 高伸(あおね たかのぶ)」について解説します。

 青根は宮城県予選で鉄壁伊達工業の主力選手として、烏野高校、そして日向翔陽の前に立ちふさがったキャラクター。

 無口でターミネーターのような強面ながら、その真面目でピュアな性格がかわいいと意外な人気を博した男でもあります。

 本記事では相棒二口、ライバル日向、そして日向の妹・夏との関係やその後の進路などを中心に、青根の魅力を語っていこうと思います。

「ハイキュー‼」青根高伸ってどんな奴?(声優含む)

基本プロフィール(身長、誕生日、最高到達点、声優など)、ロックオン癖

所属伊達工業高校2年A組 → VC伊達(社会人チーム)
ポジションミドルブロッカー
誕生日8月13日
身長191.8cm → 193.3cm
体重88.2kg → 86.5kg
最高到達点335cm
好物栗きんとん
最近の悩み電車に乗って座席に座る両サイドに誰も座ってくれないこと → 二口がいつも遅刻ギリギリ
声優松川裕輝

 青根は鉄壁のブロックで知られる強豪伊達工業の2年生レギュラーで、チームの主力選手。

 外見はターミネーターのような強面の大男で、眉もなく、気の弱い人間(東峰とか)なら初見で震え上がらせてしまうほどの迫力の持ち主です。

 非常に寡黙でほとんど喋ることがなく、はた目には何を考えているのか分かりにくいですが、内面は実直で真面目な好青年。

 作者から「丁寧に生きてる。多分北伸介と一番仲良くなれる」と評されていました。

 とは言え、バレーに関しては非常に好戦的で、相手チームのエースをロックオンする癖があり、作中ではしばしばエースを指差しして挑発しています(人を指差すのは失礼だから良い子はやっちゃだめだよ)。

体格だけでなく反射神経と瞬発力に恵まれたリード・ブロックの名手

パワー5
バネ3
スタミナ3
頭脳3
テクニック3
スピード4

※表は最低1~最高5の5段階評価

<社会人チームでの追加データ>

サーブ7
レセプション5
ディグ5
セッティング5
スパイク7
ブロック10

※最低1~最大10の10段階評価

 青根は”鉄壁”のブロックで知られる強豪伊達工業の中心選手であり、県下屈指の名ブロッカーです。

 ブロックにはいくつかの種類がありますが、青根(伊達工業)が得意としているのは、ボールの動きを見てから飛ぶリードブロック

 リードブロックはその性質上、スパイカーの動きに出遅れることが多いのですが、青根はその驚異的な反射神経と瞬発力によりそのデメリットを克服しています。

 実は青根は身長だけ見ると191cm、バレーボール選手としてはそれほど長身でもありません。

 どちらかと言えば、その体格に似合わぬ反射神経と瞬発力、そしてボールに対する集中力こそが青根を鉄壁たらしめている要因と言えるでしょう。

 この青根にロックオンされた相手エースは悉くスパイクを叩き落され、心折られることが多く、作中でも物語開始前に東峰がボロボロにされていました。


「ハイキュー‼」青根高伸の人間関係

二口とは大人になっても続く名コンビ

 同級生で同じレギュラーの二口と青根は意外な名コンビです。

 寡黙で実直な青根とチャラくて軽薄で毒舌家の二口はまるきり正反対ですが、ちょうど凸と凹が綺麗にハマったのか、作中ではいつも行動を共にしています。

 青根は周りに怖がられやすく人付き合いが苦手なところがありますから、二口ぐらい毒が強い人間の方が相性がいいのかもしれませんね。

 同じクラスで誕生日も青根は8月13日でベルリンの壁建設記念日、二口が11月10日でベルリンの壁崩壊記念日と対になっています。

 詳しくは後述しますが、青根と二口の関係は高校卒業後も続いており、大人になっても同じ社会人チームでバレーを続けていました。

日向翔陽とのライバル関係、その妹の日向夏とは……(青夏)?

 主人公の一人である日向翔陽と青根は互いに認め合うライバル関係。

 青根は初対決で日向と影山の変人速攻で翻弄され、敗北して以降、日向を倒すべきライバルとしてロックオンしています。

 強敵の青根に認められたのが嬉しいのか日向もノリノリ。
 青根に相対すると彼に合わせて日向も寡黙になり、無言で頭を下げ合い通じ合う不思議な関係を構築しています。

 また、ファンの間では日向の妹の日向夏ちゃんと青根とのカップリングがにわかに話題となったこともありました。

 夏ちゃんはまだ小学生で、実は青根とは本編での絡みはまったくないのですが、作者がコミックス5巻の宣伝イラストで青根と夏ちゃんのコンビを起用したことが切っ掛けで、この年の差カップルが瞬く間に人気となったのです。

 ……流石に犯罪臭いし、公式カプではないはず(でももしそうなったら、日向・兄はどんな反応をするんだろう?)。


「ハイキュー‼」青根高伸の活躍と名言、その後の進路

最後の夏はIH出場、卒業後は建設会社に勤務、二口と共に社会人チームへ所属

 青根たち伊達工業は青根たちが3年の時には、主人公たち烏野高校を破ってIH出場という快挙を成し遂げています(IHベスト16)。

 作中でもトップクラスのブロッカーという印象が強かっただけに、そのままVリーグ入りするかと思われた青根でしたが、高校卒業は地元の建設会社に勤務

 社会人チームVC伊達で、二口と共にバレーを続けています(会社は別)。

 作中では青根と二口は一緒に2018年に日向と影山がVリーグで対戦した試合を観戦しており、大人になってもこのコンビが健在であることがうかがえます。

 無口な青根に付き合えるのが二口ぐらいなのか、毒舌家の二口に付き合えるのが青根ぐらいなのか……まあ、どっちもどっちなんでしょうね。

寡黙なターミネーター青根の活躍と名言(どこで喋るの?)

 それでは最後に、寡黙なターミネーター青根の活躍と(数少ない)名言(というか発言)を振り返っていきましょう。

 青根とライバル日向の対決は、IH宮城県予選2回戦。

 烏野高校のエース東峰のスパイクを軽々とブロックし、伊達工ペースで試合が進むかと思いきや、日向と影山の変人速攻が炸裂し、青根たちは度肝を抜かれます。

 しかし青根はその後、驚異的な反射神経と瞬発力で日向に追い付き、変人速攻にくらいつきますが、その結果日向に意識が集中し、東峰ら他のスパイカーの反撃を許してしまい、敗北してしまいました。

 試合後、引退を決意した先輩たちに、

「春高!」

 言葉足らずながら、引退せず春高までバレーを続けて欲しいと二口と共に訴える青根。

 先輩たちの決意は変わらず引退してしまいますが、青根たちの先輩たちへの想いがよく表れたシーンでした。

 その後、春高予選で日向と再会。

「明日」
「お前を止める」

 互いの勝利を期した宣戦布告。

 しかし、青根たち伊達工業は3年生が引退してチームが未成熟。
 及川率いる青葉城西の前にあえなく敗北してしまいます。

『ー日向翔陽』
『次は必ずお前を止める』

 敗北の後、青根は日向とすれ違いますが、今度は青根は何も口にせず、ただ心の中で強く決意を固めます。

 そしてそれは、見事翌年のIH予選で果たされることとなるのです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました