ワールドトリガー「三輪秀次」~女性票比率を跳ねあげる性能を持ったA級シスコン、姉の死因、声優は~

 今回はジャンプスクエアで連載中の大人気漫画「ワールドトリガー」で、女性ファン比率を飛躍的に高める性能を持つシリアスなシスコン「三輪 秀次(みわ しゅうじ)」について紹介します。

 ワールドトリガーは異世界からの侵略者「ネイバー」と、それに対抗する防衛機関「ボーダー」との戦いを描いたSFアクション群像劇です。

 三輪はボーダー隊員の中でも苛烈なネイバー排斥派。当初は主人公たちと敵対する立場として登場し、主人公(空閑遊真)の強さを引き立てる噛ませ犬的なポジションにあったキャラクターでもあります。しかし作中で徐々にその実力と魅力が描かれ、作中屈指の女性人気を誇るまでに成長した三輪秀次という男について今回は深掘りしていきます。

ワールドトリガー、三輪秀次のプロフィール(声優含む)

姉をネイバーに殺され、ネイバーへの復讐に燃える少年

ボジションオールラウンダー(A級7位部隊 三輪隊隊長)
年齢17歳
誕生日10月2日
身長174cm
血液型A型
星座みかづき座
職業高校生
好きなもの姉、ネイバーを駆除すること
声優森田成一

 三輪は少し長めの前髪と鋭い目つきが特徴的な少年です。
 姉をネイバーに殺された悲しい過去、その容姿、ガンカタスタイルの戦い方など、作品が違えば主人公になっていてもおかしくないキャラクター性を保有しています。

 性格は堅物。ルールを破る人間、いい加減な人間が苦手でいつも怒ったような表情をしています(作者曰く、前髪で眉間が隠れてしまうため怒っている顔が描きにくいという機能的じゃないデザイン)。

 初登場は主人公の一人でネイバーの空閑遊真を排除しようとする側。しかしこの時は、ブラックトリガーを持つ遊真に返り討ちにされ、その強さを引き立てる悲しい役割

 またその後も、嵐山隊と戦って詰めを誤り返り討ちにあったりと、どこか噛ませ犬的な役回りが続きます。

 しかしその後の大規模侵攻編では、遊真と協力して敵のボスを退けるなど、華々しい活躍を見せており、A級の名に恥じない実力者であることが示されています。

ボーダー内での交友関係、旧東隊

 ボーダー内での三輪は、その堅物の性格からあまり交友関係は広くないようです。

 特にネイバー融和派である玉狛支部のことは「裏切り者」と考え、そこに所属するメンバーとは仲が悪い様子。

 一方で、三輪隊のメンバーとの仲は良好なようで、特にアタッカーの米屋とはプライベートでも頻繁に行動を共にしている場面が描かれています。

 また、三輪はかつてA級1位部隊であった旧東隊に所属しており、そのメンバーとの仲は今でも良好なようです。

 いつか旧東隊時代のエピソードとか本編でやって欲しいですね。


ワールドトリガー、三輪秀次の強さ

「鉛弾(レッドバレット)」を使いこなすオールラウンダー

トリオン6
攻撃8
防御・援護8
機動7
技術9
射程3
指揮6
特殊戦術5
合計52

 これが三輪のパラメーターです。あらゆる能力がバランス良く高くまとまった、技巧派のオールラウンダーと言えるでしょう。

 刀型のトリガー「弧月」とハンドガンタイプのトリガーを駆使したガンカタスタイルの、実に主人公っぽい戦い方が特徴です。

 そして三輪の代名詞とも言えるのが「鉛弾(レッドバレット)」と言うオプショントリガー。これは、命中した相手に重しとなって突き刺さり、その動きを阻害するトリガーです。

 鉛弾は、防御をすり抜けて相手を拘束するというメリットがある反面、トリオン消費が大きく、弾速や射程が大きく低下するというデメリットを持っています。

 つまり、接近戦で動きながら当てる射撃能力が必要な上級者向けのトリガー(後に初心者の千佳が膨大なトリオン量にものを言わせて使いこなしていますが、これは例外)。

 これを三輪は実戦で巧みに使いこなしています。こういう渋い武器を使いこなせるキャラクターって、やっぱり見ていてカッコいいですよね。

三輪隊隊長としてはどう?

 個人としては優秀な三輪ですが、隊長としての立ち回りにはまだまだ未熟さが目立ちます

 指揮能力も「6」と低くはありませんが凡庸。作中では嵐山隊に一杯食わされるなど、あまりいい所がありません。

 しかしだからと言って三輪隊に問題があるかというとそうでもありません。実は三輪隊にはオペレーターの月見蓮という優秀な指揮官がいるのです。

 月見は東の戦術面での正当な後継者でその指揮能力は「9」。

 月見がサポートしていれば、三輪隊の戦術に死角はないでしょう。

 ちなみに、作者曰く、月見は「才能のあるダメ男」を好む修正があるらしく、つまり三輪は……

最大の見せ場、ブラックトリガー風刃とたなびくマフラー

 三輪最大の見せ場は、大規模侵攻編でのブラックトリガー風刃使用でしょう。

 ネイバーのボスを倒すため、ネイバーである遊真と協力し、憎い迅の使っていたブラックトリガーを使う。様々な葛藤を乗り越えて放たれた風刃と、たなびくマフラーは、どうしてこいつは主人 公じゃないのだろうと首を傾げてしまうほどの恰好良さでした。

 ちなみに、三輪はこの戦いの後、風刃を本部に返却し、所有者となることを断っています。

 クセのあるトリガーなので、使い手を固定しないほうが良いとの理由でしたが、こういう視野の広い発言が出るあたり、三輪も成長しているのだろうな、と感じます。


ワールドトリガー、三輪秀次の姉、迅悠一との関係

 冒頭でも申し上げた通り、三輪はネイバーに姉を殺されています。

 それが理由でネイバーに復讐心を持ち、またネイバー融和派の玉狛支部に敵意を持っているわけですが、迅悠一に対しては、ただそれだけの理由で嫌っているわけではないようです。

 というのも、詳しくは描写されていませんでしたが、三輪の姉の死の回想シーンには迅が登場しています。あるいは三輪は、未来が見えていたのなら何故姉を助けてくれなかったんだという思いを迅に対して抱いているのかもしれません(そのような発言は今のところないので、あくまで憶測にすぎませんが)。

 今後、三輪と迅、そして三輪の姉の過去が作中で語られることがあるのか、注目です。

【まとめ】ワールドトリガーキャラクター考察wiki



コメント

タイトルとURLをコピーしました