ワールドトリガー「空閑遊真(くがゆうま)」~ブラックトリガー込みなら最強? 本当は黒髪、レプリカ先生との再会は?~

 今回はジャンプスクエアで連載中の大人気漫画「ワールドトリガー」の主人公の一人にして一巻の表紙にもなっている少年「空閑遊真(くがゆうま)」について紹介します。

 空閑遊真(くがゆうま)はネイバーという特殊な生まれであり、サイドエフェクトという特殊能力とブラックトリガーという至高の武器を持つ、ある意味で典型的な主人公

 もう一人の主人公、三雲修と対照的に描かれる彼の魅力に迫っていきたいと思います。

ワールドトリガー、空閑遊真(くがゆうま)のプロフィール(声優含む)

かわいくて強い王道主人公、元は黒髪だった?

ボジションアタッカー(玉狛第二部隊所属)
年齢15歳
誕生日不明
身長141cm
血液型不明
星座不明
職業中学生
好きなもの日本の食べ物
声優村中知

 元ボーダー隊員を父(空閑有吾(くがゆうご))に持ち、ネイバーとして育ち、三雲修たちとともに玉狛第二部隊を結成するアタッカー(攻撃手)というのが空閑遊真(くがゆうま)の肩書です。

 白髪で赤目といかにもな外見をしており、15歳とは思えないほど小柄な身体。

 実は遊真は元々黒髪黒目だったのですが、彼は3年前に瀕死の重傷を負い、父親の魂によって作られたブラックトリガー(後述)の中で、その身体は瀕死の状態のまま封印されています。

 今の遊真の身体はトリオンで作られたもので、遊真の本体は12歳の時のまま成長を止めているのです。

 父親とともに幼少時から過酷なネイバーの世界を渡り歩いてきた遊真は、戦闘能力こそ高いものの、日本での一般常識が欠けています。
 あどけない少年の姿をしていますが、敵対した者には容赦がなく、その苛烈な対応を三雲修から制止される場面も。

 とは言え、根は素直で純粋な少年。修や周囲の人たちの言葉から常識を学び、少しずつ日本に順応してきています。根っこの殺伐とした感性はそのままでしょうけどね。

 スカッとした主人公を好む読者にとっては、多分遊真は理想的なキャラクターですよね。

相棒レプリカ先生

 遊真には主人公らしく、相棒、マスコットキャラまで付いています。
 それが遊真の父(空閑有吾(くがゆうご))が作った自立型高性能トリオン兵、通称レプリカ先生

 黒いポットのような独特の外見をしたレプリカ先生は、人間のように意思を持って行動することができ、遊真のお目付け役として彼に付き従っています。

 また単なる知恵袋ではなく、非常に高性能。
  ①ブラックトリガー操作機能(後述)
  ②子機分身機能
  ③高度解析機能
  ④高出力加速機能
  ⑤情報記憶・開示機能

 アフトクラトルによる大規模侵攻編以降は消息不明ですが、まだ生きて(?)はいる様子(アフトクラトルの遠征艇に乗っていたので多分アフトクラトルにはいるはず)。

 今後のレプリカ先生の復活が期待されます(あそこまで伏線を張っておいて、復活しませんでしたなんてことは、葦原先生に限って無いと信じてます)。


ワールドトリガー、空閑遊真(くがゆうま)の強さ

百戦錬磨の熟達した戦闘スキル、勝負強さは最強クラス

トリオン7
攻撃9
防御・援護8
機動10
技術8
射程2
指揮5
特殊戦術4
合計53

 これが遊真のパラメーターです。
 遊真は「スコーピオン」という軽量で変幻自在の刃と、「グラスホッパー」というジャンプ台を作るトリガーを駆使して戦う高機動型のアタッカー(攻撃手)です。

 それだけでも身軽な体格と相まってボーダーでもトップクラスの技量を誇りますが、遊真の本領は幼少時からの実戦経験にあります。

 スコーピオンをブーメランのように変化させ飛び道具にしたり、グラスホッパーで瓦礫を飛ばしたりと、その戦術は実に多種多様。
 また、相手の心理をコントロールするためにわざと負けて見せたりと、老獪な一面も持っています。

 もう一人の主人公、三雲修と対比するように、物語当初から完成された戦士として描かれているのが、この空閑遊真(くがゆうま)というキャラクターなのです。

父、空閑有吾(くがゆうご)から継いだサイドエフェクトとブラックトリガー(指輪)

 さて、これだけでも十分強い遊真ですが、彼には更に父親(空閑有吾(くがゆうご))から受け継いだ二つの特別な力があります。

 一つはサイドエフェクト(副作用)と呼ばれる超能力
 遊真のそれは、元々父親が持っていたものであり、父親の死とともに遊真に受け継がれています。

サイドエフェクト:嘘を見抜く

 戦闘向きではありませんが、非常に使い勝手の良い能力です。
 実際、作中でも敵から情報を引き出す際などに上手く活用されています。

 そしてもう一つがブラックトリガー。ブラックトリガーとは優れたトリオン能力を持つ者が、その命と引き換えに作り出すもので、ノーマルトリガーとは隔絶した力を秘めています。

 遊真のブラックトリガーには名前はなく、未だその能力には不明な点も多いのですが、その一端を紹介します。

指輪型のブラックトリガー
一度見て解析した能力を『印』として記憶し、その後は自由に発動できる。
また、同じ印を重ねて効果を高めたり、複数の印を合成して新たな能力を作り出すこともできる。

<印の例>
①『弾』……物体を弾き飛ばす
②『盾』……防御用のシールドを作る
③『射』……トリオンを飛ばす
④『強』……トリオンの働きを強化する
⑤『鎖』……トリオンの鎖で相手を拘束する
⑥『錨』……トリオンを重しにして相手の自由を奪う

 万能のコピー能力、凄いですよね。作中でも遊真はこれを使ってA級部隊三輪隊を一人で圧倒していました。

 しかし、現在遊真はこのブラックトリガーを十全に使いこなすことができない状態。
 このブラックトリガーを使いこなすためには、まず能力を解析をする必要があるのですが、その補助をしていたのが、行方不明となったレプリカ先生なのです

 レプリカ先生抜きでは、さすがの遊真も見てすぐに相手の能力をコピーするような真似はできず、使用にはかなりのタイムラグが発生してしまいます。

 だから早くレプリカ先生復活してくださいね(願望)。


空閑遊真(くがゆうま)の名言

 遊真は主人公ですが、先ほども述べたように既に戦士として完成されたキャラクターです。そのため、未熟なもう一人の主人公の修と比べると、成長という過程がない分、作中では少し影が薄くなりがち
 ですが、そんな彼の主人公らしい名言を紹介して、今回はしめさせていただこうと思います。

・「……おまえ、つまんないウソつくね」
 遊真と言えばこのセリフ。嘘を見抜くサイドエフェクトを持つ遊真ならでは。
 決めゼリフって、主人公の特権ですよね?

・「うちの隊長を『先輩』と呼んでもらう」
 修をはめて恥をかかせようとした緑川に反撃する前の遊真のセリフです。
 遊真の修に対する感情がもっとも良く表現されていますよね。

・「あいつはその頼みに100%応えた。さすがおれの相棒だ」
 大規模侵攻の際に、修たちをその身をていして守り、消息不明となったレプリカ先生に送った言葉です。彼らの関係性が良く表れた言葉ですよね。

【まとめ】ワールドトリガーキャラクター考察wiki



コメント

タイトルとURLをコピーしました