「弱虫ペダル」杉元照文~初期から印象がガラッと変わった泣ける男、弟・定時や今泉との関係、川田との戦い、声優など~

 今回はアニメ化、実写化もされた大人気漫画「弱虫ペダル」から、かわいそうな役回りながら着実に成長を遂げてきた泣ける男「杉元 照文(すぎもと てるふみ)」について解説します。

 杉元は所謂物語におけるお調子者キャラで、物語初期はまさに口先だけ。主人公たちの引き立て役でしかありませんでした。

 しかし周囲の頑張りに触発されたのか、1年目のIH後は猛練習に励んで凛々しさを増し、飛躍的に男を上げたキャラクターでもあります。

 とは言え、作中では鏑木、川田らと激闘を繰り広げるも報われることなく……本記事ではそんなかわいそうな杉元のかっこいい一面を可能な限り深掘りしていこうと思います。

「弱虫ペダル」杉元照文ってどんな奴?

基本プロフィール(誕生日、身長、声優、自転車、ポジション)

所属千葉総北高校
身長171cm
体重58kg
誕生日7月1日
タイプルーラー(元はオールラウンダーと表記されていた)
愛車COLNAGO(白い車体に黒いロゴ)
声優宮田幸季

 杉元照文は主人公の小野田坂道と同じ千葉総北高校の1年生(物語開始時)。

 外見は黒髪をセンターで分けた、なよっとした育ちの良さそうな少年です。

 性格はお調子者で見栄っ張り。
 独特のイントネーションから放たれる「僕は経験者だからね」が口癖で、物語初期では読者をイラつかせるタイプのキャラクターでした。

 しかし基本的には親切で面倒見の良い男で、1年目の合宿では足をガクガクさせながらも未経験者の小野田のためにドリンクを運んだり世話焼きな一面を見せてくれます。

 中学時代から趣味でロードレーサーに乗っていた経験者ではあるものの、その実力は大したことがなく、また入部当初は練習に対してもそれほど熱心ではありませんでした。

 ですが1年目のIH後は周囲の頑張りに触発されて猛練習を積み、その成長はチームメイトや読者の胸を熱く震わせてくれたのです。

2年目の合宿では1000km完走目前に迫るまでに成長(ポジション/タイプ)

 基本的に選手としての杉元は速くありません。

 登りも平坦も速くなく、得意分野がないことから当初のポジション(タイプ)はオールラウンダーと表記されていたぐらい。

 それが猛練習を積むことでロングライドを得意分野として確立し、ポジション(タイプ)もルーラーと表記されるようになります。

 ルーラーとは一定のペースで走り続けることを得意とするタイプの選手のことで、爆発力はありませんが長く安定した速度で走り続けることができるということですね(スピードマンとも呼ばれますが、鳴子のそれとは違いますよ)。

 まあ、それでもやっぱり遅いのは遅いんですが、2年目のIH前合宿では全1000kmの走破こそ叶わなかったものの、955kmでタイムアウト(1年目は650kmでリタイア)と完走目前に迫るまで成長を遂げていました

 手嶋や青八木、古賀とか、2年生の時は完走できなかった選手も多い訳ですから、実際大した成長なんですよね。


「弱虫ペダル」杉元照文の人間関係

今泉に憧れ、そのアシストを夢見ることで大きく成長を遂げる

 もともと口先だけで練習にもそれほど熱意があったわけでもない杉元ですが、IHでのチームメイトの活躍を見てその心に火が灯ります。

 そして強くなりたいと杉元が教えを請うたのが同級生の今泉でした。

 今泉は見た目からして華やかですし、ある意味杉元にとっては分かりやすい憧れの存在だったのでしょうね(鳴子はキャラが違い過ぎるし、小野田は未経験者だし、他に選択肢がなかったとも言えますが)。

 杉元に頼まれ指導していたものの、当初はそれほど期待していたわけではなかった今泉。

 しかし杉元は、いつかレースで今泉のアシストとしてゴール前でその背を押すことを夢見て、飛躍的な成長を遂げることとなります。

 そんな杉元の頑張りを今泉も認めていきます。

 2年目のIHに杉元は出場できず、その夢は叶わなかったものの、杉元はサポーターとして、チームの7人目の選手として、しっかりと今泉たちの背を押していました

弟の定時にとっては最高に親切で頼れるかっこいいお兄ちゃん

 杉元には1歳年下の定時という弟がいます。

 杉元兄と比べてガタイが大きく、パワフルな定時ですが、メンタルが非常に弱く、いつ兄の陰に隠れて兄に引っ張ってもらって生きてきました。

 杉元が見栄っ張りなのは弟の前ではいつもかっこいい兄でいたいから、意外と親切で面倒見がいいのは弟の世話をしてきたからなのでしょう。

 定時は兄を追って総北高校自転車競技部に入部してきます。

 そして1年生のウェルカムレースでは兄をサポートして、その才能の片鱗を見せつけました。

 兄のことを心から尊敬している定時は、その自転車のスタイルも兄を真似ているため、自身の才能を今一つ発揮できていません。

 しかしその潜在能力は明らかに憧れの兄を上回っており……


「弱虫ペダル」杉元照文のかわいそうな役回り(かっこいいぞ!)

2年目は鏑木に敗れてIHに出れず、献身的にサポートするもゴールでは橘綾に……

 2年生になった杉元はキャプテン手嶋に直訴し、IHメンバーへの選出を賭けて、本来1年生だけが参加するウェルカムレースへ出場します。

 見栄っ張りの杉元が下級生に混じって競うとか、これ自体がもの凄い変化であり成長ですよね。

 しかし相手は1年生ながら中学時代から有力チームで活躍してきた鏑木と段竹。

 杉元も弟の定時とのコンビで対抗しますが、結果は鏑木に敗れて2位。IHへの出場は叶いませんでした。

 ……まあ、仮にこのウェルカムレースで勝っていたとしても、その場合は古賀のIH前合宿でのターゲットが手嶋から杉元に移ってレギュラーを奪われていた可能性が高そうですけど。

 ともかく杉元はそれでも腐ることなく、声援やスペアバイクを使った給水支援など、IHでは献身的にチームをサポートします。

 そして最終日のゴールでは小野田が見事一着となり、駆け寄って抱きしめようとします……が、何故か横から駆けてきた橘綾に先を越されていました。

 物語的にも小野田くん的のもその方が良かったのでしょうが……不憫。

再入部した川田拓也に卑怯な手で敗れる、3年生ではIHに出られるか……?

 2年目のIH終了後、繰り上げでレギュラージャージを手にした杉元。

 しかしその喜びも束の間、杉元は再入部してきた川田拓也にレギュラージャージを賭けて勝負を挑まれます。

 川田は小野田や杉元の同級生で、1年生の時のウェルカムレースではルールを破って追い越し禁止の市街地区間で先行し、その後あっさり皆に抜かれていたモブキャラです。

 1年生の頃から比べるとまるで別人のように変貌していた川田は、卑怯な手段(公道を走る上で禁止されている右コーナーでイン寄りを走る行為)を使って杉元に勝利し、そのジャージを奪い取ってしまいます。

 杉元は最後までルールを守った上で勝とうとしていてカッコ良かったのですが……何というか、ものすごいかわいそうな役回りでしたね。

 その後、川田は小野田くんに敗れ、杉元はレギュラージャージを取り戻すのですが……果たしていつまでジャージを保持できるのか。

 IH出場メンバーだった、小野田・今泉・鳴子・鏑木の4人は当確として、残るイスは2つ。

 最有力は段竹、次いで杉元ですが、まだ見ぬ来年の新入生もいれば、弟・定時の覚醒の可能性も残されています。

 ここまで来たら何とか杉元に報われて欲しいけど……難しいかなぁ。



コメント

タイトルとURLをコピーしました