「呪術廻戦」新田明(新田あかり、新田ちゃん)~弟思いの元ヤン補助監督、性別、能力、声優など~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」から、弟思いの元ヤン補助監督「新田 明(にった あかり)」について紹介したいと思います。

 新田明は虎杖たち主人公をサポートする補助監督。いわゆる脇役ではあるのですが、その明るくとっつき易いキャラクターから、作中では「新田ちゃん」と呼ばれ親しまれています。

 本記事では、そんな新田明の基本プロフィールに加え、人間関係や登場回などを中心に解説していきます。

呪術廻戦、新田明ってどんな奴?(ネタバレ注意)

基本プロフィール、年齢、性別、声優、名前の由来は

誕生日不明(年齢も不明)
所属東京都立呪術高等専門学校
趣味車のカスタム
ストレス弟が言うことを聞かないとき
声優徳井青空

 新田明は東京都立呪術高等専門学校に所属する補助監督。
 わりと新人という記述がありましたから、年齢は20歳前後と考えられます。

 少し根元が黒い金髪をショートカットにした明るい雰囲気の女性です(何故か「新田明」「性別」で検索する人が多いので強調しますが、女性です……分かりますよね?)。

 見た目通りの元ヤンで、「~っス」という関西訛りを抑えた砕けた敬語が特徴。

 性格は思いやりと責任感が強く、学生である主人公たちの無茶を「ガキ共!!」と叱るお姉ちゃんキャラクターです。

 作者が名前の由来、キャラクター誕生の経緯を「明るい奴が欲しくて」と語る通り、重苦しい呪いの現場を明るい雰囲気に変えてくれる、意外なキーマンでもありますね。

その能力、強さ、術式はあるの?

 新田明は補助監督であり、戦闘能力はありません

 補助監督であっても伊地知のように元々呪術師志望で、ある程度訓練を積んでいる人間もいるにはいますが、新田明は元々補助監督志望

 呪術師を志望していた弟の監視のために補助監督になった人物ですから、本当に戦闘能力は皆無でしょうね(まあ、一般ヤンキーレベルの能力はあるのかな?)。

 新田家は非術師の家系で術式も持っていませんから、そういう意味ではごくごくスタンダードな補助監督とも言えるでしょう。


呪術廻戦、新田明の人間関係

弟、新田新(京都呪術高専1年)

 新田明には、京都呪術高専に所属する新田新という弟がいます。

 新田新の初登場は渋谷事変で、東堂に連れられ特級呪霊がうごめく危険地帯に足を踏み入れていました(お姉ちゃんが知ったら激怒しそうですね)。

 戦闘能力は高くないようですが、触れたものの状態を固定するという特殊な術式を持ち、重傷を負った虎杖の傷の悪化を防ぎ、瀕死の釘崎に生存の可能性を残すという活躍を見せています。

 今のところ作中でこの姉弟の絡みはありませんが、自分の術式を知って呪術師になろうとする弟と、それを心配して監視するために補助監督になった姉(最初は反対したのかな?)、という構図でしょうね。

 いつか2人セットで登場して欲しいものです。

尊敬する先輩、伊地知潔高

 先輩補助監督である伊地知のことは、普通に尊敬しているようです。

 伊地知は見た目こそまったく冴えないオッサン(いや、まだ26歳で若いんですけど)ですが、補助監督としては非常に有能で人格者。新田明が尊敬するのも当然でしょう。

 確かに伊地知は五条悟に振り回され、いつもマジビンダだなんだと泣かされ、あまり尊敬されるタイプには見えませんが、五条悟を担当できるだけで凄いことなんです。

 ファンブックでも補助監督はみんな、五条悟のことで困ったら伊地知に泣きついているとの記述があり、つまり……

「伊地知さん、生贄になってくれてありがとう。まじリスペクトっす」

 って感じでしょうね。


呪術廻戦、新田明の登場回

初登場はコミックス7巻「起首雷同」編

 新田明の初登場はコミックス7巻の「起首雷同」編。アニメ第1期のラストエピソードですね。

 伏黒恵の地元で起きた事件の調査のため、虎杖、伏黒、釘崎の3人に同行しています。

 ここで新田明は、その明るいキャラクターで場を和ませつつ、知人のいる伏黒に聞き込みを丸投げするなど柔軟かつ適当な対応をしています。

 一方で、不可解な現象に怯える少女に対し、方便を用いて不安を取り除き、

「嘘つくからには助けないと……!!」

 と考えるなど、責任感と思いやり深い一面を垣間見せています。

 まあ、その後は自分を無視して勝手な行動をとる伏黒たちに置いて行かれ、

「クラァッ!! オマエらぁ!!!」

 と、ブチギレてシメとなるわけですが。

渋谷事変では釘崎と行動を共にする

 渋谷事変でも登場しており、主に釘崎と行動を共にしています。

 最初は禪院直毘人、禪院真希、釘崎野薔薇の禪院班の引率をしていたのですが、五条悟が封印されて以降は状況が一変。

 新田明は釘崎と2人で外部の伊地知と連絡を取るべく別行動をとります(危険な場所から遠ざけられたわけですね)。

 しかしその途中で呪詛師、重面春太に遭遇し、新田明はダメージを負ってリタイアすることとなります(その後、普通に話が出来ていたのでそれほど重い怪我ではありません)。

 その後、釘崎は1人で現場へと戻り……新田はきっと、このことを深く後悔しているでしょうね。

 復活した釘崎と共に新田明が再登場する日が来ることを待つばかりです。

【まとめ】「呪術廻戦」キャラクター考察wiki



コメント

タイトルとURLをコピーしました