「ハイキュー‼」山本猛虎~モヒカンヘッドが眩しい音駒のエース、妹の山本あかね、その後の進路(プロ入り)、声優など~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、守りの音駒高校の2年生エース「山本 猛虎(やまもと たけとら)」について解説します。

 山本猛虎は主人公たち烏野高校宿命のライバル、音駒高校でエースとして活躍したキャラクター。

 田中たちとのやり取りから騒がしい考えなしのパワープレイヤーかと思いきや、作中ではスパイク以上に日々の練習に裏打ちされた堅実な守備能力と根性でファンを沸かせてくれました。

 本記事では清水を巡る田中たちとのやり取り、妹の山本あかね、その後の進路などを中心に、その魅力を深掘りしてまいります。

「ハイキュー‼」山本猛虎ってどんな奴?(声優含む)

基本プロフィール(身長、誕生日、最高到達点、声優など)

所属音駒高校2年1組 → VC神奈川(Vリーグ Division1)
ポジションウイングスパイカー → アウトサイドヒッター
誕生日3月20日
身長176.7cm → 180.3cm
体重69.1kg → 77.6kg
最高到達点322cm
好物ヤキソバパン
最近の悩み女性とはどう会話すれば良いのでしょうか → ブロックのレベルを上げたい
声優横田成吾

 山本猛虎は主人公たち烏野高校宿命のライバル、音駒高校の2年生エース。

 外見は金髪をモヒカンにしたいかにもガラの悪そうな少年で、見た目通り気性が荒く、誰彼構わず人に突っかかっていく典型的な頭の悪いヤンキーです。

 作中では、似た者同士である田中龍之介と張り合っていましたが、烏野高校の美人マネージャー、清水潔子の美しさを信奉する同志として意気投合。

 心の友として熱い友情を育んでいました。

 ちなみに、普段から彼女が欲しいと騒いでいますが、女性の前に出ると緊張して話しかけることもできないピュアボーイです

根性で道を切り拓くエーススパイカー、音駒らしく守備面も優秀

パワー5
バネ3
スタミナ4
頭脳1
テクニック3
スピード2

※最低1~最大5の5段階評価

<Vリーグ後の追加データ>

サーブ8
レセプション8
ディグ8
セッティング5
スパイク8
ブロック6

※最低1~最大10の10段階評価

 山本猛虎は身長こそそれほど高くありませんが、パワーと根性でブロックを打ち抜くパワータイプのスパイカーです。

 決して能力が低い訳ではありませんが、攻撃面だけを切り取れば残念ながら山本は凡庸な選手と言わざるを得ません。

 単純な攻撃力なら、むしろ1年生の灰羽リエーフの方が上かもしれませんね。

 しかし山本の武器は単なるパワーではなく、堅実な守備能力と土壇場での勝負強さにこそあります。

 日々の練習に裏打ちされたレシーブは、流石”守りの音駒”と呼ぶに相応しいレベルの高さ。
 また、勝負所で迷いなくスパイクを打ち抜く胆力はエースの名に恥じないものです。

 ある意味”守りの音駒”のエースを背負うのに最も相応しい男が山本猛虎なのかもしれません。


「ハイキュー‼」山本猛虎の人間関係

田中龍之介、西谷夕とは清水潔子を通じて友情を育む

 山本猛虎は烏野高校との練習試合で初めて田中龍之介と出会った際はヤンキー同士メンチを切り合い、張り合っていました。

 が、そのあとすぐに烏野のマネージャー清水潔子の美しさに心を打ち抜かれて撃沈

 山本は練習試合が終わった後、片づけをする田中に声をかけ、清水のことを尋ねます。

 清水にちょっかいを出す気かといきり立つ田中でしたが、

「いや、話しかける勇気はない」

 菩薩のような表情で言い切る山本。
 その姿に”漢”を見た田中は山本と意気投合。別れの際には互いに抱き合い、涙を流していました。

 その後、この清水を巡る同名には西谷夕も加わり、山本たちは黄金のトリオを結成することとなります。

研磨に奥義”根性”を伝えた男

 音駒のセッターである孤爪研磨と山本はまさしく正反対の存在です。

 インドアで根暗でネガティブな研磨と、いかにもなヤンキーで熱血漢の山本は、入部当初はしばしば衝突していました。

 というより、根性論大好きな山本が研磨に対して一方的に”根性””気合”が足りないと突っかかっていた感じですね。

 印象的なのはこのセリフ。

「根性無しは根性について語るな!」

 流石にこのセリフには研磨もカチンときたのか、大喧嘩になっていました。

 研磨自身、自分が根性無しであることは自覚しており、後に春高の早流川戦で次のように根性論を展開しています。

「根性とは精神と体力を鍛えてきた者が」
「満を辞して発動できる最終奥義であり」
「自分には使えない必殺技である」

 しかし同時に山本はこう思っていました。

 研磨は踏ん張りきかないしサボりたがるし文句言うけれど、練習はだいたい最後までやる。

 とっくに根性の使い手になっている、と。

妹、山本あかねは音駒の応援団長(好きな人はバレーの……)

 山本猛虎には3歳年下のかわいい妹がいます。

 名前は山本あかねで、小柄でふわふわした猫のような雰囲気の少女です。

 山本あかねはバレー大好き少女で音駒の大ファン。

 女っ気のない音駒の応援団長のような立ち位置で、試合にはしょっちゅう応援にきている名物少女です。

 とにかくバレー愛が凄まじく、好プレーに対しては敵味方問わずにときめいてしまうので、灰羽アリサにはリエーフに恋をしていると勘違いされたことも(すぐに誤解は解けましたが)。

 ちなみに、2018年時点では大学に進学し、雑誌社にインターンとして勤め、Vリーグの取材をしていました。


「ハイキュー‼」山本猛虎の活躍と名言、その後の進路(将来)

卒業後はプロ入り、大人になっても髪型は変わらないが……

 高校卒業後はプロ入りし、VC神奈川(Vリーグ Division1)でアウトサイドヒッターとして活躍しています。

 バレーを続けていても辞めていても、どっちもあり得るなぁと思えるキャラクターだっただけに、プロの第一線で頑張っているというのは嬉しく感じますね。

 流石に日本代表に選ばれるほどではありませんが、それでもDivision1のチームで頑張っているというのは立派なものです(正直、スペック的には微妙ですが、それだけに)。

 ちなみに大人になってもモヒカンヘッドは変わりませんが、少し落ち着いたのか髪色は黒く染まっていました

凡庸と評されながらエースとして意地を張り続けた山本の活躍と名言

 山本はエースでありながら突出した攻撃力を持っているわけではなく、周囲からは凡庸、名ばかりエースと心無い言葉をかけられることもありました。

 しかしそれでもエースとして意地を張り続けた男の活躍を名言と共に振り返り、締めとさせていただきます。

「たとえ攻撃力が平凡だと言われようとも」
「俺が音駒のエースだ!」

 烏野高校との練習試合で、スパイクを止められながらも何度でもトスを呼び、自分こそがエースなのだと意地を張りとおす山本。

 その精神的な強さを読者に示しました。

「守備もロクにできない奴は」
「エースとは呼ばないんですぅー!」

 自分がエースになると宣言するリエーフに対し、大人げなく意地を張り煽る山本。

 音駒のエースは守備も出来てこそ……とは言え、大人げな……

「誰に来てもいいぞ」

 春高の烏野高校との決戦で、強烈な影山のサーブを前に、チーム一丸となり誰に飛んできても拾って見せると集中力を高める山本。

 山本だけでなく、チーム全員がその意識を共有しているところが音駒らしくて良かったですよね。

「淡々と地味なスーパープレーをカマす招平に」
「俺は負けるわけにいかねえんだ」

 自信を凡庸と自覚する山本は、同級生のチームメイト福永招平にも強いライバル心を抱いていました。

 ライバル同士高め合い、攻守にわたって烏野を苦しめた山本と福永のコンビ。

 試合は烏野が制しましたが、音駒が、エース山本がチームとしての強さを見せつけた試合でもありました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました