「ハイキュー‼」清水潔子~かわいい美人マネージャー、その意外な結婚相手、名言、足の傷、声優など~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、烏野高校の”美人”担当マネージャー「清水 潔子(しみず きよこ)」について解説します。

 清水潔子は学内外で人気の高い美人マネージャー。

 田中、西谷といった熱狂的な信者も多数存在し、及川を始めとした数々の男たちから声を掛けられる彼女が誰と結ばれるかは読者の注目の的でもありました。

 今回はそんな清水の意外な結婚相手や過去、足の傷などのエピソードも交えて、その魅力を深掘りしてまいります。

「ハイキュー‼」清水潔子ってどんな奴?(声優含む)

基本プロフィール(身長、誕生日、声優など)

所属烏野高校3年2組
ポジションマネージャー
誕生日1月6日
身長166.2cm
体重51.4kg
最高到達点
好物天むす
最近の悩みおやつはじゃがりこにするかジャガビーにするか
声優名塚佳織(VOMIC版:内田真礼)

 清水潔子は烏野高校の3年生マネージャーです。

 外見はメガネと口元のホクロが色っぽいクールな雰囲気の美人で、多数のファンが存在し、他校にもその美しさが知れ渡っています。

 性格は見た目通りクールでしっかり者。

 普段は口数も少なく黙々と作業していますが、その分一言一言のインパクトが大きいタイプ。
 後輩の谷地仁花と話している時は柔らかい雰囲気になって口数も多くなるようです。

 元々バレーには何の興味もありませんでしたが、高校に入って澤村に誘われ、何となくマネージャーに就任。

 次第に男子バレー部を大切に思うようになり、マネージャーとして自分にできることを精一杯こなしていくようになります。

才色兼備、元陸上部で運動能力も高し、足の傷

パワー1
バネ4
スタミナ4
頭脳3
テクニック2
スピード5

※表は最低1~最高5の5段階評価

 一言でいうなら才色兼備(いや、そんな言葉では彼女を言い表せないと「清水潔子」の四文字Tシャツを送った馬鹿どももいましたが)。

 何事もそつなくこなし、要所要所で部員たちを励ます理想的なマネージャーと言えるでしょう。

 また、清水は元々中学時代は陸上部でハードルの選手

 怪我で引退したものの、その脚力は相当なもので、当時のトレーニングによって身についた美しい姿勢が彼女の美貌をより一層際立たせています。

 ちなみに、足にはハードルをやっていた当時の傷が多数残っており、それを隠して夏でも黒タイツをしているのだそうです。


「ハイキュー‼」清水潔子の人間関係

谷地仁花はかわいい後輩

 後輩である谷地仁花は、自分が引退した後に男子バレー部からマネージャーがいなくなることを危惧した清水が、自らスカウトしてきた後輩です。

 当然のことながら谷地に対しては男子部員たちを相手にするより態度が柔らかく、かなり踏み込んで自分の過去の話などもしています。

 男相手に気安く接すると勘違いされることも多いでしょうから、必然的に男相手には素っ気なくならざるを得ず、恐らくはこちらが清水の素なんでしょうね。

田中、西谷、山本猛虎は熱烈な信者

 様々な男たち(他校だと及川木葉など)から秋波を送られることの多い清水ですが、その中でも別格なのが田中西谷、そして音駒の山本で構成された黄金のトリオです。

 田中は初対面で「けっこんしてください」と告白した剛の者。

 西谷は清水からビンタまでくらった勇者。

 山本は清水が美しすぎて「話しかける勇気はない」ピュアボーイ。

 彼ら三人は清水の熱烈な信者であり、その求愛行動はもはや作中では鉄板ネタ。

 そう、ネタだった、はずなのですが……

緊張する菅原の手を握る(もう少し頑張れ菅原!)

 作中で清水とカップリングの期待が最も高かった男の一人が、烏野高校男子バレー部の副キャプテン、菅原孝支です。

 菅原は清水と同い年で、見た目も性格も爽やかな好青年。

 雰囲気的には清水とつり合いが取れています。

 決定的だったのが、白鳥沢戦で試合中に緊張する菅原の手を清水がそっと握り、温めたシーン。

 突然の清水の行動に、混乱する菅原。

「結婚は待って下さい!」
「大丈夫。菅原と結婚の予定は無い」(清水)
「それはわかんないだろ!」

 実は両思いなのかと期待したファンも多かったのですが……もっとガッツを見せろよ、菅原。


「ハイキュー‼」清水潔子の活躍と名言、その後の進路

卒業後はスポーツショップに勤務、まさかの結婚、田中潔子

 卒業後、2018年時点で清水は地元のスポーツショップで働いています。

 そして何と、この時の彼女は既に”清水”ではなく、田中潔子

 田中龍之介と結婚していたんです。

 もう本当、まさかですよね。やっぱり一途でガンガン押す男が一番強いのか?

 外見も髪をショートカットに、メガネをコンタクトに変えており、高校時代はタイツで隠していた素足を晒して自信に満ちた明るい雰囲気の女性となっていました。

 田中夫妻に再会した菅原は田中龍之介の頭をぐりぐりしながら、

「お前! 清水を! お前っ!」

 と騒いでいましたが、そういうとこだぞ? 菅原……

影からチームを支えた活躍と名言

 それでは最後に、烏野高校男子バレー部を影から支えた清水潔子の活躍を名言と共に振り返って行きましょう。

「スタートに必要なのはチョコっとの好奇心くらいだよ」

 IH後、自分の引退後を見据えて後輩の谷地をスカウトしてきた清水。

 自分なんかに務まるのかと不安を見せる谷地に、清水は自身の体験を交えて彼女の背を押します。

「神様の助けがなくても大丈夫よ」

 春高を前にして澤村、菅原、東峰の3年生組とともに初詣に行く清水。

 おみくじの結果が芳しくなく、意気消沈する彼らに対して清水が力強く宣言します。

 女神さまのお墨付きがあればご利益十分ですね。

「私はコートに立たないし」
「ユニフォームを着るわけでもない」
「でも今ここが私の最前線」

 春高でシューズを紛失した日向

 見つけた日向のシューズを持って会場へ疾走する清水の独白です。

 マネージャーもチームの一員。皆と一緒に戦っているんですよね。

 そしてそれを象徴するように、最後に春高で敗退した際、澤村、菅原、東峰の三人と一緒に、清水もコートに一礼していました。

 思わずグッとくるシーンでしたね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました