「呪術廻戦」灰原雄~七海や夏油に大きく影響を与えた存在、その死因や能力・術式は?~

 今回は言わずと知れた大人気漫画「呪術廻戦」で、端役でありながら物語に大きな影響を及ぼした存在「灰原 雄(はいばら ゆう)」について紹介したいと思います。

 灰原は五条や七海たちの過去編に登場し、本編では既に死亡しているキャラクター。決して何か活躍したわけでも目立った存在でもありませんが、その存在は七海や夏油に呪いとなって大きく影響を与えました

 今回はそんな灰原雄という存在について、可能な限り深掘りしていきたいと思います。

呪術廻戦、灰原雄ってどんな奴?(ネタバレ注意)

基本プロフィール

誕生日不明(享年17歳)
所属故人(東京都立呪術高等専門学校)
趣味・嗜好大食い
嫌いなものなし
声優

 灰原は東京都立呪術高等専門学校に所属する、五条悟たちの後輩、七海健人の同級生として、過去編・回想シーンで登場したキャラクターです。

 外見は黒髪黒目のいかにも真面目で元気が良さそうな少年で、実際に中身もその通り、素直で誰からも愛されていました。

 元気でお米好き、人の良い所ばかりを見ていて皆のことを尊敬している、何故呪術師のような陰鬱な道に進んでしまったのか首を傾げたくなるくらいの陽キャラです。
 好みのタイプを聞かれて「たくさん食べる子が好きです‼」と即答していたぐらいですから、きっと生きていれば東堂とさえ仲良くなれたでえしょうね。

 七海とはたった2人きりの同級生で、どちらかというと暗いところのある七海とは正反対の性格ですが、その仲は非常に良好だったようです。

その強さ、術式は?

 灰原が実際に戦っているシーン、またその能力に関わる記述はなく、詳細については一切不明です。

 分かっていることは呪術師の家系ではないということ、そして後述する死亡理由から、その実力は2級術師相当であった可能性が高いということです。

 というのも、灰原は七海とともに「2級呪霊の討伐」と思われていた任務に向かい、それが実は「1級案件」であったため、任務に失敗して死亡しています。

 2級術師というのは2級呪霊であれば問題なく祓えますが、1級呪霊相手だと分が悪いとされていますので、そこから考えると、ということですね。


呪術廻戦、灰原雄の死亡理由

呪霊討伐任務、情報の誤りにより殉職

 さて、既に述べてしまいましたが、灰原は17歳、高専2年生の時に呪霊討伐任務に向かったものの、その情報の誤りにより殉職しています。

 事前情報では2級相当のなんてことのない呪霊の討伐でしたが、実際は産土神信仰による1級案件。共に向かった七海は何とか生き延びたものの、灰原は死亡。
 ただ持ち帰られた死体だけが描かれた、呆気のない死に様でした。

 これが単純な情報の誤りだった可能性はあります。しかし、そんな産土神信仰に関わるような事例を見落とすとも考えにくく、あるいは五条や夏油といった特級術師を抱えた東京校への上層部の嫌がらせという可能性も十分にあるでしょうね。

 どちらにせよこの灰原の死が、後の夏油、七海に大きな影響を及ぼすことになるのです。

呪いの見える妹の存在、登場の可能性は?

 さて、このように本編が始まる10年前に灰原は死亡していますので、今後彼が登場することはありません。

 しかし、コミックのおまけページやファンブックでは、灰原には呪いの見える妹が存在することが明かされており、その妹が今後、呪術師として本編に登場する可能性は十分にあります

 ただまぁ……灰原自身は妹に決して高専に来ないよう言い聞かせていたそうですから、彼の想いを考えると、う~ん……
 本編に登場すること自体、呪術廻戦では死亡リスクの高い厄ネタのようなものですから、一般人として幸せに過ごしてくれるのが一番かもしれませんね。

 多分、灰原の妹が呪術師になるなんて言い出したら、七海あたりが絶対に止めるでしょうし。


呪術廻戦、灰原雄が及ぼした影響、その呪い

夏油を慕い、そしてかわいがられていたが……

 さて、皆のことを慕い、尊敬していた灰原ですが、「夏油さんにいいとこみせたいからね‼」と発言するなど、夏油のことは特に慕っていたようです。

 実際、過去編ですと七海以外では一番夏油との絡みが多かったですしね。

 夏油の方も素直な灰原のことをかわいがっており、非術師の醜さに触れて陰鬱な気分になっていた時も、灰原の明るさに若干ですが救われていたように見えます。

しかしだからこそ、灰原の死は夏油に「術師は非術師を守るためにある」という考え方に疑問を抱かせ、夏油が呪詛師となるきっかけの一つとなりました。

 灰原は生前、夏油に呪術師は辛くないかと問われ「自分にできることを精一杯頑張るのは気持ちがいいです」と答えていました。
 そして夏油は、五条との決別の折に「生き方は決めた。後は自分にできることを精一杯やるさ」と告げて去っていきました。

 まるで灰原の言葉、生き方をなぞるように。

七海「呪術師はクソ」、そして虎杖へ託された呪い

 そして親友であった七海。

 七海が本編で登場していた時に口にした「呪術師はクソ」という言葉の裏に、灰原の死があったことは言うまでもないでしょう。

 七海は死の間際にも、灰原の幻影を見ています。

 やってきた虎杖を指差す、灰原の幻影。七海はそれを「駄目だ灰原。それは彼にとって呪いになる」と否定しながらも、虎杖に向けて告げるのです。

「後は頼みます」

 呪術師という生き方、呪い。
 灰原から託されたそれを、七海もまた虎杖に託して果てていきました。

 虎杖もまた、知らず知らずのうちに灰原の想いを継いでいるのでしょうね。

【まとめ】「呪術廻戦」キャラクター考察wiki

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました