「ハイキュー‼」縁下力~逃げ出す辛さを知る2年生組のドン、パロディ担当縁下監督、その二面性のある性格と名言、声優など~

 今回は週刊少年ジャンプの傑作バレーマンガ「ハイキュー‼」から、烏野高校2年生組のドン「縁下 力(えんのした ちから)」について解説します。

 縁下は烏野高校男子バレー部の中でも特に問題児として名高い田中と西谷をコントロールできる貴重なキャプテンシーの持ち主。

 また単なるまとめ役でもなく、番外編では「縁下監督」としてパロディ映画の製作にも携わっています。

 本記事ではそんな縁下の魅力について、本編及び番外編での活躍や名言、その後の進路を中心に深掘りしてまいります。

「ハイキュー‼」縁下力ってどんな奴?(声優含む)

基本プロフィール(身長、誕生日、最高到達点、声優など)

所属烏野高校2年4組
ポジションウイングスパイカー
誕生日12月26日
身長175.4cm → 176.1cm
体重66.4kg
最高到達点305cm
好物ホヤ酢
最近の悩み気合い入ってる時でも眠そうって言われる
声優増田俊樹

 縁下力は烏野高校男子バレー部の2年生で控え選手。

 外見は「ザ・モブ」とでも言わんばかりの、七三分けで気弱そうな雰囲気の少年です。

 性格も基本的には見た目通り穏やかで優しいのですが、問題児の田中西谷が絡むと途端に容赦なく毒を吐き、無表情、あるいは笑顔で威圧する強力なボスへと変貌します。

 きちんと締めるべきところは締めれる性格ということです。

 責任感が強く、周囲への気配りも上手いことから、2年生のみならず周囲から慕われ、特にコート外で頼りにされています。

攻守バランスの良いオールラウンダー(強いわけじゃない)

パワー3
バネ2
スタミナ3
頭脳3
テクニック3
スピード2

※表は最低1~最高5の5段階評価

 縁下はやや守備寄りではあるものの、攻守どちらもこなせるバランスの良いオールラウンダーです。

 ただ、能力自体は決して高くなく、悪く言えば劣化澤村

 これと言った強みもなく、強いて言うなら持久戦で活躍するタイプです。

 しかし、周囲への気遣いや目配りはコート内でも健在で、焦ってミスをする日向に、

「日向ァ! バタバタしないっ」
「”良いジャンプ”は!?」

「”良い助走”から」(日向)

 的確に声掛けして落ち着かせるなど、チームの精神的支柱足り得る貴重なキャプテンシーを持ち合た存在と言えるでしょう。


「ハイキュー‼」縁下力の人間関係と名言

逃げ出した過去を糧に田中、西谷をまとめる2年生組の首領(ドン)

「おれずっとひた向きにやってきたわけじゃないです」
「一度逃げ出したこともあったし」

 2年生組のまとめ役である縁下ですが、彼は1年生の時、一時復帰した鵜飼監督の指導に耐え切れず部活から逃げ出した過去があります。

 その後、先輩に頭を下げて部活に復帰したものの、そのことに関して縁下にはずっと負い目のようなものがありました。

 しかしそうした弱者の気持ちを知る縁下だからこそ、田中や西谷たち周囲は彼について行けるのだと言います

「お前は多分どっちもわかる奴だ」(田中)

 運動部だからと言って、誰もが皆、田中や西谷のように精神的に強い者ばかりではない。

 弱い人間の気持ちがわかる縁下だからこし、安心して皆ついていけるのだ、と。

澤村の後継者、周囲から次期主将として認知される

 縁下が現主将・澤村の後継者として力を発揮したのが、春高予選の和久南戦です。

 試合中負傷して退場した澤村の代わりに出場することになった縁下。

 緊張で内心ガクブル、出場当初はプレッシャーでプレーが空回りしてしまいます。

「逃げる方が絶対後からしんどいってことはもう知ってる」

 しかし、覚悟を決めた縁下は普段の自分のプレーを取り戻し、さらに敵エースのブロックアウト対策は自分がするとチームに提言します。

 そして敵エースのブロックアウト。

「これを拾えなければこのコートで俺に価値はない」

 必死に飛びつき、宣言通りにそれをレシーブする縁下。

 彼の活躍もあって澤村不在の中、見事和久南に勝利した烏野高校。

 縁下は内外に次期キャプテンとしての資質を示したのです。


「ハイキュー‼」縁下力のその後の進路、縁下監督(縁下組)とは?

卒業後(大人)は理学療法士に

 卒業後、縁下は国家資格である理学療法士の資格を取得し多忙な日々(日向と影山のVリーグでの対決を見に行けなかった)過ごしているようです。

 理学療法士はリハビリを担当する医療従事者で、心身ともに過酷な職業。

 思いやりがあって良く人を見ており、時に厳しく接することもできる縁下にはピッタリの職業かもしれませんね。

縁下監督とは? カメラマン赤葦、美術スタッフ伊達工

 縁下は「ジャンプNEXT!」の付録ポスターで展開されたパロディ企画「映画風ポスター」では、意外にも映画監督役で活躍しています。

 縁下監督は第6弾まで実施されたこの映画企画において、毎回脚本・監督を担当しており、おまけ漫画などでは女優・清水潔子との絡みを求める田中達から熱望されるシーンも描かれていました。

 ちなみに縁下以外の撮影スタッフは固定ではありませんが、ほぼレギュラーとなっているのが撮影担当の赤葦(初回のみ滝ノ上)、そして美術スタッフは伊達工の誰かが担当しています。

 ちなみにスタッフは「縁下組」のパーカーと「TEAM縁下」のTシャツを着用していました。

 映画の内容は、

タイトル補足(元ネタ)
第1弾FINAL HAIKYU QUEST「FF」と「DQ」のパロ
第2弾HAIKYU FIGHTER The MOVIE「ストリートファイター」
第3弾烏の家「悪魔の棲む家」(ホラー映画)
第4弾CROW’S ANGELS「Charlie’s Angels」
第5弾Shimmer Tsukky「ハリポタ」
第6弾THAT’S ABSURD!「007」

 ……縁下のイメージが崩れるなぁ。



コメント

タイトルとURLをコピーしました