「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」神々廻(ししば)~大佛との掛け合いが人気の常識人(玉ねぎ関連を除く)~

 今回は主人公が「安西先生そっくり」と話題の殺し屋アクションコメディ「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」から、ORDER随一の常識人「神々廻(ししば)」について解説します。

 神々廻は殺連所属の特務部隊、殺し屋界の最高戦力「ORDER」に所属する殺し屋。

 アクの強いORDERメンバーにおける希少な常識人枠(ただし、玉ねぎが絡んだ場合を除く)です。

 作中では大佛とコンビを組むことが多く、その掛け合いに人気が集まる神々廻。

 本記事ではそんな神々廻のプロフィールや強さ、人間関係や過去を中心に語ってまいります。

「サカモトデイズ」神々廻(ししば)のプロフィール

基本プロフィール

年齢不明
生年月日(誕生日)不明
所属ORDER

 神々廻(ししば)は殺連所属の特務部隊、殺し屋界の最高戦力「ORDER(オーダー)」に所属する殺し屋の一人です。

 左頬に大きな傷跡のある長髪の青年で京都出身の関西人。

 同じORDERメンバーである大佛の指導係を任されているようで、作中では基本的に彼女とコンビを組んで登場しています。

 詳しい経歴は不明ですが、学校(?)は関西殺仁学院に通っていて、しかも中退と学校(?)にはあまりいい思い出が無い模様。

 ORDERメンバーはJCC(殺し屋養成所)出身が多いこともあり、若干のアウェー感があるのだとか。

ORDER随一の常識人~ただし玉ねぎが絡んだ場合を除く~

 神々廻は見た目こそ派手ですが、基本的には落ち着いた常識人。

 アクが強く自由人が多いORDERメンバーのでは希少なツッコミ役です。

 好き勝手なことばかりを言う南雲や大佛相手に淡々とツッコミ続けるその様は、どこか哀愁すら感じさせますね。

 そんな常識人・神々廻の唯一の例外が「玉ねぎ」。

 とんでもなく「玉ねぎ」が大嫌いで、初登場時はリゾットに玉ねぎが入っていたというだけで、それを準備したシェフを惨殺していました。


「サカモトデイズ」神々廻(ししば)の強さ(武器)

 神々廻はORDERメンバーというだけあって、作中でもトップクラスの実力を持った殺し屋です。

 今のところ格下相手の戦いが多く、その強さの底は見えませんが、描写からするとORDER内では中堅どころ。

 序列で言えば「大佛」以上「南雲」未満といったイメージですね。

 特徴的なのがその武器である「ネイルハンマー」。

 要はくぎ抜きのついたハンマーなのですが、神々廻が使っているのはお父さんが日曜大工で使うような極々普通サイズのもの。

 おそらく素材などは特別製なのでしょうが、見た目からは到底「武器」には見えません。

 しかし作中では、そんな地味な武器で銃弾を弾き、人を引っ掛けて盾にしたりと器用に戦う様が逆にカッコいいと人気を集めています。

「サカモトデイズ」神々廻(ししば)と大佛(おさらぎ)

 神々廻の相方と言えばORDERの紅一点・大佛。

 大佛はORDER内では一番若手のため、先輩である神々廻が指導係として、いつもセットで行動しています。

 自由人である大佛の言動に振り回されつつ、平熱でツッコミ続ける様はまさに迷コンビ。

 大佛も神々廻には特に懐いており、カップルというわけではありませんが、妹が兄に甘えているような可愛らしさがにじみ出ています。

 高速道路でうっかり神々廻と南雲がSAに大佛を置いて行ってしまった時は(南雲は故意)、大佛は南雲を無視して神々廻にだけ、

「どうして置いて行ったの……?」

 とにじり寄っていましたが、こうして恨み言を言うのも信頼しているからこそ、でしょうね。


「サカモトデイズ」神々廻(ししば)の過去

坂本太郎の元同僚で、未だ坂本には敬意を払う

 神々廻は主人公・坂本太郎のORDER時代の同僚です。

 坂本の後輩だったようで、久しぶりに再会した坂本に対して「坂さん」と呼んで敬語を使っていました。

 ちなみに坂本の同級生である南雲に対しては「南雲」と呼び捨てでタメ語。

 実力的には殺し屋を引退した今の坂本より、神々廻の方が圧倒的に格上ですが、

「なんか昔から」
「あの人死ぬとこ」
「想像できへんねん」

 と発言し、敵である鹿島の相手を坂本に任せるなど、未だ坂本に対する信頼は厚いようです。

元ORDER・四ツ村はかつて世話になった先輩

 元ORDERの四ツ村は神々廻にとって世話になった先輩であり、神々廻をORDERにスカウトした恩人です。

 その関係性はちょうど今の神々廻と大佛のようなもので、神々廻はORDERに入りたての頃、先輩である四ツ村の任務に連れまわされ指導を受けていました。

 神々廻本人は口にしませんが、四ツ村に対しては色々と複雑な思いがあるのでしょうね。

 8年前に大きな任務に失敗し、殺連から追われる身となった四ツ村。

 その際、神々廻は四ツ村の抹殺命令を受けたものの失敗し、顎に大きな傷を負ってしまいました。

 現在、改めて四ツ村と敵対することになった神々廻の胸中はいかなるものか……

「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」キャラクター一覧

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました